公開処刑?SMAP謝罪の違和感について考えてみた。

公開日: : よもやま話, ニュース

3.11の時も、先日のバルスでも問題なかったTwitterがスマスマ生放送でとうとう落ちました。

アクセスの集中に耐え切れず、サーバーがパンクしてしまったということですが、それだけ世間の関心が高かったということですし、優秀なTwitterのエンジニアも予想出来なかった事態だったということでしょう。

そして、その生放送をみて色んな意見が飛び交っておりますが、中でも「公開処刑」だとか、「誰に謝ってるの?」という声が結構多かったように思います。

実際、私も違和感があったのですが、こちらの記事を読んでそのもやもやが晴れました。

昨日は朝から急性胃腸炎で寝込みました。土曜日に千葉で買って帰ったホンビノス貝をスチームして食したのですが、火の通りが甘かったらしい。ホンビノスって殻が厚くて火が通りにくいの。ノロウイルスは患者がトイレで大量に放出したのが ...

SMAPが迷惑かけたとしても、社会通念上、責任者が謝るのが普通でメンバーが謝るのがおかしいということでした。

特に、

今回のことは、だれがなんといおうがジャニーズという会社の中の社内問題に過ぎない。

という部分で自分の違和感がはっきりしました。

何故なら、SMAPが口を揃えて迷惑かけたといっていますが、ここまですることでもないと感じていたからです。

もっと世間を悪い意味で沸かせている有名人もたくさんいるわけで、それに比べたら生放送までして一人一人謝るというのは大袈裟だと。

そして、どうしてここまでやったのかというと、社内では想像以上に大きな問題になっていたからでしょう。

草彅の発言を鵜呑みにするならば、この問題を何とかするために、公共の電波を利用してまで謝罪して誠意を見せたということになると思います。

逆に事務所側がやらせたことだったとしたら、これはまさに見せしめ、公開処刑ということになります。

どちらにしても、SMAPはファン宛ではなく、会社側に向けた謝罪だったということで納得ができました。

スポンサードリンク

まとめ

退職交渉で大変な思いをするとわかると思いますが、会社や事務所を辞めるというのは大変なことです。

仮にSMAPのように独立を諦めたとしても、社内では前科者のような扱いになる可能性が高く、元々事務所を離れるつもりのなかったキムタクと他のメンバーの扱いには差が出てくるかもしれません。

視聴者としては、そういった部分からの亀裂が垣間見えてしまうのが一番心配かなと思いますが、個人的には独立した後の活動に興味があったので、SMAP騒動に関しては残念な結末となりそうです。

スポンサード リンク

関連記事

アプリ開発者が教えるポケモンGOをやるなら知っておいて欲しいこと

アプリ開発者で集まることはたまにあるのですが、本名よりアプリ名やTwitterアカウントで呼び合うこ

記事を読む

iPhoneSEのSIMフリーを買ってIIJMioへのMNPする方法をまとめてみた

毎月の通信料に悩まされている方は多いかと思いますが、頑張って抑えようとすると複雑な3大キャリアの料金

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

コラボした新作アプリ「100万点差の甲子園」の予約受付を開始!

前回の記事でイラストレーターの雨本さんとコラボしようという経緯を書きました。 http://f

記事を読む

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終わりました(青井えう) htt

記事を読む

結婚はデメリットだらけ?制限されたりする中にもメリットはある!?

世の中の方々は忘年会に忙しい時期だったのかもしれませんが、それも今日(執筆12/31)で終了ですね。

記事を読む

嫁ブロック?転職を妻に反対されるor夫が転職と口に出す前に読んでおこう!

嫁ブロックという言葉があるらしいです。 転職活動において、嫁の一声で白紙に戻ってしまうという、

記事を読む

タバコを吸う人は低脳?喫煙者と全く議論にならなかったので調べてみた

子供もいるので、親孝行にとたまに実家に帰省しているのですが、ふと乗り込んだ父親の車内がタバコ臭かった

記事を読む

愛知県で最も有名な紅葉スポット「香嵐渓」に行ってみた話

私も仕事でずっと家の中にいるので、気分転換に外へ出たいなーと思うことがあるのですが、行く当てがなくて

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑