私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

公開日: : よもやま話, ライフハック, 仕事

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転職してどうして独立したのか話すことは多々あります。

かといって、事細かに話すのは求められていない場合が多いので、ざっくりと伝えるのですが・・・

情報系の大学だったのでIT企業に就職←わかる

その会社は忙し過ぎたから転職←まぁわかる

次の会社は暇すぎて辛かったから独立←???

と、こんな感じのリアクションを頂くことが多いです。

もちろん独立した理由は他にもたくさんあるのですが、暇すぎて辛い感覚はなかなか共感してもらえません。

今回はそんなところに焦点を当てて記事を書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

暇は自由ではない

暇な仕事というと楽だと思いますよね?あながち間違いではないです。ただ、自由ではないことに気づくべきです。

することがなくてもデスクに向かう必要があったり、PCがあったとしても遊んでて良いわけではありません。

特にSEみたいな外出の少ない職種だと、常に監視された状態なので暇そうにするのも気まずい部分があったりします。

さらに普通の会社なら就業時間というのがあるので、定刻が来るまで帰れないしそこに居なくてはいけません。

とても当たり前でバカみたいなことを言ってますが、これが結構辛いわけです。

世の中には「追い出し部屋」と呼ばれる何もない小さな部屋で1日を何もしないで過ごさせ、自主退職させるなんてことがあるくらいですから、やっぱり万人にとって辛いのです。

さすがにそんな経験はしてませんが、暇な状態は1日や2日はよくても長期になってくるとしんどくなります。

将来がとても不安になる

忙しいと目の前のことに集中できるので気になりませんが、暇だと考えなくてもいいことまで考えてしまいます。

特に将来のことは考えても答えが出るわけでもなく、ただただ不安になります。

しかも暇なわけですからキャリアとして自分の為に何か得られるわけもなく、不安に拍車がかかります。

だから私は独立の方向へ向かったわけですが、やっぱり何も行動できていない時間というのは人生を無駄にしているようで辛いものがありました。

今が良ければそれで良いのか?

客観的に見ると会社にいてほとんど時間を潰しているだけで月に何十万も貰えるって羨ましい環境なのかもしれません。

しかし、その状況が正常だとは私はとても思えませんでした。

私が暇だったのはプロジェクトが炎上しきった後の落ち着いた時期に参画したという限定的なものではありましたが、5年後10年後になったときに役立つような何かを今のうちに体験したり得ておかなくてはいけないと強く感じました。

そういう意味では私は暇な状態だったので、こうやって考える時間があり良かったのかもしれません。

逆に忙しい毎日を過ごつつ、それが将来に繋がらない仕事をしたり時間を過ごしている方は、現状に疑問を抱きにくいので危険な気はします。その場合はまず時間を作るために転職とかしたらいいと思います。

今、楽して過ごせていても将来どうなるかはわかりません。リスクなんてものは沢山あります。会社が潰れたり、リストラされたり、体調崩したり、怪我したり。

避けられないことではあるかもしれませんが、長い目で見れば防げなくてもそれなりに対応出来る状況は作れるはずなので現状で満足していてはいけないです。

まとめ

暇で辛いところから始まり最後は若干脱線しましたが、今思うのは目的に向かって何かするということは、とてつもないエネルギーになり、そしてやりがいを感じれるということです。

流行りのポケモンGOでも、ポケモンを集める目的があるから、普段全く歩かない自分が散歩し出したり、家から出るきっかけになったりするわけです。ただ暇を持て余しているだけでは外に出ようとは思わないのです。

普段の仕事も同じで、ただ退屈する時間があれば楽にはなりますが、充実するものではありません。

楽で高待遇な職を探すより、大きな目的を持って毎日を過ごすことが何より重要なんじゃないかと思います。

スポンサード リンク

関連記事

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

名古屋⇔東京を安く!車でETCの割引使えばなんと30%OFF

先日、異業種交流会に参加したばかりですが、シルバーウィークは東京ゲームショウに行って、その後アプリ開

記事を読む

ブラック企業を回避する唯一の方法

企業名をグーグル検索に入力すると「ブラック」なんて単語がくっついてきたりすることがあります。

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

リフォームで失敗!?そうならないために大切なこと

リフォームと聞くと良いイメージがありますよね。 妻の実家が実際にリフォーム中ということもあり、

記事を読む

副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニ

記事を読む

noteを使ってお金は稼げるのか試してみた

SNSで見かけたnoteというサービス。新たな情報発信する場になりそうなので、とりあえずアカウント登

記事を読む

SMAP解散の本当の理由?どうしてグループを抜けてしまうのか?

私はTwitterのタイムラインを見ていて知ったのですが、初めはガセか何かと思いました。でも本当に解

記事を読む

仕事の依頼なら個人が一番?企業の不正問題から考える意識の問題

少し前の出来事ではありますが、ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス問題がニュースになっていました。

記事を読む

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑