はったり上等!できることを仕事にしようとするから何もできなくなる

公開日: : 仕事

仕事は不思議なことに、真面目でしっかりした人ほど上手くできないものです。

仮に上手くいっていると思っていても、それは単に替えの効く手足みたいな状態になっているだけです。もちろん、企業からは喜ばれる人材であることに違いないですが。

ただ本当に仕事をどんどんこなしてステップアップしていくという人は、企業に属していたとしても、独立していたとしても真面目ではありません。ただ、真面目という言葉が広義すぎて誤解を招きそうなので具体的に何が言いたいかを書いていきます。

スポンサードリンク

自分ができない仕事をする

真面目な人ほど、自分が既にできる仕事をして、やったことのない仕事は遠慮しがちです。

それは、やってみたけど責任が果たせないかもしれない、他人に迷惑かけてしまうかもしれないなど理由は様々だと思いますが、これではスキルアップは永遠にできません。

既にできる仕事をするのは不安もないし効率も良いし楽ではあるのですが、それでは永遠に同じ仕事を繰り返すしかありませんし、昇進も出世もありません。

逆に可能性を広げていく人というのは、できない仕事を率先してやってみる人です。

誰かに聞いたり助けてもらいながらチャレンジできる人で、他人に迷惑をかけますが、それをお構いなしに考えられる人でもあります。

失敗する可能性や迷惑をかけてしまうことを真面目な人ほど考えてしまいがちなので、ここで大きな差が生まれてしまいます。

できないことをできると言う

真面目な人が新しい仕事にチャレンジできないのは、嘘をつけないことが理由として挙げられます。

企業内で仕事を任される場合でも、営業や独立していてお客さんから発注してもらう場合でも、『できる』と言い切ってくれないとお願いできません。

真面目な人ほど予防線を張ったりして弱気になります。

その為、できないことでも『はったり』でできると言ってしまえる人のところに仕事が集まるようになります。できるかできないかは後で考えるくらいの人の方がチャレンジすることができるわけです。

『できない』を『できる』にするには

はったりでも最終的には『できない』から『できる』状態へ持っていかないと、仕事を貰えたとしても信頼を落としてしまうだけです。

それを恐れて『できる』ようになってから仕事を受けようと考えるのが真面目な人ですが、仕事に『できる』ようになるタイミングがあるのは、実務しかありません。

研修や勉強では知識が少し身についたとしても『できる』ことにはなりません。

つまり、できなくてもやってみることで『できる』ようになります。

やりたいことがない!

少し話は逸れますが、現状に大きな不満がある人には私は転職か独立の選択も視野に入れるようアドバイスすることがありますが、決まって「やりたいことがない」と返ってきます。

この「やりたいことがない」というのは、恐らく「自分ができる仕事の中で」という意味が含まれている気がしてなりません。

そりゃ会社の歯車としていくら経験を積んでも、自然と次のステージへ進めるスキルが身につくはずがありません。

そして、自分のできる範囲で転職したり独立していると、自分の規模はどんどん小さくなっていきます。

しかし、「今はできなくてもやりたい」ことならいくらでもあるはずです。そういうことにチャレンジできる企業に転職したり、独立して仕事にしたりすればきっと仕事の幅が広がり、色んなところに活きる経験を積めるようになるはずです。

何より楽しくて充実すると思います。

一度、常識を取っ払って考え直すのも良いと思います。

まとめ

私も会社に在籍した時は、できる仕事しかしようとしませんでした。それは今回挙げた理由もありますし、忙しすぎて余裕がないというのもありました。

しかし、今私がゲームを開発できるのも、ふとしたきっかけでゲームを作りたいと思い、右も左もわからないままやってみたからこそ、できるようになりました。

アプリは誰かに依頼されて初めて作れるものでもないので、はったりは必要ありませんでしたが、未知の領域を好奇心のみで突き進んだ結果だと思います。

今仕事で悩んでいたりする方は、何かの参考になれば幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

退職は逃げじゃない!ずっと我慢してないで新しいスタートを切ろう!

退職など何かを辞めようとするとき、引き止めようとする人はだいたい「逃げるのか?」と言ってくる気がしま

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

退職後の世界!元同僚たちに会ってきた

先日の記事の通り、東京遠征してきました。 ただアプリ関連のイベントだけで終わってしまうのも勿体

記事を読む

逃げるが勝ち!会社を辞めるときに必要なことを教えるよ

私が新卒で入社した会社はとある業界ではとても有名な会社で、初めてそっちの方とお話ししたとき、その事実

記事を読む

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

転職する時の為にやっておいた方が良いこと

私は転職した経験があるのですが、その時一番感じたことが、自分が誇れる経歴って何だろうということです。

記事を読む

イチローから学んで良いこと悪いこと。

イチローが大記録を打ち立てようとする度に偉大な人だなと思うのですが、書籍や番組などでも散々取り上げら

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

田中将大は安定志向?ただの競馬好き・アイドル好きではない!?

マー君こと田中将大投手が有馬記念関連の番組に出演するとか何とかというツイートがありました。 今

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑