私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

公開日: : 仕事

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。

もともと私は新卒で大手SIer企業に就職し、数年で色々な理由から零細企業に転職しました。

と思ったら、その1年後に退職し、独立して今に至ります。

ちなみに、会社を辞めた大きな理由の一つが、アプリ開発をしたいということでした。

自分でも分かっていたことですが、アプリ開発なら独立しなくても転職でアプリを開発している企業に雇ってもらえば良かったかもしれませんし、その方がレベルの高い技術を覚えられたかもしれません。

しかし、今改めて振り返っても、転職という道は選ばなくて良かったと思っています。

今回はその理由について書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

SIerとしての経験

やりたいことがあって大手SIerに入社したわけではありませんでしたが、プログラムには興味があり、なおかつ学生時代からHTMLの知識は持っていたので、Webの知識を深めたいと思っていました。

しかし、任された仕事はWebではなく、むしろ途中からプログラマーでもなくなりました。

もちろん、やりたいことは上司にアピールしていましたし、そうなるよう上司も計らってくれていたみたいですが、会社の状態や案件の関係上、叶うことはありませんでした。

この経験から、企業に勤めているとやりたいことから遠ざかってしまうということが当たり前のように起こるということを身にしみて感じていました。

さらに・・・

プログラマーとしてではなく、システムエンジニアとしての仕事もそれなりにやりがいは感じていたのですが、決定的に運が悪いと、後ろ向きの作業ばかりする羽目になるということを経験しました。

後ろ向きの作業というのは、不具合の修正やお客さんのサポートみたいな仕事で、何かをクリエイトしているわけでもなく、ただの尻拭い的な感覚の仕事です。

決して、打ち合わせしてシステムをどうやって構築しようとかそういうものではありません。

働いていて、仕事の内容に不満があったわけではありませんが、ワクワクしないというのが決定的でした。

アプリ開発する企業に就職して起こり得ること

やりたいことが明確になっていれば、就職する企業も選びやすいとは思いますが、SIerとしての経験があったので、組織としてアプリ開発をすることにはどうしても抵抗がありました。

ぱっと思いつく懸念を挙げるとすると

  • 使いたい言語を使えない
  • 使いたい開発ツールを使えない
  • 作りたいアプリを作れない
  • 新しいアプリ開発ができるわけではない
  • アプリ開発に携われない

です。

会社の方針や役割があるので、例えばUnityを覚えてみたくてもXcodeしか使えなかったり、アプリのアイデアがあったとしても稟議を通さないと開発が出来なかったり。

また、既にリリースしたアプリの不具合修正ばかりやらされたりするかもしれません。

もっと言えば、会社の経営が傾いてアプリ事業から撤退となったらアプリ開発自体が出来なくなります。

メリットももちろんあるのですが、独立していたら当たり前のように出来ることが、組織の中では出来ない可能性があるのです。

こればかりは入社してみないと分からないですし、良い会社に巡り会うための労力を考えたら、独立した方が夢に近づけるわけです。

やりたいことが明確なら独立するのもあり!

何が言いたいかというと、殆どの人が就職してやりたいことをしようとしますが、効率が良くありません。

それよりも独立して自分のやりたいようにやった方が、夢が叶う可能性が高いかもしれません。

同じアプリ開発者の方でも、誰もが知ってるいるゲーム会社を退職して個人で開発されている方もいるくらいなので、独立しないと出来ないということもあるのだと思います。

必ずしも独立の方が良いというわけではありませんが、やりたいことが明確で、アプリ業界などのように個人でも戦えるプラットフォームが確立されているのであれば、組織に属さず夢を追いかけるのもありなんじゃないかと思います。

まとめ

私のようにゲーム業界を全く知らない状態だと、一度就職して経験を積んだ方が良いという考え方もあるかもしれませんが、一人でアプリを作ってリリースするという経験を積んだ方が得られるものは大きかったのではないかと思います。

両方を経験したわけではないので比較はできないのですが、今まで企業で勤めた数年より短期間で成長できたいという実感が強いのであながち間違いではないと思っています。

とはいえ、就職するとビジネスマナーだとかそういったものが研修で教えてもらえたりするので、一長一短です。

ただ、独立を視野に入れている人は限りなく少ないと思うので、この記事を読んで、参考にして頂ければ幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリ

記事を読む

日本最大!?の開発者イベントに参加してみた話

日本全国から開発者が集う『あぷまがないと』に参加してきました。 今回で3回目となるこのイベント

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サ

記事を読む

知らないと損!自己都合を会社都合に変更して失業保険をすぐ受け取る方法

新卒からずっと同じ企業で働いていると、会社の常識は身につくかもしれませんが、社会の常識は身につきませ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑