成功するための近道は?ジブリ作品の興行収入を見て思うこと

公開日: : よもやま話, アプリ, 仕事

Amazonプライムミュージックにジブリの曲も追加されていたので、とりあえず聞いていたら何か気持ちがワクワクしてきました。

曲自体も良いし、何より映像とリンクして物語が思い返されるからなんでしょうか。またジブリ作品見てみたくなりました。

でも、流石のAmazonでもプライムミュージックに曲はあるけど、プライムビデオにアニメはないみたいなので、Amazonさん、ジブリ作品も手厚くお願いします。

そんなわけで、見返すなら何が良いかなと作品一覧を見ていたら、ちょうど興行収入もまとめてあるページがあったので、眺めてみました。

すると・・・

天空の城ラピュタ 11.6億円

風立ちぬ 120億円!!!

みなさん、どう思います?

公開された年に20年以上も開きある作品を比べるのもナンセンスかとは思いますが、売り上げでは約10倍の差がこの作品の間であるわけです。

でも・・・個人的にはどう考えてもラピュタの方が面白い。

というかそう思ってるのは自分だけじゃないはず。ラピュタが地上波で放送されると、「バルス」の瞬間、Twitterでは1分間に34万ツイートされたという記事もあるくらいですから、人気でいったら間違いなくラピュタが上でしょう。

しかし事実というか、売り上げでは1/10しかないというわけなので、自分なりに思うことを書いてみます。

スポンサードリンク

 面白いもの=儲かるではない!

ラピュタの11.6億円が当時でいうと成功なのかどうかは分かりません。しかし現時点からみたら「千と千尋の神隠し」の304億円という記録があることを考えれば、失敗ではないにしてもゴールではなかったのは事実です。

そう考えると、ラピュタの時点で「これだけの作品を作ったのに、こんなもんしか儲からんのか!!!」と思って歩みを止めていたら、後の「となりのトトロ」や「もののけ姫」も世に生まれてこなかったことになりますし、それらによる売り上げもなかったことになります。

何が言いたいかというと、

すぐに結果がでなかったくらいで諦めてはいけない!

ということだと思います。

成功する人は、成功するまで諦めない人だとかよく言われますし、100回叩いたら壊れる壁を99回叩いて諦める人がいるという話も聞いたことがあります。

こればかりは、起業などのようなチャレンジにはリスクや不安がつきまとうので、すぐに結果がついてこないと諦めたくなるのも理解できますが、良いものやサービスを作れたと思うほど粘り強くなる必要性があるのかもしれません。

アプリ開発で例えてみる

アプリ業界はレッドオーシャンと呼ばれ始めてからもう何年も経っています。

面白いアプリを作ったとしても、すぐに埋もれてしまいますし、簡単には儲けることが出来ません。

なので、月に1万円も稼げない開発者はゴロゴロいると思います。

専業でなければお小遣い稼ぎと割り切れば良いだけですが、そうでない場合は早々に撤退したくなるレベルに厳しい業界です。

ですが、一つ一つのアプリでユーザーに納得してもらい、ファンを獲得し続けることが出来たら、間違いなく右肩上がりに成長できると思います。

それこそ、「ラピュタ」や「となりのトトロ」、「千と千尋の神隠し」などのビックタイトルが「風立ちぬ」の売り上げを支えているのと同じ仕組みになるんじゃないかと思います。

(こう書くと「風立ちぬ」が全く面白くないみたいに聞こえますが、そうではないですよ!)

アプリだと1発で当てて大儲けのイメージがとても強いと思いますが、他のビジネスと同じく少しづつ信頼を得ていくということが成功するための近道なのかもしれません。

まとめ

世の中には、すぐに儲けたり有名になったりする人がいますが、それは本当に稀だと思います。

むしろ、ほとんどの場合は血の滲むような努力やそれこそ失敗を得てから成り上がっているものばかりです。

例えば、ルイヴィトンなんかは説明する必要もないくらい有名なブランドですが、世の中に評価されはじめたのは創設者のルイ・ヴィトンさんが亡くなった後だったりします。

そういうことを考えると、いつ、どこで結果が返ってくるか分からないので、そうやすやすと諦めてしまうのは勿体ないです。

さすがに私も自分が生きている間にアプリが売れてほしいとは思いますが、ジブリの興行収入から学ぶことがありました。

スポンサード リンク

関連記事

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

田中将大は安定志向?ただの競馬好き・アイドル好きではない!?

マー君こと田中将大投手が有馬記念関連の番組に出演するとか何とかというツイートがありました。 今

記事を読む

できる人になるには?できない人との差は語彙力!

できる人の定義って何でしょうか? 私は問題解決能力が高い人だと思っています。 この問題と

記事を読む

継投ミス?日本代表の敗戦から考える3つの教訓

甲子園を観に行ってから関心は高校野球に向いているので、明治神宮大会は観てましたが、世界野球プレミア1

記事を読む

愛知県とその周辺の未来を考えてみた

私、実は出身は岐阜県なんですが、殆どの場合は名古屋出身というニュアンスで話してます。相手が岐阜県民で

記事を読む

アプリマーケティング研究所さんにインタビューされた記事が公開された件

アプリ界隈で知らない人はいないくらい有名なメディアに取り上げていただきました。 このブログでも

記事を読む

【画像あり】「草野球チームを作ろう!」次回作の一部を公開!ユーザーの要望に応え新機能盛りだくさん!

「草野球チームを作ろう!」のiOS版リリースが2月中旬。Android版が5月末。

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

脱出ゲームって本当にダウンロードされて収益性が低いのか実際にリリースして試してみた

先日、脱出ゲームとやらを出してみました。 開発者界隈でも簡単にダウンロード数が伸びるだとかで、

記事を読む

就活に出遅れた人へ。絶対にしてはいけないこと。

なんか就活が始まったみたいですね。 人によっては立ち位置がバラバラだと思うのですが、火蓋が落と

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑