仕事と趣味の境目がなくなる?アプリ開発者はたくさんアプリで遊ばないといけない話

公開日: : アプリ, 仕事

個人でアプリ開発をする場合は、プログラムだけでなく企画もしなくてはいけません。

当然作りたいものを作ればいいわけですが、生活がかかっているので、「売れる」ための仕組みや、「収益」へ繋げるという要素も必要になってきます。

つまり、そういった調査も必要になってくるわけですが、その調査というのが、「アプリで遊ぶこと」なので、もう趣味なのか仕事なのかわからなくなります。

ただ、私はアプリを作ることは好きでも遊ぶことはそれほど好きじゃないので、あまり嬉しい話しでもないのですが、改めて重要性を感じたのでまとめてみたいと思います。

ちなみに、他人のアプリで全く遊ばないという開発者の方もいらっしゃるみたいで、先日のイベントでもいらっしゃいました。

スポンサードリンク

アプリ製作の参考になる

まず他の開発者のアプリを遊ぶことで、参考になる点が多いです。

具体的に挙げてみたいと思います。

ボリューム

個人開発者といえど、やろうと思えばいくらでもクオリティを挙げられますし、凝ったアプリも作れるのですが、当然その為の費用も必要になるのでバランスの目安になります。

また、企画段階でやりたいことを詰め込み過ぎると、開発が大変になって一向にリリースできないということも起こってしまうので、個人で開発されたアプリを参考にすることで、個人に見合った開発期間に抑えられることが多いです。

広告の見せ方・出し方

広告は個人開発者にとっても収益に直結することなので、切っても切れない存在です。

しかし、ユーザーにとっては邪魔なものなので、いかにストレスを与えず見てもらうかが重要です。

単に広告を出しているだけでも良いですが、良いアプリはそのように工夫されているので真似るだけでも効果があります。

売れる理由

ランキングを駆け上がっているアプリを遊ぶことで、何故ヒットしているのかを知ることができます。

Twitter等、口コミで広がりやすい仕組みにしていたり、やはりゲーム自体が面白かったり話題性があったりと、なんらかの理由があります。

もちろん、パクってはダメですが、しっかり分析して自分のアプリにその要素を組み込むことで売れっ子開発者の近道になります。

例えば「すばらシティ」という話題になったアプリも、「Threes」という有名アプリを参考にしているみたいですが、両方を遊んでみると、全くの別ものですがどこか共通点があるように、上手く参考にすると良いアプリが生まれやすいです。

コミュニケーションに必要

アプリで遊ぶことは、アプリ開発の参考になること以外に、コミュニケーションでも重要です。

といっても、開発者同士に限られますが、先日のイベントでもアプリで遊んでいるかどうかで大きく違いがありました。

知っているアプリであれば、どうやって作っているのか?など具体的な質問ができますが、そうでないと触り程度しか聞けません。

せっかくの機会が勿体ないので、一通りは遊んでおいた方が有意義な時間になると感じました。

開発者同士でなくても、面白いアプリを知っていれば、友人に紹介できたりするので、人気者になれるかもしれません。

まとめ

アプリで遊ぶことはただの趣味に見えますが、実はとても重要な仕事です。

「ミイラ取りがミイラになる」という言葉通り、開発者がそのままゲームにはまって開発できなくなることもあるので注意は必要ですが、たくさん遊んでいた方が、良いアプリが作れると思います。

そういう意味では、今開発しているアプリは既にミスってます。やりたいことをベースにしているので、ボリュームが膨らみすぎて開発がとても大変です。いつリリースできるのやら。

きっとたくさん遊んでもらえると信じて今日も開発に励みます。

 

スポンサード リンク

関連記事

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

3月末に辞めるならラストチャンス?1月は退職交渉を切り出す最高のタイミング!

会社辞めようと思っても、なかなか切り出せない方は多いのではないでしょうか? そういう方は特に区

記事を読む

あなたは大丈夫?東芝リストラに思う本当の安定とは?

普段は諸事情(テレビがない)があってテレビは見ないのですが、先日妻の実家に帰省していた時に気になるニ

記事を読む

面白いゲームとは何なのか?アプリを作って感じる3つの要素

昔からゲームが好きで色んなタイトルを遊んできました。 ジャンルもRPGからシューティング、格闘

記事を読む

年収って大事?平均とかランキングばかり見てないでもっと大切なことを考えよう

こちらの記事にIT企業の平均年収とやらがランキング形式でまとめてあります。 年収は確か

記事を読む

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

イチローから学んで良いこと悪いこと。

イチローが大記録を打ち立てようとする度に偉大な人だなと思うのですが、書籍や番組などでも散々取り上げら

記事を読む

非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

no image

これは面白い!単純で奥が深いパズルゲーム『SubaraCity』

私はアプリを作る側なので、レビューする側にはならないつもりでしたが、あまりにも良いアプリを見つけたの

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑