これからスマホアプリ作るならUnityを強くオススメする理由

公開日: : おすすめ商品, アプリ

私はiPhoneアプリの開発から着手したので、XcodeでObjective-cを覚えながらSpriteKitも覚えながらゲームを作りました。

後にAndroidにも対応したかったので、AndroidStudioでJavaを覚えながらゲームを作りました。

その別々に作った両OS対応アプリをアップデートしようとした時に、とてつもなく手間がかかって次回はUnityで…となって今に至ります。

アプリをこれから作り始める人には、いろんなパターンがあると思いますが、私はどんな場合でもとりあえずUnityをオススメします。

例え、Objective-cに精通しててC#が分からない状態でも、勉強の必要があってもUnityがオススメです。

その理由をまとめてみます。

なんでUnityを選ばないのか?

色んな開発者がいるので、中にはUnityは使わないという方もいらっしゃいます。

その理由は様々ですが、メモリ管理の問題や容量が無駄に大きくなったりなど、アプリのクオリティを重視して選ばないという方が多いです。

そういう理由であれば、Unityを選ばないという選択肢は正解だと思います。

しかし、環境構築が簡単だから、既存のスキルで開発ができるから、Apple純正の開発環境だからなどという理由でXcodeを選んでいたりする場合は一度考え直して欲しいと思っています。

勉強に数ヶ月費やしてもUnityを覚えろ!

UnityのメリットはiOSとAndroidの両OSに対応できます。

別々で開発する場合は、少なくても2つの開発環境と言語を覚える必要がありますし、移植するのも簡単ではありません。

プログラムの経験が浅ければ、ソースの管理も上手くできないことを考えると1つのアプリに対して1つのコードで済むというのはメリットがとても大きいです。

アプリをアップデートしていくつもりであるならば、両OSに対応するためのコストはどんどん積み重なっていくわけなので、数ヶ月勉強にコストをかけたとしても収益を得られる時期までのトータルコストを考えたらUnityの方が断然有利です。

両OSに対応しないなんて考えられない!

中にはとりあえずiPhoneだけでいいや、とかAndroidだけしか持ってないからiOSは開発しないという方もいらっしゃるかもしれませんが、単純にDL数や収益が1/2になるだけで済むというわけではありません。

ヒットする過程で、口コミは重要な要素ですが、どちらかに対応していないだけで拡散力は激減するので、相当な機会損失を被ることになります。

また、iOSとAndroidのDL数と収益がちょうど五分五分にならないことも多々あります。

これはアプリの内容だったり原因は様々ですが、開発する側からも出してみないと分からないこともあるので、とりあえず両OSで出してみないといけません。

Androidだったらこういう年齢層で…とか分析したり考えられる時間があればUnity覚えてしまった方が確実です。

ググってコピペで解決!

Unityのメリットの1つに、情報量が多いということがあります。

プログラム経験が豊富で、ググらなくてもガイドライン(英語)を読んで疑問を解決できるレベルであれば関係ないかもしれませんが、これからという方だったらググって解決できるかどうかは重要です。

Unityは人気があるというのもあって、ほとんど知りたいと思うことは色んなブログなどにコード付きで書いてあります。

この調べるコストを考えると情報量が多いかどうかで開発に必要な時間が大きく違ってきます。

私も数年前に、SpriteKitで広告を表示する方法がわからず、試行錯誤で何とか解決したことがありますが、ググっても全然出てこないわけです。

それがUnityだったら何個も参考にできる情報がありますし、そもそも広告会社がサンプルコードを用意してくれたりしているのでかなり助かります。

Unityだけじゃない?

もちろんUnityだけじゃなく、他にも良い開発環境はあります。

が、特に思い入れがあるわけじゃなければUnityでいいんじゃないでしょうか?

cocos使ってる人でも最近はUnity使い始めたって話もよく聞きます。

まとめ

まだまだ挙げようと思えばUnityをオススメする理由はありますが、思ったより長くなってきたのでこの辺りでまとめます。

というか両OSに対応できるという理由があればそれで充分過ぎると思うので、是非検討してみて欲しいと思います。

数年後はまた違った環境で開発した方が良いって状況になるかもしれませんが、もともと技術の陳腐化が激しい業界なので、またその時覚えようって感じで良いと思います。

また、一度覚えたことが全て無駄になるわけじゃないというのも付け加えておきます。

せっかくObject-c覚えたのに、1つアプリ作っただけでまた違う言語覚えるのは…という気持ちも分かりますが、その経験は必ず役に立つのでどんどん浮気していきましょう。

基本的にはUnityはネットでググれば使い方から高度な情報まで網羅されてる感じですが、本で形式的に勉強したい場合は下記の書籍がオススメです。

プログラムもこれからだったり、基本を押さえたい場合はこれ↓

 

ゲームの作り方が知りたい場合はこれ↓

 

その中間(Unityの使い方中心)の場合はこれ↓

 

それと、教えたくないレベルにオススメなのがこちら。(Unityとは関係ないですが、アプリ作るなら必見)

スポンサード リンク

関連記事

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

副業でアプリ開発してどれだけ稼げるか?アプリ開発をオススメしない理由

アプリ開発者だと名乗ると、いくらぐらい稼いでるの?って必ず聞かれます。 いや、別に聞かれるのは

記事を読む

SMAP解散に便乗したアプリの開発元と思われる会社に問い合わせした結果

ちょっと前に卒論というベッキーを題材にしたアプリの開発元と思われるITIという会社に問い合わせしまし

記事を読む

リリース直前情報!草野球チームを作ろう!レジェンドの制作秘話を公開

リリースまでのラストスパートと思って2月後半から根詰めて頑張って参りましたが、一体いつ終わるんだとい

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教訓を活かし, ひたすらテ

記事を読む

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

2015年に買ってよかったものを3つ挙げるとしたらこれ!

どこのメディアでもやってるので、新鮮さも何もないかもしれませんが、昨年の2015年に私が買ってよかっ

記事を読む

商売するならこの本は読むべき!マーケティングがよく分かる本

リリースに向けて開発に打ち込んでいた時に、ふと湧いてきた感情がありました。 本を読みたい。

記事を読む

日本最大!?の開発者イベントに参加してみた話

日本全国から開発者が集う『あぷまがないと』に参加してきました。 今回で3回目となるこのイベント

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑