できる人になるには?できない人との差は語彙力!

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 仕事

できる人の定義って何でしょうか?

私は問題解決能力が高い人だと思っています。

この問題というのはトラブルというわけじゃなくて、何か目的を達成する為に足りていない知識やスキルだったりもします。

不足しているものを上手く補って、目的を達成できるというのができる人なんじゃないかなと。

さらにいうと、不足しているものがほとんどの場合は知識で、スキル(職人のような手の器用さ等)が必要なことは稀だと思うんです。

そうなってくると、Google先生に訊けば解決できる問題ばかりで、できる人ってググるのが上手いだけなんじゃないかと思うようになりました。

 

ググれカス

こんなネットスラングがありますが、もう何度使おうと思ったことか。

ITに疎い人はシステムエンジニアとかプログラマーとかなら何でも分かるみたいに思ってる人が多いんですかね?

知らないよってことも普通に聞いてくるし、そのほとんどがGoogleで検索すればすぐ出てくるものなんですよね。

自分にわざわざ連絡して、電話越しとか十数文字の文章で説明受けたりするよりも、調べた方がよっぽど早くて図解入りの分かり易い情報にありつけるはずなんです。

 

父親もその一人

自分をGoogle先生だと勘違いした人間が身内にいて、たまに父親から電話がくるんですけど、先日はExcelのリンクの仕方を教えてくれって電話でした。

リンクを貼ったセルをクリックすると、特定のシートの特定のセルにジャンプするってことがやりたかったようです。

あまりにも簡単すぎて、そしてExcelを使ってない私が的確に口頭で教えられるはずもなく、さすがにそれは調べればすぐ出てくると主張しました。

すると、どうなったと思います?

「調べたけど出てこなかった!」

とか言うんですよ。

んなわけあるかと思って、Googleで調べたら一番最初に出てきてる。

検索ワードも「エクセル リンク」という誰もが最初に入力しそうなワードで。

結局、そのURLを送って終わりましたが、一体どんな検索をしたんでしょうか・・・

 

調べ方の違い

私の父親の話しは極端で例えとしては低レベルなのかもしれませんが、結局はできる人との差はここじゃないのかなと思います。

Googleの膨大なデータベースから、必要な情報を引き出してくる能力があれば、すぐに問題が解決できるわけです。

そして、その能力は語彙力が大きく影響しているんじゃないかと。

検索するときは、たくさんのワードで検索をしてみますが、表現を変えてみたり、同義語だったり。そして一番使われていそうな言葉を使って検索すると思いますが、それが出来るかどうかということです。

 

まとめ

学生のころとは違い、知識として蓄えておく必要はなく、いつでも引き出せる状態であれば、それは自分の知識みたいなものです。

語彙力はそう簡単に身につくものではありませんが、本を読むだけじゃなくて、日頃からGoogle検索をしていれば徐々に鍛えられていくんじゃないかと思います。

人にすぐ聞いてしまうという人は、一旦は自分で調べてみたほうが今後の為になるんじゃないでしょうか?

 

スポンサード リンク

関連記事

仕事を好きになるには!?働くとお金が貰えるという考え方を捨てると見える世界が変わる!

私は仕事がとても嫌いでした。 大学の時には遊ぶ金欲しさに合計で2つのバイトを経験しましたが、す

記事を読む

非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで

記事を読む

アフィリエイトで儲けてる人から稼ぐ方法を聞いちゃいました

たまたま昔の会社の同期から名古屋に来てるのでってことで連絡があって、軽くご飯がてら会ってきました。

記事を読む

本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。 今シーズンの

記事を読む

出世したいなら必読!求められる人になるにはどんな仕事をするべきか?

仕事と一言でいっても業種など様々で『やること』は大きく違ったりします。 肉体労働はキツいからデ

記事を読む

田中将大は安定志向?ただの競馬好き・アイドル好きではない!?

マー君こと田中将大投手が有馬記念関連の番組に出演するとか何とかというツイートがありました。 今

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になる

記事を読む

ブラック企業を回避する唯一の方法

企業名をグーグル検索に入力すると「ブラック」なんて単語がくっついてきたりすることがあります。

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑