あなたは大丈夫?東芝リストラに思う本当の安定とは?

公開日: : 仕事

普段は諸事情(テレビがない)があってテレビは見ないのですが、先日妻の実家に帰省していた時に気になるニュースが流れてました。

東芝、リストラ!!

だそうですね。

日本で知らない人はいないであろう大企業が大規模なリストラをするとなると、世間を騒がすのは当然として、他人事のように眺めている方々もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

このリストラの原因として、不正な会計処理も含まれているようなのですが、東芝で働いている方はたまったもんじゃないでしょう。

無責任な管理部の責任を、一生懸命働いている社員に押し付けているわけですから。

その代償として東芝は過去最大の赤字を計上していますが、大量の人が気持ち安らぐこともなく年を跨ぐことになりそうですね。

スポンサードリンク

身近にもこんな話が・・・

昨年まで勤めていた会社でお世話になっていた方から珍しく電話がありました。

以前も電話を頂くことは度々ありましたが、だいたいエンジニア不足で案件に入れないかという相談でしたが、今回は仕事がないか??でした。

細かいことは書けないのですが、とある方が常駐先の急なプロジェクト縮小に伴って仕事がなくなってしまったそうです。

私はどこかの会社から仕事を請け負ってるわけでもないので、そういった繋がりもなくお断りせざるを得なかったわけですが、その方もさぞ年末を不安な思いで過ごすことになるだろうなと。

他人の心配している余裕のない私ではありますが、手を動かせるだけまだマシかなと。

手に職を!

偶然にも、東芝や身近なところで仕事がなくなる話しを聞いて思うことは、受動的に仕事をしていても本当の意味で安定はしないということです。

急に明日から自分で仕事を見つけて稼げと言われて、それができるサラリーマンはなかなかいないと思いますが、その準備は今のうちからしておくべきでしょう。

1円でも稼ぐことが出来るなら、本気を出せば生活出来るレベルには何とかなるはずなので、少しでも行動を起こしておくことが大切です。

就職していれば大丈夫なんて思っている方は間違いなく、歩いている場所が崖かどうかもわからず歩いているだけなので注意しましょう。

まとめ

明日に何が起こるかなんて誰にも分かりません。

他人事のように思っていては、いつか足元をすくわれてしまうので危機感をまず持つことが大事です。

そして、どれだけ貯金があったとしても、お金の価値は変動しますし極端なことを言えば紙切れ同然になることだってあるのです。

なので本当に価値があるのは、いつでもお金を稼ぐことが出来るということです。

その為には、世の中のニーズだとかを常に把握していたりする必要があったりと挙げれば長くなると思うので、今回では触れませんが、そういった意識を常に持って行動していきましょう。

 

スポンサード リンク

関連記事

退職金を当てにして辞めるのは愚策!退職勧告受けるくらいなら企業にしがみつけ!

ブログやアフィリエイトをしている方なら誰もが知っているだろうAdwordsというグーグルのサービスが

記事を読む

好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。 『仕事にしちゃ

記事を読む

モーニングが無料!!元町珈琲のキャンペーンが面白い!

先日、新聞はとってないんですけど、間違ってポストに投函されていて、たまたまそのチラシに目を通していた

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

年収って大事?平均とかランキングばかり見てないでもっと大切なことを考えよう

こちらの記事にIT企業の平均年収とやらがランキング形式でまとめてあります。 年収は確か

記事を読む

公務員だって副業した方が絶対良いと思う理由

公務員って法律で副業が禁止されちゃってます。 業務に専念する為とか、特定の企業に加担することが

記事を読む

請負?いやそれ派遣でしょ!?常駐社員は自分の損益分岐点をまず把握しよう!

私は2つの会社に勤めていたことがありますが、一つは東証1部へ上場していて割と収益が安定していた企業(

記事を読む

退職後の世界!元同僚たちに会ってきた

先日の記事の通り、東京遠征してきました。 ただアプリ関連のイベントだけで終わってしまうのも勿体

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑