ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

公開日: : 最終更新日:2015/06/27 ライフハック, 仕事

業界人ならではの知識ってあると思います。

私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこのブログでも発信しているつもりですが、やはり一般的なユーザーとは違った目線でアプリを見ているからこそ出来ていると思っています。

これはどの分野でも一緒ではないでしょうか?

接客業の経験のある人だったら、一般的な人よりも店員の対応が目につくことだってあると思うんです。

 

こういうことは知識があるから分かるということだけでなく、意識しているから気づくことができる部分もあると思います。

そう考えると、意識することで普段気にも留めていなかったものから良いヒントが得られるかもしれません。

 

未経験、でも必要な分野は何か?

ヒントを得たいと思っている分野でなければ『新たな気付き』があっても活かせませんから、どこにアンテナを張るべきか考えてみると良いと思います。

私の場合は、アプリ開発に必要なプログラミングは経験していましたが、それと同等以上に大切なデザインに関しては全くの素人でした。

ですからデザインに対してのヒントがないかアンテナを張ることが必要になってきます。

新たなことにチャレンジしたいと思っている人であれば、簡単に見つかるのではないでしょうか?

 

どこからヒントを得るか?

アンテナを張るといっても、具体的にどうしていくと良いのでしょうか?

それは、『何にその技術が使われているか?』を考えると見つけやすいと思います。

デザインであれば、キリがないほど使われていますが、そういう場合はより身近なものに着目すると良いと思います。

私が最近意識し始めているのはチラシです。

いつもは特に目を通すことなくゴミ箱に捨てていましたが、よくよく考えるとデザイナーが考えた配置や色が使われているわけです。

意識してみると、目立たせたいならどうするのか?高級感を出すにはどんな色が良いのか?というようにゴミどころか良い教科書になっています。

 

普段とは違った意識を持つだけで、ヒントは意外なところから得ることができます。

 

まとめ

何事も経験しないことには新しい知識や感覚というものは身につかないものですが、時間も限られているので簡単にはいきません。

しかし、少しでも工夫してアンテナを張ることで、自分の活動にプラスとなるヒントを得られる可能性が増します。

何気ない毎日の行動にもそういったことが隠れている可能性があるので、一度新しい視点で見直してみると良いと思います。

スポンサード リンク

関連記事

要は運次第!就職活動の難しさを痛感した話

タイトルに痛感とありますが、私の実体験ではありません。 面識はないのですが、有名なアプリ開発者

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

家を買うとかありえない!賃貸の方が優れている5つの理由

結婚してからよく「家買わないの?」と聞かれました。 当時勤めていた企業は格付けも最高レベルで、

記事を読む

基準は何?仕事選びで軽視されやすい最も大切なこと!

私がアプリ開発者になる前は、基幹会計系のプログラムを組んでいたという話は何処かで軽く書いたかと思いま

記事を読む

眼帯勉強法?仕事を永遠に続けられる裏技

アメトーークという番組をご存知でしょうか? 芸人がとあるテーマについて語る番組なのですが、家電

記事を読む

仕事を好きになるには!?働くとお金が貰えるという考え方を捨てると見える世界が変わる!

私は仕事がとても嫌いでした。 大学の時には遊ぶ金欲しさに合計で2つのバイトを経験しましたが、す

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑