副業を認めると会社にはこんなにもいいことがある!

公開日: : 最終更新日:2016/08/12 ニュース, 仕事

私のブログではよく副業というキーワードが出てくると思いますが、大手のロート製薬が副業を認めるというニュースがあったので、ブログ書きます。

別の会社でも働く?「副業」最新事情

今までは副業を勧めても、個人レベルの話しかしてませんでしたし、ほとんど企業が副業を認めるメリットを書いていなかったので、考えられることを挙げてみます。

ベンチャーとかでバリバリ成長している会社であれば社員にはリソースの全てを注ぎ込んで欲しくなると思うので、副業はして欲しくないと思いますが、そこそこ軌道に乗ってて大手と言われるような会社では積極に取り入れて欲しいです。

スポンサードリンク

人材を活かしきれているか?

まず、会社に属しているわけですから、自分の裁量で仕事ができる人は限られています。

そして少なくても会社の方針に従わなければいけないので、スキルや能力を発揮できていない社員というのは山ほどいると思います。

 

仮に社員に何かの才能があったとしても、会社から与えられた仕事で成果を出さないことには出世できないわけですからいつまでも底辺社員となるわけです。

どうしてこんな状態が起こってしまうかというと、ほとんどの人が自分を理解しないまま就職活動で働く場所を決めてしまうからです。

しかも転職に抵抗があったりするので、尚更自分を活かすことができません。

会社側も、どんな優秀な社員が隠れていたとしても知る術がないわけで、お荷物だと思っていることも十分にあり得ます。

副業を把握して才能を吸収できる

会社が副業を認めるとどうなるか?

もちろん副業するときにはどんな副業をするのか?利益は出ているのかを把握する必要があります。

お荷物だと思っていた社員が、副業で成功することだって十分にあります。

それさえわかれば、その社員の活かし方がわかるはずです。

プログラムが苦手でどうしようもなかった社員でも、副業で成功しているならそれに沿った業務をさせれば見間違える働きをするでしょう。

仮に社員の副業が軌道に乗るようだったら、会社として支援して事業を吸収したりすることも可能です。

下手に社員を縛り付けておくことは会社の可能性も縛り付けることになるわけです。

働く意識が180度変わる

私も経験しているのですが、サラリーマンをしていたころは全く経営者の目線で考えられていませんでした。

副業、そして独立したことで経営者になり、人を雇うことのリスクや凄さを知り、儲けることの意識が変わりました。

仮に今どこかの企業に勤めるならば、以前よりも働く意識は高く保つことが出来るだろうし、働き方も変わるはずです。

会社が副業を認め、社員が積極的に自分で事業を始めることで意識が少なからず変わるはずです。

儲けることがどれだけ大変か。給料を貰えることがどれだけありがたいことか。ましてや賞与なんて貰えるとか恵まれていると感じてもらえるでしょう。

中には副業にのめり混んで退職からの独立する人もいるかもしれませんが、それ以上にメリットは大きいはずです。

会社のイメージが上がる

冒頭の記事の中にも副業を認める企業は3.8%と書かれているくらい少ないわけですし、大手が認めただけでニュースになるくらいです。

副業を認めることで、クソみたいな会社だなと思う人は流石にいないと思うので企業イメージは間違いなく上がります。

商品が売れることには結びつかないかもしれませんが、良い人材が集まってくるはずです。

働く企業を選ぶときに副業を認めているとなれば、何となく働きやすそうなイメージを持つと思います。よっぽど企業のパンフに御託を並べて、社員の証言をとってアピールするより効果的です。

まとめ

副業は何と言っても安定します。

働く側にも雇う側にもメリットが大きいと思うので、どんどん広がって欲しいと思います。

そうすれば、副業を認めない会社=ブラック企業という基準が明確に出来るはずなので、就活生も間違わないし、ブラック企業が自然に消えていきます。

まぁ、世の中ブラック企業で溢れかえっているので、そう簡単には広がらないと思いますが。

 

スポンサード リンク

関連記事

友人を選ぶべき?独立すると話しがつまらなくなると感じる話し

連休というのもあって、最近は人と会うことが多くて開発が進んでません。 感覚的には仕事できてない

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

ブログ始める方必見!長くブログを書き続けるコツをまとめてみた

まだブログを何年も続けてるわけじゃありませんが、ほぼ毎日更新できていているのでこれからも続けられそう

記事を読む

【独立のメリット?】独立して何が一番変化したのか考えてみた

今まで会社辞めて独立して、良かったこととか悪かったことをブログでまとめたことはなかったのですが、独立

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

知らないと損!自己都合を会社都合に変更して失業保険をすぐ受け取る方法

新卒からずっと同じ企業で働いていると、会社の常識は身につくかもしれませんが、社会の常識は身につきませ

記事を読む

面白いゲームとは何なのか?アプリを作って感じる3つの要素

昔からゲームが好きで色んなタイトルを遊んできました。 ジャンルもRPGからシューティング、格闘

記事を読む

イチローから学んで良いこと悪いこと。

イチローが大記録を打ち立てようとする度に偉大な人だなと思うのですが、書籍や番組などでも散々取り上げら

記事を読む

できる人になるには?できない人との差は語彙力!

できる人の定義って何でしょうか? 私は問題解決能力が高い人だと思っています。 この問題と

記事を読む

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑