その仕事、ちょっと待って!!目先の利益を求める危険性を考えてみた

公開日: : アプリ, 仕事

アプリだけで生活していると言うと結構な確率で凄いとお褒め(?)のお言葉を頂戴することがあるのですが、単純に慣れて危機感が薄れてマヒしてるんじゃないかと自分でも怖くなることが多々あります。

そりゃ大金を稼げていれば良いですけど、本当にギリギリの戦いですからね。

自分と同じ状況に誰かが置かれたりしたらさっさと撤退する人の方が多いと思います。

でも、最近自作アプリ作ってて良かったなと思うことが増えてきました。

もっというとアプリだけじゃなく、このブログもやってて良かったと思ってきました。

理由はもちろんお金以外の部分でです。

勤めていた会社のツテで受託の仕事とかもお話戴くこともあったのですが、(お金欲しい・・・いや、それじゃダメだ!)と自分に言い聞かせてやってきて良かったと思えた理由をまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

お金以外に得られるもの?

アプリではそこそこの収益を上げられるようになってきたので、金銭的な側面からでも続けてきて良かったと思えるのですが、特にブログなんて時給換算したら100円もいかないレベルなので、時間を割いてまでやる意味があるのかどうかと疑問に思うわけです。

しかし、このブログからお仕事に繋がったり、アプリの広報になったりするというメリットが確実にあります。

具体的にどれくらいの価値になるかは算出してないのですが、可能性を無限に広げてくれています。

それこそお金じゃ買えないものでもありますし、最強の営業ツールになってくれています。

また、アプリにおいても簡単にはお金にならなくても、自作アプリを作ることによって自分の履歴書みたいなものになるので、どんどん興味のある方向へ仕事が展開していきます。

私の場合は、野球好きが転じてアプリになっているので、自分の興味と技術を世界に(といっても日本だけですが)発信できているわけです。

(自称)企業が作った野球ゲームより面白いものを作れるとなれば、野球関連の団体からオファーが来たりする可能性も十分にありますし、現に仕事に繋がりそうなので面白いことになりそうです。

目先の利益に釣られていたら?

仮に遊ぶ金欲しさで確実に収益を得られる受託などをしていたとしたら、自分の可能性はほとんど広がっていないと思います。

得られるのはお金と場合によってはスキルも身につきますが、社会の仕組みの中に取り込まれているだけなので、次のステージへ広がるチャンスは期待できません。

例えば野球に興味あるのに、受託で好きでもないジャンルの仕事をしていたら、いつまでたっても野球を生業として生活することはできません。趣味程度が良いというならそれまでですが、やっぱり好きなことを仕事に出来るのは幸せなことだと思うので、可能性が広がらないというのはそれ相応のデメリットです。

受託と平行で自作アプリを作れば良いという考えもあるとは思いますが、時間は有限なので思った通りに進めるのは困難でしょう。

Twitterとか見てると結構な割合で受託だけで手一杯の人が見受けられます。

まとめ

ついつい独立なんかしてると収益面での不安が拭えませんし、仕事を選ぶことができるので目先の利益を求めがちですが、それではいつになっても仕事が興味のある方向へ展開していきませんし、自転車操業的な事業になってしまいます。

そうではなくて、生活するだけの貯金があるのであれば投資だと思って、長い目で見た利益を求めて行動するのが良いと思います。

たとえ私のように1人で仕事を完結できる立場であっても、自分を引き上げてくれる方にアピールできるように動くことが大切なんじゃないかと思います。

スポンサード リンク

関連記事

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(後編)

前編はこちら↓ 嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(前編)

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除

モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、

記事を読む

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

ネガティブがダメな理由!自己暗示を上手く使いこなそう!

妻と買い物をしている時に、何の商品だったかは忘れてしまいましたが、「重そう」な商品があり手に取ってみ

記事を読む

友人を選ぶべき?独立すると話しがつまらなくなると感じる話し

連休というのもあって、最近は人と会うことが多くて開発が進んでません。 感覚的には仕事できてない

記事を読む

コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか? イケイケの営業マンだった

記事を読む

SONYタイマーは本当か?ビジネス視点から見ると疑心暗鬼になるお話

SONYタイマーという言葉をご存知でしょうか? SONYの製品は、保証期間が切れるのとほぼ同時

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑