どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

公開日: : 仕事

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になることはないでしょうか?

私もよく思ったのですが、もう一生遊んで暮らしていけるだけのお金を稼いでいたり、もう一通りの大会で優勝して自分の記録を自分で塗り替えてるレベルの選手だったり。

そこまで来ると、もういいじゃん!?ってならないのかなぁと。

どちらも現役で居続ける限り、厳しいトレーニングをしたり、大きな責任を背負って働かなくてはいけません。辛いはずなのに、どうして続けるのかと。

最近、自分がアプリを作り始めて、そういった方たちの考え方が少し実感できたので、書いてみようと思います。

補足する必要もないと思いますが、まだ私はアプリで頂上どころか1号にも到達出来ていないレベルですが、きっと考え方は一緒だろうという前提で書きます。

スポンサードリンク

目的は何だ!金か?

たまに漫画で出てくるセリフですけど、こういう時って確実にお金目当てじゃないですよね。

成功している方々もきっと目的はお金とか優勝とかじゃないと思います。

聞いた話しではありますが、好成績を残し続けるイチローと成績を残せなくなった清原の違いは、目的意識の違いというものがありました。

清原は、プロ野球の世界に入った時、西武に入団しましたが、本当は巨人に行きたかった。なので、いつの間にか巨人へ移籍することが目的になってしまい、移籍した後は気持ちが続かなくなってしまった。

一方、イチローの目的は一流選手になるということらしく、日本一になろうが、凄い記録を残そうが自分の理想まで頑張り続けられているということらしいです。

経営者も、お金を稼ぎまくって満足するのではなく、世の役に立ちたいと思っているからこそ、頑張れているのかもしれません。知りませんけど。笑

ゴールはない

やはりどの世界で活躍する人も、ここまでやれば満足という考え方は持っていないと思います。

私も、アプリを作っていて思うのが、お金は生活する為に必要だけど、面白いアプリを世に出したいという気持ちがあるので、いくら大金が入ったとしても辞めないと思います。

むしろ生活が出来なくなって、アプリ開発から身を引くことの方が可能性は高いかもしれません。

「これでいいや」と満足しては、それ以上は成長しなくなりますし、維持もできません。これは経営者、スポーツ選手だけでなくサラリーマンや学生の方にも当てはまると思います。

まとめ

目的が達成された時点で、人は頑張れなくなる生き物です。

プロ野球に入るのが目的の選手は、高校にどれだけ活躍できても、プロでは活躍できません。

お金が目的で事業を興しても、お金が手に入ったら廃業に追い込まれます。

これは仕方ないことなので、如何に目的をどこにおくのか?高い目的を持てる仕事をするかどうかが重要になります。

宝くじ当たったら仕事辞めようと思っている方も、お金目的のその仕事は辞めてしまった方が幸せになれるかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニ

記事を読む

効果はある?フリーランスだけど朝活してみた

フリーランスといえば自由な時間に働けるというのがメリットとしてあると思うのですが、そこにあぐらをかい

記事を読む

好きなことで生きていくには??最初の1歩の踏み出し方

「好きなことは仕事にするな」とか主張する人がいますけど、間違いだと思うんです。 『仕事にしちゃ

記事を読む

嫁ブロック?転職を妻に反対されるor夫が転職と口に出す前に読んでおこう!

嫁ブロックという言葉があるらしいです。 転職活動において、嫁の一声で白紙に戻ってしまうという、

記事を読む

お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありまし

記事を読む

田中将大は安定志向?ただの競馬好き・アイドル好きではない!?

マー君こと田中将大投手が有馬記念関連の番組に出演するとか何とかというツイートがありました。 今

記事を読む

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

ネガティブがダメな理由!自己暗示を上手く使いこなそう!

妻と買い物をしている時に、何の商品だったかは忘れてしまいましたが、「重そう」な商品があり手に取ってみ

記事を読む

請負?いやそれ派遣でしょ!?常駐社員は自分の損益分岐点をまず把握しよう!

私は2つの会社に勤めていたことがありますが、一つは東証1部へ上場していて割と収益が安定していた企業(

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑