お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

公開日: : 仕事

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありました。

つまり副業としてやっていたわけですが、なぜアプリ開発を副業に選んだのかというところを書いてみたいと思います。

また、その経験から、これから副業を始めようと考えている方に大事にして欲しいことを挙げてみましたので参考にして頂ければ幸いです。

 

アプリ開発を始めたわけ

まず私がアプリを作ろうと思ったきっかけですが、お金を稼ぎたいという意識はあまり強くありませんでした。それよりもアプリ業界への興味が強かったです。

また、ちょうど転職を決めた時期で1ヶ月の空白があり、自宅で何もしないよりはと思い、思い切ってMacを買ったのが始まりでした。

その時に考えていたことがこの3つです。

iPhoneが好き

初代iPhoneのころから興味があり、契約しようとするもクレジットカードを持っていなかったが為に買えなかった思い出があります。

結局初めて手に入れたiPhoneは3GSでしたが、安売り情報を嗅ぎつけ千葉から横浜まで買いに行くほどでした。

それだけiPhoneが好きでした。

 

こんなアプリが欲しい、なら自分で作ろう

便利なアプリは既に色々リリースされていましたが、まだツール系にも定番と呼ばれるものがないような時期でしたので、欲しい機能は自分で作ればいいんじゃないかと考えてました。

PCレベルのネット端末を気軽に持ち運べるということに可能性を感じていたので、アイデアはたくさんありました。

 

プログラムができた

大学でC言語を学び、会社に入ってからはC#、VBを触っていたので、プログラミングに対する抵抗はありませんでした。

職種は一応システムエンジニアでプログラマーではなかったのですが、基本的な知識は持ち合わせていたつもりです。

iPhoneアプリを作るには『Objective-c』を覚えることが必須でしたが、何とかなると思ってました。

 

それで、副業としてどうだったかというと、当初は全く稼げず、1作目での収益はほぼ0でした。

2作目の2ch系アプリを有料で出して、やっと1週間に数本のコーヒーが飲めるくらいのお小遣いを稼げるようになりましたが、はっきりいって副業として成り立っているのか怪しいレベルのものでした。

でも結果的には専業にしたわけですので、間違ってはいなかったと思っています。

 

副業するときに優先するべき要素

私の場合は、何となく導かれた感じがしてアプリ開発を副業にしましたが、それでも客観的に考えると大事な要素は抑えられていたんじゃないかと思います。

その大事な要素は自分はこう考えています。

興味があるか

ネットで副業と調べると、美味しそうなお話が転がっています。いわゆる情報商材ってやつですが、それに食いつく人はビジネスに向いていない人かなと思います。

何故なら、一番大事なのは「その事業に興味があるか」だと思うからです。

稼げるから副業するというのも間違ってはいないですが、その根底には興味がなければ続きませんし、稼げません。

逆に興味があれば、今やレッドオーシャンと呼ばれるアプリ開発をするのも良いと思いますし、YouTuberとしてゲーム攻略や商品レビューしたりするのも良いと思います。

好きなことで何か発信していれば、誰かに必ず伝わります。そしてきっとそれがお金になります。

 

今後役に立つか

副業といってもたくさんの種類がありますが、今後に繋がる可能性のあるものにした方が良いと思います。

アプリ開発はプログラミングが出来るようになるので、ゲーム会社に転職する意思があるなら良いと思います。

YouTuberになっても話すスキルや動画編集スキルが磨かれますし、ブログやアフィリエイトでもライターとしてのスキルが身につくので、今後そういうキャリアを考えているのであればプラスになると思います。

逆に、ただ看板もって座ってるだけとかのお仕事だとお金以外得られるものはないので考え直すべきです。

 

どれだけ時間を必要とするか

これは言わなくても誰もが考えることなんですが、本業に支障が出ないものにしないといけません。

副業といえど、自分で時間をコントロールできないものは注意が必要です。

 

例えばテニスが得意ならテニスコーチという副業も可能ですが、拘束される時間が多い上に融通が利かない職種ですので、会社勤めながらでは難しいです。

 

今持っているスキルを活かせるか

時間にも関係してきますが、今できることを副業にするとスムーズに稼げるようになる可能性は高いです。

ただ、それが必ずしも良いとは思いません。

新しく身につくスキルはその分少なくなるわけですから、稼げなかった時に自分にプラスとなって残るものがないかもしれません。

その失敗自体も良い経験にはなるので、この辺りはご自身の価値観で判断した方が良いと思います。

 

稼げるか

最後に、やはり稼げるかというのは考慮する必要はあります。

いくら今後の為と考えても、稼げないのはモチベーションにも影響しますし、そもそも稼げない分野のスキルを磨いても活かされる機会が少ない可能性があります。

ですので、ある程度の稼げる算段は必要です。

だからといって稼げるからという理由だけで選ぶのはもちろんNGです。

よく情報商材をアフィしてるブログは、いくら儲けたかを全面的に押し出して煽ってきますが、仮にその動機で始めてもきっと失敗します。

 

まとめ

ブログやアフィリエイトは家で自由にできたり、参入が簡単だったりで、副業の代表的な例になるのも頷けますが、そこに興味や向上心がなければ成功は難しいと思います。

アプリ開発も副業として注目されているとは思いますが、ブログ等よりは投資やスキルが必要なので、より強い気持ちが必要になってくると思います。

ちょうどそこに興味がある人は良いのですが、だいたいの人はそうではないので難しいですね。

ただ、自分には特に興味あることもないし、得意なこともないし、副業無理だと決めつける必要はないです。既存のビジネスに縛られる必要性がないからです。

少し工夫すればお金に繋げられることはたくさんあると思うので、普段からビジネスになるものを探しながら生活してみると、新たなアイデアが浮かんで、もしかしたら人生が変わるかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

1年が短く感じる人は人生を損してる!もっと充実した1年を過ごそう!!

私はここ最近の数年間、1年が今まで以上に長く感じるようになりました。 それまでは、年を重ねるご

記事を読む

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

就活に出遅れた人へ。絶対にしてはいけないこと。

なんか就活が始まったみたいですね。 人によっては立ち位置がバラバラだと思うのですが、火蓋が落と

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

赤ちゃんの成長は何故早い?大人も参考にすべき3つの要素

毎日が充実していても、気がつけばあっという間に時が経ってます。 この数ヶ月は子供の成長と共に歩

記事を読む

非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで

記事を読む

安定した企業に就職することがベストなのか?本当の安定志向とは?

自分もそうでしたが、就職活動で大勢の人が安定した企業に入りたがります。 業績も良くて、向こう何

記事を読む

仕事の依頼なら個人が一番?企業の不正問題から考える意識の問題

少し前の出来事ではありますが、ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス問題がニュースになっていました。

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発で横の繋がりが重要だと思うわけ

横の繋がりっていうのは、簡単にいうと同業他社との繋がりですね。

Atmoph Window2が届いたので良いこと悪いこと全部書いてみた

かなり前から気になっていたAtmoph Window2が手に入ったの

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑