リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

公開日: : アプリ, ニュース, 仕事

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サービスに登録する段階まで来ました。

実際に登録できるのは開発側の好きなタイミングなので今まででも可能だったのですが、予約受付開始からリリースまで期間が空きすぎると、待っていただく方々に大変申し訳ないので、少なくても1ヶ月以内にはリリースできるタイミングで私は予約するようにしています。

ということで、

iOSの方はこちら

https://yoyaku-top10.jp/u/a/MTY4MDI

Androidの方はこちら

https://yoyaku-top10.jp/u/a/MTY4MDM

から予約することが出来ます。

予約して頂くと、リリース時にお知らせが届くようになっていますので、出遅れることなくゲームで遊ぶことが出来ます。

そして、開発者である私が大変喜びます。

スポンサードリンク

予約受付が開始されて思うこと

今までは、ごく一部の方にしか公開していなかった情報が表へ出て行くわけですから、かなりソワソワします。

説明文やスクリーンショットも掲載していますが、不備はなかったか?等も気になりますし、どれくらいの人に予約されているのかがとっても気になってしまいます。

そして、どこのメディアにも取り上げられることもなく、黙々と作ってきたこのゲームに対し、Twitter上で応援して頂いたり、予約TOP10上でコメントを頂いたりしました。

ちょっと涙が出そうになりましたが、まだ何も成果としては世に出せていないのと等しいので、継続的な開発と、期待通りのクオリティにアプリを仕上げることに注力して気を引き締めて頑張っていきたいと思います。

これからリリースまでのこと

当然ながら一刻も早く待って頂いている方へアプリをリリースできるよう開発を頑張ると共に、マーケティングもしていかないといけません。

といいつつ、莫大な広告費もかける余裕もないので、地道なことしかできません。

というわけで、このブログを宣伝に使うつもりはもともとなかったのですが、背に腹は変えられないのでそういった類の記事も書いてみようかと思っています。

もちろん普通じゃつまらないので、何か面白い感じでやらせていただけたらと考えています。

実際にやるかどうかは、未定ですけどね。

まとめ

アプリの進捗記事を見て頂いたりと、心待ちにされている方へ良い報告が出来てとりあえずホッとしましたが、兎にも角にもリリースしてからが本番ですので気を抜かずに頑張ります。

応援してあげるよという方がいましたら、是非上記の予約の方をして頂けると幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

ボーナスタイム!?アプリ開発者にとって一番儲かる時期とは?

このブログやアプリの収益を確認することは日課になってます。 日課というより数時間毎に確認してい

記事を読む

言い訳が大事!?強いメンタルを手に入れる方法

社会人になると、メンタルというのは鬱になりやすいかどうかの指標でしか使われなくなっている気がします。

記事を読む

私が就職をしなかった理由。やりたいことあるなら独立もあり!?

就職活動が今年も始まったみたいなので、就職ネタを続けてみようと思います。 もともと私は新卒で大

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

草野球チームを作ろう!の次回作は今?開発者は覚悟を決めた模様。

そろそろ作成中の「草野球チームを作ろう!」の次回作の開発も目処が見えてきたので、報告を兼ねて、開発者

記事を読む

錦織圭はお金持ち!テニスが上手いだけでお金が稼げる理由を考える

今や錦織はナダルにも勝ち、次世代を担うプレイヤーとして活躍していますが、一体どれだけお金を稼いでいる

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

アプリ開発に勉強は必要ない?妻子持ちで個人開発者になった私の学習法

独立してよく聞かれる質問が、どうやって勉強してるのか?です。 確かに独学でアプリを作ってるわけ

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

資生堂ショック!?嫌なら辞めればいいじゃない。

Twitterのタイムライン見てたら、資生堂ショックとやらが随分と波紋を呼んでいるようで、適当にまと

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑