アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

公開日: : アプリ, 仕事

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。

確かに独学でアプリを作ってるわけですので、周りからみたらどうやって学んだのか?と思うのでしょう。

しかし、私は「勉強なんてしたことないよ」と答えています。

少し意地悪な回答をしていますが、ちゃんと説明すれば納得してもらえるので今回はその意図も含めて記事にしてみたいと思います。

スポンサードリンク

勉強するって何?

study

そもそも勉強とは何でしょうか?

日常的には学習することだと捉えられていますが、私は文字通り「強いて勉める」ことだと思います。

つまり、無理やり努力することを勉強だと考えています。

例えばテスト勉強だと、やりたくはないけど、良い点を取るために努力をするという点で勉強となりますが、東京に行きたいと思って名古屋からの道順を調べるのは、誰も勉強だと思わないという感じです。

分かりにくいという方の為に補足すると、仮に東京へ行く道順を仕事か何か(例えば深夜バスの運転手とか)で強制的に覚えなくてはいけなくなった途端に、その道順を調べる行為は勉強になるという感覚です。

テストも道順も目的は違えど、どちらも目的を達成する為の行為という点は共通していて、やりたいことなのかどうかで勉強か否かが分かれてきます。

ただ、どちらにしても本人の感覚の問題なので、周りから見たら凄く努力してるように見えますし、勉強頑張っていると見えるかもしれません。

アプリ開発は勉強か?

develop

私の中では、アプリを作るのは道を調べるのと同じくらいの感覚なので勉強と思ったことはありません。

独立してからObjective-C、C#だけでなくjava言語を覚えましたし、Xcodeに加えてAndroidStudio、Unityという開発ツールの使い方も覚えました。

細かなところではもっと色々なことを学びましたが、そこに必要性を感じて自主的に学んでいるので、努力とすら思わないわけです。

これが「作りたくないもの」を「扱いたくないもの」で開発するとなったら一気にプログラミングが苦痛になりますし、全てが勉強になってしまうと思います。

まとめ

私は勉強していないと言いますが、他人から見たらひたすらデスクに向かって頭を抱えてたりするので、勉強してるように見えると思います。(時にはパズドラとかもしてますが笑)

自分の好きなことをしていれば、勉強が勉強でなくなるし、努力が努力でなくなります。さらには、その方が身につきやすいので学習効果は雲泥の差です。

サラリーマン時代は勉強しろとこっぴどく言われ続けていましたが、無理にプライベートの時間を削って勉強するくらいなら、私のように職を変えて好きなことをしていた方が幸せになれるかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

no image

これは面白い!単純で奥が深いパズルゲーム『SubaraCity』

私はアプリを作る側なので、レビューする側にはならないつもりでしたが、あまりにも良いアプリを見つけたの

記事を読む

no image

アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ開発を始めようというところに併

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

チュートリアルの作り方!伝える為に大切なことを考えてみた

草野球チームを作ろうの新作がそろそろリリースされるんじゃないかと噂されている頃合いかと思いますが、現

記事を読む

リリース直前情報!草野球チームを作ろう!レジェンドの制作秘話を公開

リリースまでのラストスパートと思って2月後半から根詰めて頑張って参りましたが、一体いつ終わるんだとい

記事を読む

はったり上等!できることを仕事にしようとするから何もできなくなる

仕事は不思議なことに、真面目でしっかりした人ほど上手くできないものです。 仮に上手くいっている

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

no image

草野球チームを作ろう次回作のリリースを控えて開発者の心境を語ってみる

最近はブログがおそろかになりがちですが、その理由はアプリ開発に集中しているからです。 しかし、

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑