友人を選ぶべき?独立すると話しがつまらなくなると感じる話し

公開日: : 仕事

連休というのもあって、最近は人と会うことが多くて開発が進んでません。

感覚的には仕事できてないなーと思ってしまうのですが、人と会うのも仕事と割り切ってます。

もちろん、会う人によっては仕事に繋がったりすることがあるので、積極的に連絡して会ったりもしているのですが、中にはそうでない人もいるのも事実です。

今回は独立してからそういったことを考えることが増えたので記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

前向きな話しになる友人

話していて面白く、モチベーションも上がる人というのは、同じ立場の人です。

私の場合は独立しているので、独立して何かしている人と話しをすると考え方が似ていたり、これからのことを話したりできて凄く盛り上がります。

独立していなくても、育児していたり、趣味が一緒だったりと共通点があれば楽しい時間を過ごせます。

といっても今は仕事に夢中になってる状態なので、どちらかというとビジネスの話しの方が楽しいというのが正直なところです。

後ろ向きな話しになる友人

昔の友人と話すときに多いのですが、仕事を辞めようかどうしようかという話しになったりするパターンです。

会社の元同僚なんかと話すと毎回同じ話しをしている気がしてきます。

こちら側としても退職した方が良いと分かっているので転職など勧めたりもするのですが、結局相手には響かずに何も変わりません。

だからといって、退屈だとかそういうことではありませんが、独立する以前と比べて自分がつまらなく感じるようになってきた気がします。

友人は切り捨てる?

明確にどういった友人に会うかによって、自分にプラスに働くのかどうかがわかるようになってきました。

損得勘定に近い考え方をすれば、後ろ向きな話ししかしない友人は切り捨てた方が良い気もします。

ホリエモンの書籍(何かは忘れましたが)でもそういった内容のことが書かれていましたが、今となっては言っている意味も分かります。

ただ私の場合は、人脈の代謝が良いわけでもないですし、切り捨てていったらきっと孤立することになりますし、単純に友人として会う時間というのも楽しめているので友人を取捨選択するようなことはしないつもりです。

 

まとめ

少し大げさな記事にはなりましたが、独立すると色々と考え方や感じ方が変わってきます。

どちらかというと世間の常識から外れているので、独立前の友人と話しがかみ合わないのは当然かもしれません。

また、自分に必ずしもプラスにならなくても、やはり友人と過ごす時間は損得勘定ではなく、単純に楽しめる時間にしていたいですし、仮に後ろ向きな考え方なら、プラスの方向へ導いてあげられるようになれたら良いなと思います。

とはいえ、時間は有限なので余程時間を持て余していない限り、優先順位などは考えていかないといけないですね。

誰の為になる話しでもありませんでしたが、独立するとそうなるんだと思ってもらえれば幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

安定した企業に就職することがベストなのか?本当の安定志向とは?

自分もそうでしたが、就職活動で大勢の人が安定した企業に入りたがります。 業績も良くて、向こう何

記事を読む

はったり上等!できることを仕事にしようとするから何もできなくなる

仕事は不思議なことに、真面目でしっかりした人ほど上手くできないものです。 仮に上手くいっている

記事を読む

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

アフィリエイトで儲けてる人から稼ぐ方法を聞いちゃいました

たまたま昔の会社の同期から名古屋に来てるのでってことで連絡があって、軽くご飯がてら会ってきました。

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

SONYタイマーは本当か?ビジネス視点から見ると疑心暗鬼になるお話

SONYタイマーという言葉をご存知でしょうか? SONYの製品は、保証期間が切れるのとほぼ同時

記事を読む

仕事の依頼なら個人が一番?企業の不正問題から考える意識の問題

少し前の出来事ではありますが、ドイツのフォルクスワーゲンの排ガス問題がニュースになっていました。

記事を読む

働き過ぎてない?5月病とかになるくらいなら休めば良いという話

G.W.の最終日には友人の結婚式があったので、久々に大学の友人が集まり色々と話すことができました。

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

事務所は不必要?私が在宅ワークを選択した理由

基本的には会社を設立すると、自宅とは別で事務所が必要になります。 しかし、バーチャルオフィスか

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑