もうネタ切れ!?毎日記事を書く為に必要なこと

公開日: : 仕事

5月に始めたこのブログも、5ヶ月が経過しました。

収益についてはまた別の記事でまとめるとして、これまでの記事数は137になりました。ブログで食べてくには全くもって少ない数字ではありますが、よくほぼ毎日更新できているなと自分で感心してます。

ブログは仕事の中でも気分転換的な要素が強かったり、習慣になっていたりするので、面倒だとか苦痛に思ったことはないのですが、やっぱりネタが底を尽きてくるところは頭を抱えることもあります。

そこで、自分がネタがないときに、どう絞り出しているかを記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

こういう記事は書かないというルール

とりあえず記事を書くことだけに注力するなら、最近買った物とか食べた物とかを記事にすることもできるのですが、私がそんな記事書いたところで誰も面白くないだろうと思います。

例えばラーメン食ってきたといって画像をアップしても、為になるのは一度もその店に行ったことがなく、これから行こうと思ってる人くらいです。

その他の人はそのラーメンを食べれるわけでもないし、余程のラーメン好きでなければいらない情報でしかありません。

そしてラーメンを食べただけなのに、面白おかしく文章を組み立てる術が私にはありません。

というわけで、私が記事を書くときは、限定しないで幅広く書いてはいますが、面白くないものは書かないというルールを決めています。

ネタがないときにすること

私がこれ書きたいと胸に思いを閉じ込められてるときは、何も考えずに記事にしていますが、毎日そういうわけにもいかず、もぬけの殻状態のときもあります。

そんなときにやることを挙げてみます。

他から刺激を受ける

何かいきなり話せと言われて話せる人は少ないと思いますが、何かしらテーマを示してもらえればそれなりに話せるようになると思います。それと同じ原理で、まずニュースや他の方のブログを見るようにします。

外出もせず手軽に刺激を受けることができるので、それに対して自分の考えなどをまとめていくと、記事になるときが多々あります。

ただ、これをやり過ぎると他のメディアをトレースしているだけになってしまうので、ほどほどにしています。

会話から探す

実は、友人や妻との会話の中からネタを探すことが多いです。

くだらないことを話しているときもありますが、意外と記事にできるような真面目な話しもしています。

既に他人と意見を交えているので、客観的な記事になりやすかったり、話す段階で自分の考えが整理されてたりするので、とても書きやすいです。

諦める

考えても思い浮かばないときは、もう諦めた方が良いです。

他の仕事にも影響でてきますし、無理に書いても面白いはずがありません。

なので、一旦時間をおいて夜に考えてみたりします。

身体動かしていたりするとふと思い浮かぶなんてこともあるので、あまり気を詰めて考えるのはよくないのかもしれません。

まとめ

いずれにしても、普段からアンテナを張って生活することがブログを続けるコツだと思います。

そして、毎日何かを変えてみて刺激を受けるというのも大切です。

特に意味はありませんが、お風呂にアヒルさんを浮かべてみるとか。もしかしたら何か思い浮かぶかもしれないので、とりあえず変えてみたり、やってみることです。

もしくはブログのテーマを本の紹介のような代謝のいいものにするとかだったらネタには困らないのかもしれません。

ブログで生活していくつもりがなくても、まともなメディアにするには数千記事が必要になってきたりするので、気が向いたら書く程度では成長していきません。

本来は1日に何記事も書いた方が良いですけど、せめて1日1記事のペースは守っていきたいですね。

スポンサード リンク

関連記事

基準は何?仕事選びで軽視されやすい最も大切なこと!

私がアプリ開発者になる前は、基幹会計系のプログラムを組んでいたという話は何処かで軽く書いたかと思いま

記事を読む

出世したいなら必読!求められる人になるにはどんな仕事をするべきか?

仕事と一言でいっても業種など様々で『やること』は大きく違ったりします。 肉体労働はキツいからデ

記事を読む

お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありまし

記事を読む

「ツレがうつになりまして」をみて思うこと。鬱にならない為に大切なこと。

ちょっと気になっていた映画があったのですが、それがなんとAmazonプライムビデオのリストにあるじゃ

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

安定した企業に就職することがベストなのか?本当の安定志向とは?

自分もそうでしたが、就職活動で大勢の人が安定した企業に入りたがります。 業績も良くて、向こう何

記事を読む

仕事と趣味の境目がなくなる?アプリ開発者はたくさんアプリで遊ばないといけない話

個人でアプリ開発をする場合は、プログラムだけでなく企画もしなくてはいけません。 当然作りたいも

記事を読む

セミナーって意味あるの?初めてビジネススクールに参加して感じた違和感

ビジネススクールとやらに参加してきました。 最近、外で人に会ったりする機会が多くて何となく仕事

記事を読む

面白いゲームとは何なのか?アプリを作って感じる3つの要素

昔からゲームが好きで色んなタイトルを遊んできました。 ジャンルもRPGからシューティング、格闘

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑