【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

公開日: : アプリ, 仕事

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。

このアプリは、前作をベースにして機能を追加したりデザインを改良したり、前作とは比較にならないほど良い仕上がりとなりました。

おかげさまでレビューも有難い応援のメッセージや建設的なご意見を頂けており、開発者冥利に尽きます。

とはいえ、仕上がりが良くなればダウンロード数や収益もその分良くなるのか?と言われればそうでないというのも事実です。

前作よりは確かに収益も増えているわけですが、2倍とか3倍とかになるわけではありませんでした。

大ヒットを期待していたといえば嘘になりますが、そうでなくてももう少し生活が楽になったらなぁというのが正直なところです。

というわけで、どうして作りたいものを作るだけじゃ売れないのか理由を考えてみました。

スポンサードリンク

ユーザー目線が足りていない

一番の原因はこれだと思います。

自分の作りたいものだと、遊ぶ人の目線を少なからず度外視しながら作ることになります。

自分の拘りは絶対になってしまうので、ユーザーライクなアプリにはなりにくいです。

ゲームで本当に売れようと思ったら、遊ぶ人に如何に良い気分にさせるか?が重要になるわけで、いわば接待開発(?)みたいなのが必要なのかもしれません。

ゴルフでもカラオケでも接待といえば、相手に決して勝つことなく、同レベルでプレイする必要があるわけですから、アプリだって一緒です。

最近は激ムズ系という敢えてユーザーをボコボコにすることで話題になろうとするアプリが多いですが、ここまで世に溢れてしまうと開発者がバランス調整を放棄した結果じゃないのかな?とさえ思えてしまいます。

やっぱり王道は従来のコンシューマーゲームの名作等のように、絶妙なバランスを追求していく必要があるのではないかと。

作りたいものを作っていてもこれが出来ていれば良いですが、自己満足であることが大半(自分含め)なので売れる可能性は低くなる傾向があると思います。

マーケティングの観点が抜けている

自分を顧客と考えれば、自分が作りたいもの=顧客が求めているものと言えるのかもしれません。

しかし、自分が求めているものが多くの人に望まれているとは限りません。

アプリで結果を出している人は、どういう人に対してどういうアプリを作るのか?を考えた結果に基づいて作るアプリを決めていることが多く、売れるのが偶然ではなく必然だと言えるくらい戦略を立ててるわけです。

それに比べて、自分が作りたいものを作る場合はまさに数打ちゃ当たる的な感じなのでそう簡単にはヒット作は生み出せないでしょう。

アプリに限らず、起業する人がサービスを作ろうと考えた際も、一体誰がこのサービスを使うのか?という一番大切なところに気付かず失敗するという話はよく聞きます。

アイデア有りきだとこういう状況に陥ってしまいがちで、自分では気付きにくい上に何故か売れると信じ込んでしまうことが多いので注意が必要です。

じゃどうすれば良いのか?

一番手っ取り早いのが他人の意見に耳をかたむけることです。

出来れば企画段階で知人やターゲットとする層の誰かに内容を聞いてもらってリアクションを確かめましょう。それだけでも大きな差になると思います。

アイデアが盗まれるとかで警戒している人ほど成功しにくいと思います。

省みなくなってしまう

作りたいものが出来てしまうと、ある意味そこで目的が達成されてしまいます。

ウリアゲガーと言いながらも、ユーザーの行動などを分析して改善しようとしなくなってしまいます。

これは分かっていても目的をもう見失っているため、行動への動機付けが弱くなってしまいます。

逆に、遊ぶ人のことを考えて作られたアプリであれば、リリース後であってもどんどん改善していけます。目的がリリースしたとしても変わらないわけですから当然です。

とはいいつつも、売り上げが落ちてしまうと生活に困るということもあるので、どちらであっても改善はすると思いますが、改善の方向性は全く正反対になると思います。

お金の為だけに運営されたアプリはユーザーが必ず気付き、離れていってしまうのは言うまでもありません。

まとめ

今回は、「作りたいものを作る」つもりでリリースしたアプリです。

なのでこの3つに当てはまる部分はあります。

ただ、分かっていながらも作りたいものに拘った理由は、開発のモチベーションの維持や自分のブランドを築けることにも繋がるからです。

確かにアプリで結果を出すことも大事ではありますが、どうして稼ぐ土俵を「アプリ」にしたのか?自分の代表作は何か?等の答えを出す為には最適だと思います。

というわけで、作りたいものを作ることが一概にダメだとは思いませんし、考え方次第で良いアプリは作れると思います。

結局バランスが大事という結論に至るわけですが、マーケティングをしっかりして確実に売れるアプリを作れるか?と言われると全くそうでもないので本当に難しい業界だと思います。

でも、こうやって頭使って道を切り開いていくというのが面白いですし、やりがいがあるのでまだまだ頑張りたいと思います。

 

スポンサード リンク

関連記事

退職後の世界!元同僚たちに会ってきた

先日の記事の通り、東京遠征してきました。 ただアプリ関連のイベントだけで終わってしまうのも勿体

記事を読む

アナ雪から考える3種類の「できる人」。あなたはどれ?

仕事で「できる人」と呼ばれる人がどこにでも居るかと思いますが、その「できる人」は大きく3種類に分けら

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教訓を活かし, ひたすらテ

記事を読む

いい会社と悪い会社?働くならどっちが良い?

これから働く会社を選ぼうという就活生や転職する方には気に留めておいて欲しいことがあるのですが、あなた

記事を読む

どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になる

記事を読む

退職金を当てにして辞めるのは愚策!退職勧告受けるくらいなら企業にしがみつけ!

ブログやアフィリエイトをしている方なら誰もが知っているだろうAdwordsというグーグルのサービスが

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

no image

これは面白い!単純で奥が深いパズルゲーム『SubaraCity』

私はアプリを作る側なので、レビューする側にはならないつもりでしたが、あまりにも良いアプリを見つけたの

記事を読む

リワード広告の今後を予想してみた。ブーストはいつかなくなる!?

アプリ業界はまさにブースト全盛期と言って過言ではないでしょう。 テレビCMを打つより、バナー広

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑