副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

公開日: : 最終更新日:2016/08/12 ニュース, 仕事

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニュースがあったので、ブログ書きます。

別の会社でも働く?「副業」最新事情

今までは副業を勧めても、個人レベルの話しかしてませんでしたし、ほとんど企業が副業を認めるメリットを書いていなかったので、考えられることを挙げてみます。

ベンチャーとかでバリバリ成長している会社であれば社員にはリソースの全てを注ぎ込んで欲しくなると思うので、副業はして欲しくないと思いますが、そこそこ軌道に乗ってて大手と言われるような会社では積極に取り入れて欲しいです。

スポンサードリンク

人材を活かしきれているか?

まず、会社に属しているわけですから、自分の裁量で仕事ができる人は限られています。

そして少なくても会社の方針に従わなければいけないので、スキルや能力を発揮できていない社員というのは山ほどいると思います。

 

仮に社員に何かの才能があったとしても、会社から与えられた仕事で成果を出さないことには出世できないわけですからいつまでも底辺社員となるわけです。

どうしてこんな状態が起こってしまうかというと、ほとんどの人が自分を理解しないまま就職活動で働く場所を決めてしまうからです。

しかも転職に抵抗があったりするので、尚更自分を活かすことができません。

会社側も、どんな優秀な社員が隠れていたとしても知る術がないわけで、お荷物だと思っていることも十分にあり得ます。

副業を把握して才能を吸収できる

会社が副業を認めるとどうなるか?

もちろん副業するときにはどんな副業をするのか?利益は出ているのかを把握する必要があります。

お荷物だと思っていた社員が、副業で成功することだって十分にあります。

それさえわかれば、その社員の活かし方がわかるはずです。

プログラムが苦手でどうしようもなかった社員でも、副業で成功しているならそれに沿った業務をさせれば見間違える働きをするでしょう。

仮に社員の副業が軌道に乗るようだったら、会社として支援して事業を吸収したりすることも可能です。

下手に社員を縛り付けておくことは会社の可能性も縛り付けることになるわけです。

働く意識が180度変わる

私も経験しているのですが、サラリーマンをしていたころは全く経営者の目線で考えられていませんでした。

副業、そして独立したことで経営者になり、人を雇うことのリスクや凄さを知り、儲けることの意識が変わりました。

仮に今どこかの企業に勤めるならば、以前よりも働く意識は高く保つことが出来るだろうし、働き方も変わるはずです。

会社が副業を認め、社員が積極的に自分で事業を始めることで意識が少なからず変わるはずです。

儲けることがどれだけ大変か。給料を貰えることがどれだけありがたいことか。ましてや賞与なんて貰えるとか恵まれていると感じてもらえるでしょう。

中には副業にのめり混んで退職からの独立する人もいるかもしれませんが、それ以上にメリットは大きいはずです。

会社のイメージが上がる

冒頭の記事の中にも副業を認める企業は3.8%と書かれているくらい少ないわけですし、大手が認めただけでニュースになるくらいです。

副業を認めることで、クソみたいな会社だなと思う人は流石にいないと思うので企業イメージは間違いなく上がります。

商品が売れることには結びつかないかもしれませんが、良い人材が集まってくるはずです。

働く企業を選ぶときに副業を認めているとなれば、何となく働きやすそうなイメージを持つと思います。よっぽど企業のパンフに御託を並べて、社員の証言をとってアピールするより効果的です。

まとめ

副業は何と言っても安定します。

働く側にも雇う側にもメリットが大きいと思うので、どんどん広がって欲しいと思います。

そうすれば、副業を認めない会社=ブラック企業という基準が明確に出来るはずなので、就活生も間違わないし、ブラック企業が自然に消えていきます。

まぁ、世の中ブラック企業で溢れかえっているので、そう簡単には広がらないと思いますが。

 

スポンサード リンク

関連記事

プライベートが大事!?新入社員の意識調査で初の逆転現象

昨日の新聞の記事にありましたが、今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するのかアンケートを

記事を読む

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

社会人になる前に!残りの学生生活はこう過ごそう!

残りあと少しで社会人。 就職活動でどこかに内定を貰っていれば、年越しはゆっくり過ごせた方も多い

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

仕事を好きになるには!?働くとお金が貰えるという考え方を捨てると見える世界が変わる!

私は仕事がとても嫌いでした。 大学の時には遊ぶ金欲しさに合計で2つのバイトを経験しましたが、す

記事を読む

お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありまし

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

要は運次第!就職活動の難しさを痛感した話

タイトルに痛感とありますが、私の実体験ではありません。 面識はないのですが、有名なアプリ開発者

記事を読む

スポーツを長く続けるコツはやっぱり気持ち!「草野球チームを作ろう!」の開発秘話も!

草野球を舞台にしたゲームを作るだけあって開発者の私も草野球をやってるわけですが、その集まりのバーベキ

記事を読む

転職する時の為にやっておいた方が良いこと

私は転職した経験があるのですが、その時一番感じたことが、自分が誇れる経歴って何だろうということです。

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

個人開発で横の繋がりが重要だと思うわけ

横の繋がりっていうのは、簡単にいうと同業他社との繋がりですね。

Atmoph Window2が届いたので良いこと悪いこと全部書いてみた

かなり前から気になっていたAtmoph Window2が手に入ったの

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑