これってパクり!?そんなアプリが量産されているのでアイデアの出し方をまとめてみた

公開日: : アプリ

個人のアプリ開発者にとって、アイデアは生命線ともいえる要素の一つです。

何か目を引くアイデアで勝負していかないと、他のアプリに埋もれてしまいますし、企業が大量の人やお金を投資して作ったゲームに比べるとクオリティも下がってしまうのは当然のことなので、面白いと思って貰えるアイデアで勝負するという方向になっていきます。

ただ、アプリ業界にも人気作をただ『パクる』という輩が少なからずいて、頭を全く働かせていない開発者がいるというのも事実です。

パクることで多少の利益を上げることが出来るからだとは思いますが、普通は試したいアイデアが山ほどあって、パクってる時間が勿体無いと思うのが善良な開発者だと思います。

そういったクリエイティブ性の欠片のない方々の為にも、アイデア(新規性)を生み出せるように、私がよくやる方法をまとめてみたいと思います。

 

何もないところから思いつく

当たり前ですが、アプリ開発を始める前(しようとする前)から、ポンポンとアイデアが浮かんできたわけではなく、『アプリを作る』と意識し始めてから日常生活の中でアイデアを思いつくということが増えました。

この差は、何かゲームにしたら面白いことはないか?不便に感じてることはないか?という投げかけを常に自分にしているかどうかの違いだと思います。

一種の閃きみたいなものですが、普段から意識することでその確率は断然違ってきます。

逆に無理に考えても出てくるものでもないので、とにかくヒントを探すという気持ちを持ち続けることが大切だと思います。

 

掛け算する

新しいものを0から作るというのはかなり大変で、リスクが大きいです。

そもそも大量のアプリが世に溢れていて、全く新しいものを作るのは既に困難です。

なので、既にあるものと、あるものを掛け算して新しいものを作ります。

例えばこちらのアプリ

草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-

草野球チームを作ろう! -放置育成型シミュレーション-
開発元:YUU FURUTA
無料
posted with アプリーチ

 

『放置系×草野球』という掛け算で生まれました。

『放置系』はご存知のように既にたくさんリリースされていて、新しくも珍しくもありません。

しかし、これに『草野球』という誰も作っていないものと混ぜ合わせることによって新しいものが生まれます。(アプリ名はちょっとアレですが。)

ただし、この掛け算の要素の2つのうち、どちらかは個性のあるものにしないとパクり色が強くなってしまうので注意です。

 

例えば、ねこあつめだと

-ねこあつめ-

-ねこあつめ-
無料
posted with アプリーチ

 

『放置系×ねこ』と、どちらも目新しい要素はありません。

しかし、放置の仕組みが以前のものと異なり、新規性がありました。

また、ねこはねこでもそれぞれに名前などの個性があったりと、オリジナルのアプリとして受け入れられています。

そこで、もし仮に『いぬあつめ』というアプリがあったとしたら。『ねこ』を『いぬ』に置き換えただけだと、『ねこ』と『いぬ』が似たような動物である以上新しさはなく『パクり』とされるでしょう。

そうならないためには、『いぬ』ではなく、もっと突き抜けたものか、放置を替えるしかないと思います。

 

上記の例ではゲームシステム×テーマという考え方でしたが、『行動(動作)』などを掛けても新しいものが生み出せます。『RPG』×『逃げる』とすれば、ただひたすら逃げることでシナリオが進んでいくゲームが考えられたりします。

一見組み合わせがおかしなものでも、考え方次第で面白いアイデアになるのでこの方法はオススメです。

 

足し算する

先ほどは掛けましたが、次は足し算です。

今回はゲームというよりはツール系で当てはまることだと思います。

結論から言ってしまえば、何か新しい機能を付け加えるということです。

ゲームでこれをやってしまうとパクりになるのですが、ツール系では歓迎されます。(もちろんUI等替える必要はあります。)

そもそもツール系は、カレンダーやTwitterアプリなどのように機能が似てしまいやすいので、UIと機能で差別化するしかありません。

というより、ツール系に関しては、使っているアプリを乗り換えるのは余程のことがないとしないので、パクってるアプリはあまり見かけない印象です。

 

まとめ

以前ブーストについての記事も書いていますが、パクりに関しても深刻な問題になっています。

それこそ、パズドラの大ヒット以来、モンストなど結構グレーなレベルまでパクってる(参考にしてる)アプリがたくさんあるわけで、それが許されてるわけですから線引きが難しいです。

クリエイターを守るための著作権もありますが、今の所泣き寝入りするしかない状態です。

パクり開発者がアイデアがなくてパクってるというわけではないと思いますが、目先のお金に釣られず活動されることを切に願います。

スポンサード リンク

関連記事

リワード広告の今後を予想してみた。ブーストはいつかなくなる!?

アプリ業界はまさにブースト全盛期と言って過言ではないでしょう。 テレビCMを打つより、バナー広

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

その仕事、ちょっと待って!!目先の利益を求める危険性を考えてみた

アプリだけで生活していると言うと結構な確率で凄いとお褒め(?)のお言葉を頂戴することがあるのですが、

記事を読む

アプリ開発者が教えるポケモンGOをやるなら知っておいて欲しいこと

アプリ開発者で集まることはたまにあるのですが、本名よりアプリ名やTwitterアカウントで呼び合うこ

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

開発者の新年会に参加してみて感じたメリットをまとめてみた

アプリ開発者の新年会とやらが開催されるということで、東京まで飲みに行ってきました。 関東には妻

記事を読む

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除

モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

全くの無名アプリ開発者が本気でアプリを作った結果・・・

最近なかなかブログを書けないのは、Twitterで好き勝手なこと言ってるので、発信したい欲がそこで満

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑