我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

公開日: : 育児

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。

そんな私はSONYのRX-100というカメラを購入(正確にはお祝いで頂いた)のですが、個人レベルでは十分すぎる性能で満足しています。

これは買い!?良いカメラが欲しいと思ってる貴方にオススメの最強デジカメ「ソニーRX100」
最近はスマホのカメラが高性能化し、手軽にメールやLINEで送信できるので、カメラをわざわざ買う人は少なくなってきているかもしれません。 でもやっぱり子供が産まれたり、ちょっと

でもやっぱりプロの写真には敵わないというのは感じています。

そんなわけで、戌の日などの節目にはスタジオアリスに行って家族写真を撮ってたりしてるんですが、スタジオとは別でプロに写真を撮ってもらえる良いサービスを見つけてしまいました。

 

子供がモデルに?




キッズ時計

キッズ時計をご存知でしょうか?

美人時計みたいな感じの、子供が時間を知らせてくれるサービスです。

そしてそのモデルを募集しているんですね。

少し前にGAPでもキッズモデルの募集がありましたが、あれは日本で各部門10人、計40人しか最終選考に残れない倍率の高いものでした。

2015 GapKids & babyGap モデルコンテスト

今回も選考はありますが、時計だけあってモデルの数も相当数必要なので、倍率はかなり下がっているはずです。

仮に当選すると、下記のようなメリットがあります。

  • プロに無料で写真を撮ってもらえる
  • 子供の成長記録になる
  • モデルデビューのきっかけになる

さすがにモデルとしてデビューしたいとまで思わなくても、かわいい子供の写真を残せるチャンスなので応募してみてはいかがでしょうか?


注意点

ここまで良いことばかり書いてましたが、注意点もあります。

漏れがあるかもしれませんが、私が説明を読んで気になるところをまとめてみました。

  • KUMONとのコラボへ応募する場合は、親子のどちらかが公文学習者・経験者であること
  • 必ず当選するわけじゃない
  • 撮影会場までの交通費は実費
  • 撮影は無料、でもデータや現像写真は有料(公開後に待ち受け・ブログ用のデータはDLできる)

 

一番大きなハードルになるのは公文経験者ってところですね。

そうでない場合は、からあげくん持って、ローソンコラボへ応募するしかないです。

なので公文経験者であればKUMONコラボの方が倍率は低くなりそうなので狙い目ですね。

 

まとめ

スタジオのようなプロ仕様のカメラで撮った写真はやっぱり違いますよね。

普段はなかなか機会がありませんが、こういったサービスを利用して写真を残しておくのも記念になるので良さそうです。

全国各地で撮影会をやっているみたいなので、是非チャレンジしてみてください。


スポンサード リンク

関連記事

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

子供を連れて旅行へ!!気になることを3つまとめてみた

今週末は神戸へ行ってきました。 自分の予定ではなく妻の予定です。いつも連れまわしている身なので

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑