SONYタイマーは本当か?ビジネス視点から見ると疑心暗鬼になるお話

公開日: : 仕事

SONYタイマーという言葉をご存知でしょうか?

SONYの製品は、保証期間が切れるのとほぼ同時に製品の寿命が来るように設計されているという都市伝説です。

もっと丈夫に作る技術があるのに、あえて壊れやすい部品を使っていたりしているという説なのですが、はたしてこれは本当でしょうか?

ビジネスの観点から考えてみたいと思います。

 

企業は利益を求める

ビジネスというと何か崇高な感じがしますが、要は利益を出すために活動しているというのが根本にあります。

これを前提にすると、当然SONYタイマーは存在すると考えられます。

保証期間を狙っているかは知る術もありませんが、利益を追求するなら製品はある程度壊れてもらわないと需要が減ってしまうわけです。

仮に一生使える電球が製造可能だったとしても、世に出してしまうと近い将来に電球が売れなくなる世の中になってしまうので、電球を売る会社は抵抗するわけです。

SONYに限らず、似たようなことをどこの企業だってやっていると考えるのが普通です。

 

ちなみに私が勤めていたシステム会社も、不具合に近いレベルのものを知りながら納品し、後々にカスタマイズと称してお金を請求しながら修正するというやり方もしてました。

これは自分の知っている上司だけだったのかもしれませんが、利益を追求していると人としてどうなのってことを裏ではやられてる可能性があるということですね。

 

世の中の役にたつ?

どんな企業も、表向きは何かに貢献したり暮らしを豊かにだとか謳っていますが、矛盾してるとも捉えることができます。

さきほどの例のように、一生使える電球を売った方が間違いなく便利だし世界は豊かになるはずなのです。

しかし、己の利益のためにやらないわけですから、何だかんだ言って自分を一番優先してるってことですね。

一見、客がいかにも得するようなキャンペーンだったり、無料と宣伝しているものも、利益を出すための一環なわけですから、無料じゃないどこかでその分のお金が取られているということですね。

良い例なのが携帯で『実質無料』と宣伝していますが、無料にした分は全て通信費で徴収しているだけで、キャンペーンどころか1円たりとも安くしていないパターンがこんなにも身近にあるくらいです。

『タダより高いものはない』と言われるのも納得です。

 

まとめ

ビジネスの観点で考えていくと、色々と黒い部分が見えてきて、信用できなくなってきてしまいそうです。

しかし、消費者を騙そうとする企業が存在している一方、中には双方に利益の出るようなWin-Winの関係を築こうとする企業もあります。

消費者としてはもちろん後者の企業を利用していきたいものですが、その為にはビジネスの観点で世の中の製品やサービスをみていく必要があるわけです。

そうすると、CMでのイメージや企業の大きさがどれだけあてにならないか分かってくると思いますし、賢い消費者になることができます。

ただ、人によって向き不向きがあるので、あえて考えないようにするという手もあるとは思います。

知らぬが仏というように、知ってしまうと損した気分になったり悔しい感じがするので、精神衛生上よくないという一面もあります。

 

そういえば、最近買ったSONY製品といえばカメラ(RX-100)がありますが、タイマーがタイミングよく発動しないことを祈るばかりです。

スポンサード リンク

関連記事

私が暇な会社を辞めたわけ。激務と退屈を両方経験して思うこと。

フリーで活動なんかしていると、どのような経緯で今に至ったのか興味を持たれることがあるので、どうして転

記事を読む

はったり上等!できることを仕事にしようとするから何もできなくなる

仕事は不思議なことに、真面目でしっかりした人ほど上手くできないものです。 仮に上手くいっている

記事を読む

安定した企業に就職することがベストなのか?本当の安定志向とは?

自分もそうでしたが、就職活動で大勢の人が安定した企業に入りたがります。 業績も良くて、向こう何

記事を読む

田中将大は安定志向?ただの競馬好き・アイドル好きではない!?

マー君こと田中将大投手が有馬記念関連の番組に出演するとか何とかというツイートがありました。 今

記事を読む

ブログはオススメ!稼げなくてもこんないいことがあるよ!

ブログを書くことが習慣になったことで、日常生活にも良い影響が出てきた気がします。 稼げる稼げな

記事を読む

言い訳が大事!?強いメンタルを手に入れる方法

社会人になると、メンタルというのは鬱になりやすいかどうかの指標でしか使われなくなっている気がします。

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

お金を稼ぐなら何がいい?副業を選ぶときに大切なこと教えます

今は専業という形でアプリを開発している私ですが、もともとは勤めながらアプリを作っている時期もありまし

記事を読む

フリーだけど朝活してみたら思ったよりしっくりきた

先月、朝型の生活を試してみようということで、こちらの記事を書きました。  

記事を読む

眼帯勉強法?仕事を永遠に続けられる裏技

アメトーークという番組をご存知でしょうか? 芸人がとあるテーマについて語る番組なのですが、家電

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑