アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

公開日: : 仕事

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。

逆に全く良い案が出てこないで腕を組んで固まることもあります。

そして、一番後悔するのが、良い案が思い浮かんだのに、それを忘れてしまうことです。

いい案が思い浮かんだということだけ思い出せるんですが、具体的な部分が全く思い出せずに、もしかしたら人生を左右するアイデアだったかもしれないのに。という感じです。

そういう経験を何度かしているので、私は何かを考えるときに必ずやるようにしていることがあります。

 

アイデアを逃がさないために

メモする

メモは誰でもしていると思いますが、どんなくだらなくても面白くなくても何かに書き留めておきます。

一番大切なことは、思いついた瞬間に書かなくてはいけません。

後回しにすると、面倒になってしまい、そのまま忘れてしまうこともあるので、新鮮なうちにとにかく書くことが重要です。

何にメモっても大丈夫です。時にはノートに手書きだったり、メールの下書きだったり。とにかく後から見て思い出すヒントになるものを書きます。

 

調べる

メモした後に、多少の時間が許されているなら、そのアイデアについて調べてみます。

既存のアイデアだったらそれ自体に価値はないですし、調べてみたらまた別の視点からアイデアを発展させることができます。

アプリ開発者の場合は、AppStoreで検索するみたいな感じです。

作ろうとしてるものが既にあったら、作るのを止めるか差別化できるような機能を付け加える必要があります。

ただ頭の中で考えているだけでは、価値のあるアイデアは生み出せません。

 

人に話す

アイデアは人に話すと盗まれるという危険性がありますが、気にせずどんどん話すべきだと思います。

私の場合は、誰かに頻繁に会ったりすることもないので妻に話していますが、複数のメリットがあります。

まず、話すことによってアイデアが整理されます。そして、自分が忘れても、聞くと覚えていてくれることがあったりもします。

何より、客観的に面白そうだとか意見が貰えるので、物凄くどうしようもないアプリが出来上がることは避けることができます。

 

寝かせてみる

思いついた時は絶対に面白いって思うんですが、数日後に見直してみると本当にくだらいなぁと思ったり、手間かけて作る価値はないって時があります。

一回アイデアを頭から切り離すことで、後々に客観的に判断できるようになります。また、変な方向に進むことが減るので失敗も減ります。

後日、改めて考えても面白いと思えるものはあまり多くありませんが、打率を上げるにはアイデアを寝かせることは大切です。

 

すぐにやってみる

『寝かせてみる』とは真逆になりますが、思いついたらその勢いで行動に移してみるというのも時には大切です。

やってみて初めて分かることや、例えつまらないものが出来上がっても少しの工夫で面白くなるということもあり得ます。

そうして生まれた人気アプリも世の中にありますので、まず行動してみるのも手です。

また、寝かせたり考えすぎると全てが面白くないと思えてしまって何も作り出せないという状況に陥ることがあるので、そういう意味でも勢いというのは重要だと思います。

 

まとめ

アイデアは不思議と関係のないことをしている時に浮かんだり、何気ない会話からヒントを得たりすることが多いので、いかに最初にメモするかが鍵になると思います。

今はiPhoneでさっとメモれるし、そのメモを同期してMacで見たりすることが出来たりするので便利ですよね。

私のメモにも大量にボツになったアイデアが書き留めてあるんですが、今改めてみると色んな意味で面白いです。さすがにそれは公開しませんが、一生懸命考えてたんだなって思います。

スポンサード リンク

関連記事

私くらいのアプリ開発者になると邪魔な男一人くらい簡単に消せるという話し

昨日公開した記事の画像はフランスで撮影したアップルストアです。 新婚旅行で何気なく撮ったものが

記事を読む

好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。 『仕事にしちゃ

記事を読む

1歩目を踏み出す勇気とは?まずは安定・安心を捨てることから始めよう

子供に靴を買ってあげました。まだ歩けるわけではないですけど、立ちも相当に安定しているので歩くに必要な

記事を読む

言い訳が大事!?強いメンタルを手に入れる方法

社会人になると、メンタルというのは鬱になりやすいかどうかの指標でしか使われなくなっている気がします。

記事を読む

簡単?安い?早い?ネットで名刺を作ってみた!

今まで名刺がありませんでした。 普通は独立したら真っ先に作るものなのかもしれませんが、アプリ開

記事を読む

お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありまし

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

プライベートが大事!?新入社員の意識調査で初の逆転現象

昨日の新聞の記事にありましたが、今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するのかアンケートを

記事を読む

出世したいなら必読!求められる人になるにはどんな仕事をするべきか?

仕事と一言でいっても業種など様々で『やること』は大きく違ったりします。 肉体労働はキツいからデ

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑