好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

公開日: : 仕事

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。

『仕事にしちゃうと好きじゃなくなってしまう』のが理由だと聞いたことがありますが、それはちょっと違うんじゃないかなと。

 

好きなことを仕事にしちゃいけない!が間違っている理由

私がそう思う理由は、以下の2パターンに陥ってるだけじゃないかと考えているからです。

 

パターン1:実はそんなに好きじゃなかった

これは結構ありがちだと思うんですけど、自分が出来ると思ってる中で好きなことを仕事にしちゃったパターン。

例えば、歌がホントに好きなのに、厳しい世界だからと諦めて、学生時代に取った資格を活かそうとプログラマーになるみたいな感じです。

資格取ってるくらいだから少なからず興味はある。興味はあるけど、苦難に耐えれるほど好きじゃなかったって感じです。

本当になりたい職業(歌手・パイロット・芸能人・女優・映画監督・・・)とか人によって色々あると思うんですけど、やらずして諦めて就職活動した人ですね。

自己分析(笑)やり直した方がいいんじゃないですか?

 

パターン2:好きなことと関係のある仕事でもやりたいことじゃない

好きなことを仕事にしてると勘違いしてるパターンですね。こう書くとなんか痛い人に聞こえる…
でも結構いると思います。

歌うのが好きでレコード会社に入ったけど、実際やってることはただの営業とか。

で、業界の変な知識だけ身につけて嫌になる。

まぁこれはあるあるかなーと。

 

つまり何が言いたいかというと、好きなこと仕事にしてると思ってる人でも、やりたいことやってないわけです。

本当に好きなことなら勉強も努力も我慢も、何も苦じゃないはずなんです。

ただ、周りからみたらそう見えるだけ。

本人にとっては毎日ゲームを楽しくやってる感覚で、苦行のレベル上げも楽しんでやるし、全滅という挫折にも平気で立ち直ってくる。

この例えを見事に体現してるのが、YouTuberのマックスむらいさんだと思うので、動画でも見ればそれがわかるはず。

 

好きなことを仕事にしたところで生きていけない

こう反論されるのが目に見えてますが、別にそれ一本で食ってけなんて言ってません。

軌道に乗るまでは好きじゃない仕事しながらでもいいんです。

夢を追いかけて養成学校に行ったり、とある監督の弟子になろうとしたり、経験積むためにその業界の企業に入って下積みしたりとかもいらないと思ってます。

それこそ、収入が途絶えたり、下積みしてる間に年食っちゃうので。

 

 

好きなことを仕事にするための1歩目

じゃどうやって好きなことを仕事にすればいいんだって話ですが、結局1歩目の踏み出し方だと思います。

1歩目といっても、実は無いようなもので「まずやれば?」って感じです。

無責任な言い方かもしれませんが、何故か多くの人は、まず勉強とか下積みとか資格取るとか言い出しますが、むしろそれはやらなくていい。

そんなことしてるからこそ、目的から遠ざかってしまう。

ひと昔前は、ネットも普及してなかったのもあり、どうしても企業を経由しないと難しかったことが、今では個人で出来る環境が整ってます。

だから、まずやってみればいいと思うんです。

 

歌手とか映画監督になりたいなら、動画とってYouTubeとかニコ生とかにアップすればいいし、ゲーム作りたいならiPhoneとかAndroidアプリ作って公開すればいい。

記者になりたいなら自分で取材して、ブログかなんかで発信すればいいだけ。

誰に止められることなく、やろうと思えば簡単に出来ることです。

 

こうすることで、自然とスキルが身についていくし、誰かの目に止まるかもしれないし、規模がでかくなれば食っていけるかもしれないんです。

 

まとめ

好きなことを仕事にした方が、人生絶対に面白いです。

仕事は睡眠時間の次(同等かそれ以上)に時間を割くことなので好きなことに費やした方がいいに決まってます。

ただ、好きなことして食っていくのは、それはそれで難しいので、収入源確保しながら、自分を世に発信していくことが大事だと思います。

スポンサード リンク

関連記事

アフィリエイトで儲けてる人から稼ぐ方法を聞いちゃいました

たまたま昔の会社の同期から名古屋に来てるのでってことで連絡があって、軽くご飯がてら会ってきました。

記事を読む

ブログで大切なこと!好き勝手書いていたら思ったより反響があった件について

昨日、こちらの記事を書いたところ、思ってた以上の方に読んで頂きました。 具体的に分析し

記事を読む

いい会社と悪い会社?働くならどっちが良い?

これから働く会社を選ぼうという就活生や転職する方には気に留めておいて欲しいことがあるのですが、あなた

記事を読む

赤ちゃんの成長は何故早い?大人も参考にすべき3つの要素

毎日が充実していても、気がつけばあっという間に時が経ってます。 この数ヶ月は子供の成長と共に歩

記事を読む

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

アプリ開発者として異業種交流会に参加してみた

知り合いの社長さんの紹介で、異業種交流会に参加してきました。 異業種交流会というと程の良い合コ

記事を読む

SONYタイマーは本当か?ビジネス視点から見ると疑心暗鬼になるお話

SONYタイマーという言葉をご存知でしょうか? SONYの製品は、保証期間が切れるのとほぼ同時

記事を読む

「ツレがうつになりまして」をみて思うこと。鬱にならない為に大切なこと。

ちょっと気になっていた映画があったのですが、それがなんとAmazonプライムビデオのリストにあるじゃ

記事を読む

就活に出遅れた人へ。絶対にしてはいけないこと。

なんか就活が始まったみたいですね。 人によっては立ち位置がバラバラだと思うのですが、火蓋が落と

記事を読む

アプリで使用するイラストを募集!?まずやってみる精神で自分が描いてみた結果

このブログでも、まずやってみないと分かんないことあるから、とりあえず深く考える前にやってみた方が良い

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑