ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

公開日: : 最終更新日:2015/06/27 ライフハック, 仕事

業界人ならではの知識ってあると思います。

私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこのブログでも発信しているつもりですが、やはり一般的なユーザーとは違った目線でアプリを見ているからこそ出来ていると思っています。

これはどの分野でも一緒ではないでしょうか?

接客業の経験のある人だったら、一般的な人よりも店員の対応が目につくことだってあると思うんです。

 

こういうことは知識があるから分かるということだけでなく、意識しているから気づくことができる部分もあると思います。

そう考えると、意識することで普段気にも留めていなかったものから良いヒントが得られるかもしれません。

 

未経験、でも必要な分野は何か?

ヒントを得たいと思っている分野でなければ『新たな気付き』があっても活かせませんから、どこにアンテナを張るべきか考えてみると良いと思います。

私の場合は、アプリ開発に必要なプログラミングは経験していましたが、それと同等以上に大切なデザインに関しては全くの素人でした。

ですからデザインに対してのヒントがないかアンテナを張ることが必要になってきます。

新たなことにチャレンジしたいと思っている人であれば、簡単に見つかるのではないでしょうか?

 

どこからヒントを得るか?

アンテナを張るといっても、具体的にどうしていくと良いのでしょうか?

それは、『何にその技術が使われているか?』を考えると見つけやすいと思います。

デザインであれば、キリがないほど使われていますが、そういう場合はより身近なものに着目すると良いと思います。

私が最近意識し始めているのはチラシです。

いつもは特に目を通すことなくゴミ箱に捨てていましたが、よくよく考えるとデザイナーが考えた配置や色が使われているわけです。

意識してみると、目立たせたいならどうするのか?高級感を出すにはどんな色が良いのか?というようにゴミどころか良い教科書になっています。

 

普段とは違った意識を持つだけで、ヒントは意外なところから得ることができます。

 

まとめ

何事も経験しないことには新しい知識や感覚というものは身につかないものですが、時間も限られているので簡単にはいきません。

しかし、少しでも工夫してアンテナを張ることで、自分の活動にプラスとなるヒントを得られる可能性が増します。

何気ない毎日の行動にもそういったことが隠れている可能性があるので、一度新しい視点で見直してみると良いと思います。

スポンサード リンク

関連記事

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

退職は逃げじゃない!ずっと我慢してないで新しいスタートを切ろう!

退職など何かを辞めようとするとき、引き止めようとする人はだいたい「逃げるのか?」と言ってくる気がしま

記事を読む

ブラック企業を回避する唯一の方法

企業名をグーグル検索に入力すると「ブラック」なんて単語がくっついてきたりすることがあります。

記事を読む

Amazonプライムビデオ目当てにプライム会員になる価値はあるのか?

先日紹介したAmazonプライムビデオですが、無料体験期間があったので登録をして何作か映画を見てみま

記事を読む

海外へ行くなら必見!!ヤミつきになるお土産を探そう!

海外へ旅行する方なら大体定番のお土産は買ってくると思いますが、それだけでは何かつまらないというか話題

記事を読む

成功する為に最低限必要なことを考えてみた

アプリリリースしてから半月くらいが経ちました。 リリース当初は不具合修正やら対応やらで眠れない

記事を読む

アプリ開発者として異業種交流会に参加してみた

知り合いの社長さんの紹介で、異業種交流会に参加してきました。 異業種交流会というと程の良い合コ

記事を読む

まだ間に合う!梅シロップを作ってみた

もう6月も下旬となり、そろそろ青梅がお店から姿を消そうというところで滑り込みました。 1kg5

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

男性必見!?女性からモテたいなら身につけるべき5つの習慣

女性が求める男性の特徴みたいなのはあると思うんです。 例えば、長身だったりイケメンだったり話し

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑