【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

公開日: : よもやま話, ライフハック, 育児

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。

こちらの記事に書かれている通り、妻は普段は温厚で気の優しい性格のはずですが、ディズニーが好き過ぎる+2年以上行けていないという事実から発狂寸前のところまできていました。

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!
先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻は普段は温厚で気の優しい性格のはずですが、ディズニーが好き過ぎる+2年以上行けて

ここまで来るとディズニーを楽しむというよりは、その夢の国とやらに身を置いて清めるのが目的なんじゃないかと内心思っていましたが、兎にも角にも建前では子供がいるのでトゥーンタウンとかショーとかキャラクターと写真撮るとかが目的ということで計画を練ってました。

サービスに関しては日本一を争うレベルの施設だし、小さいお子さん連れも何度も見てきているので、詳しくは調べてませんでしたが、なんだかんだ楽しめるだろうという感じでいました。

むしろ私たちだけでなく、大半の人は子供がいることを理由に、パークチケット1人6,900円も払うのに眺めるだけで楽しもうとしているのではないかと思います。

そんな方は、損をしています!

なのでディズニーへ行く前に、こちらの記事を読んで計画を見直してみてください。絶対に知っておいた方が良い裏技をお伝えします。

スポンサードリンク

ビックサンダーマウンテン、いいよね。

私は、妻ほどではありませんが、年に1回くらいならディズニーを楽しめるくらいはディズニーが好きです。

それ以上はさすがに飽きてしまいますが、やっぱり乗り物が面白いです。

中でも私はビックサンダーマウンテンがお気に入りです。

絶叫というよりは爽快。そして気持ちのいいG。

長時間並んだとしても、疲れを吹っ飛ばしてくれるほど楽しい乗り物です。

そんなアトラクションを目の前にして、子供がいるからという理由で乗れないなんて悲しすぎます。

悔しさの余り、乗る算段もないのにファストパスを取得。

時間に余裕があったら列に交代で並べばいいやくらいの気持ちでバーコードをかざしていました。

なんと、心に余裕が生まれていた

ディズニーに来る前日から、徹夜で運転(妻は寝てた)からの1日ディズニーという強行スケジュールを敢行するよう求めてきた妻が、なんとディズニーに来たことによって心に余裕が生まれていました。

私待ってるから行ってきていいよ!

なんということでしょう。

俗にいうダブルバインド法ってやつですね。

妻に感謝しつつ、お言葉に甘えて列に並んでみる。

そこで、ふと思ったんです。

アトラクションの乗り場って同じ場所だから、キャストにお願いすればその場で交代で乗ることもできるんじゃないか?

それこそ、徹底したサービスを提供しているディズニーなら、何かしらの気持ちの良い対応をして頂けるのではないかという期待を込めて・・・

結果、ありました。

乗り場での交代ではありませんでしたが、ほぼそれに近い形の、子連れであっても時間ロスなく楽しめる制度が用意してありました。

感服です。

待ち時間ゼロで乗る方法があった!!

こちらがその裏技の正体です。

IMG_3317-2

このカードをキャストに見せると、なんと通常でもファストパスエントランスでもない場所から一気に乗り場まで進むことが出来ます。

まさに待ち時間ゼロ。

使えるアトラクションも様々で、ビックサンダーマウンテン以外でも同様のサービスは受けられるようです。

これを使えば、子供が居ようとトイレに交代で行くような感覚でアトラクションが楽しめます。

誰もが使えるわけじゃない!

こんな最強カードの存在を知ってしまったら、誰もが使いだしてカオスなことになりかねないと思いましたが、どうやら条件があるようです。

  • アトラクションに乗れない子供がいる
  • 保護者が2名以上

アトラクションに乗れないとは、年齢制限や身長制限のような利用基準のことです。

そもそもこのカードはアトラクションを楽しみたいパパママへの制度のようなので、妥当な利用条件ですね。

実際の流れ

待ち時間ゼロだというのは分かって頂けたと思いますが、イメージが付きにくいと思うので、実際に利用した時の流れを紹介したいと思います。

  • ファストパス2枚を取得
  • ファストパスエントランスの列に2人(+子供1人)で並ぶ
  • 入り口のキャストに懇願する
  • アトラクション利用カードを1枚、ファストパスと引き換えで受け取る
  • ここから1人で乗り場までの列に並び、シングルライダー初体験する
  • 無事シングルライダーデビューを果たしたら、合流して子供を預かる
  • もう一人がアトラクション利用カードをキャストに見せて、案内に従う
  • 奇しくもシングルライダーとしてアトラクションを謳歌する
  • 合流

かなり私情の入った流れになってしまいましたが、簡単に言ってしまえば2人目は待ち時間ゼロということです。

ピザみたいな制度ですね。

おそらくファストパスなしでも利用できると思いますが、最初の待ち時間分はどうしても別々で待つことになるので、ファストパス利用が現実的かと思います。

懸念点

素晴らしい制度ではありますが、親子3人。慎ましく初めての夢の国を楽しむつもりが、まさかシングルライダーとしてデビューしてしまうという事態に陥ります。

昨日まで平凡だった自分が、です。

別にシングルライダーに引け目も何も感じてませんが、側から見たらどう取り繕っても1人で乗ってるようにしか見えません。それに耐えうる精神は試されます。

それに、一緒に乗れば出発前の緊張感やワクワクも、終わった時の感想も共有できるという楽しみがありますが、シングルライダーにはそれがありません。

まさに孤高の旅人です。

そういう意味では、色んな意味でレベルの高い上級者向きの制度なのかもしれません。

まとめ

初めて子供をディズニーに連れて行きましたが、今までとは視点や楽しみ方が変わりました。おかげで新鮮に感じたので想像以上に楽しめたと思います。

また、ベビーセンターがあったりと子連れにも十分配慮されているので、子供が小さくても安心して楽しめるのではないかと思います。

ただ、気候に関してはどうにもならないので、暑さや寒さ対策だけはしっかりしておいた方が良さそうです。

ちなみに、公式にもアトラクション交代利用について記載がありましたので、気になる方は確認してみてください。

お子さまづれの方に便利な情報・サービス

スポンサード リンク

関連記事

海外へ行くなら必見!!ヤミつきになるお土産を探そう!

海外へ旅行する方なら大体定番のお土産は買ってくると思いますが、それだけでは何かつまらないというか話題

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

ベビーカーを使った赤ちゃんの寝かしつけ方法を教えます

育児をしている方なら間違いなく寝かしつけには苦労されていると思います。 産まれた時のあの可愛い

記事を読む

「草野球チームを作ろう!レジェンド」の売上金の一部を寄付しました。

私がアプリを作る理由というのは以前にも書いたことがありますが、説明を省いて結論だけ言えば世の中を良く

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

noteを使ってお金は稼げるのか試してみた

SNSで見かけたnoteというサービス。新たな情報発信する場になりそうなので、とりあえずアカウント登

記事を読む

男性必見!?女性からモテたいなら身につけるべき5つの習慣

女性が求める男性の特徴みたいなのはあると思うんです。 例えば、長身だったりイケメンだったり話し

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

朝活終了!?育児してると朝活のメリットは得られない?

ふとしたことがきっかけで朝活をし始めたわけですが、何となく今の自分に最適な生活リズムを見つけられた気

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑