アプリ開発者のジレンマ!ブーストって裏切り行為?

公開日: : 最終更新日:2015/08/02 アプリ

ここ最近はブーストに対して世間で騒がれ始めています。

私も過去に記事を書いていますが、その反響はランキングの正常化に貢献できたかどうかもわからないレベルでした。

AppleはGoogleには敵わない!?AppStoreの腐敗とその原因(その1)
私がアプリ開発者だからなのでしょうか?以前よりAppStoreを眺める時間が極端に減りました。 市場調査的な感じでたまーに開くことはあるのですが、面白いアプリや便利なアプリを

 

しかし、やはり書く人が書けば世に与える影響力が違いますね。

ニュースアプリ「Gunosy」など著名アプリにおいて、ダウンロード数を水増しする目的と見られる大規模なリワード広告がAppBank「mixi 公認 モンスト攻略」にて行われていたことが分かりました。

 

この記事から一気に火がつき、大きなメディアでもブーストについて取り上げられるようになった印象です。

私の解釈はブーストは規約違反であり、ランキングが操作されれば、ユーザーにもメリットはないということから反対派です。

しかしながら、経済学的には自分の利益を最大化することが市場を浄化するという考えもあり、少しもやもやとした部分もありました。

が、とある記事を読んで腑に落ちた部分がありました。

その記事の中には、

誰か1人が100万円かけてランキングトップに躍り出れば、その人は短期的には得をするかも知れませんが、皆がお金を張り出した時点で、儲かるのは広告会社だけになる。全員がズルをしなければ、広告代かからなくてみんな平和ですよね。 操作されるランキング、僕ならこう戦う -日経ビジネス

とありました。

まさにこれは『囚人のジレンマ』なのではないかと思ったわけです。

囚人のジレンマとは、ゲーム理論や経済学における重要概念の一つで、「互いに協調する方が裏切り合うよりもよい結果になることが分かっていても、皆が自身の利益を優先している状況下では、互いに裏切りあってしまう」というようなジレンマを指す。 囚人のジレンマ -Wikipedia

そもそも、これも経済学の概念らしいのでアプリ界も例に漏れずといったところでしょうか。

囚人のジレンマは、囚人の司法取引を例に分かりやすく説明されることが多いのですが、面白そうなのでアプリ界に置き換えてみました。

 

アプリ開発者のジレンマ

アプリを売って儲けたいと考える開発者AとBがいました。

そこで、広告代理店は以下のような条件を提示しました。

  • もし、開発者2人ともがブーストを行わなかったら、実力に見合った利益が得られる
  • しかし、2人のうち1人だけがブーストすれば、そいつはすぐにランキングを駆け上がり利益を得られる。逆にブーストしなかった方は、全く利益が得られない
  • ただし、2人ともブーストした場合、ブーストした金額に見合っただけ(もしくはそれ以下)の利益しか得られない

開発者AとBは互いに強制力のある合意を形成(ブーストしないことを契約する等)できない状況に置かれているとする。

この場合は、2人ともブーストしない方が無駄なお金を使うことなく、利益を得ることができる可能性があるにもかかわらず、どちらもブーストしてしまうことになります。

どちらかの立場になったときに、相手にブーストされるという疑念がある以上、こちらもブーストするのが最適な選択となってしまい、それは相手側にも同じことが言えるわけで、このような状況になってしまいます。

 

協調するという道

開発者ってこれだけ広告代理店に踊らされてるんですね・・・

ブーストは囚人のジレンマでいう裏切り行為にあたるわけですが、警官の立場である広告代理店が積極的に裏切り行為を促してくるというところに司法取引とは違う闇が垣間見えます。

しかしこの囚人のジレンマ。実は複数回行われる場合は結果が異なってくる場合もあるようです。

試行回数が有限であれば、囚人は必ず裏切るんですが、無限回の場合は協調する可能性があります。

最初の自分の行動から今後に得られる利益を期待値で計算すると、協調した方が得するという場合があるようです。

これがいわゆる談合というやつらしいですが、アプリ業界でいうと、すでに裏切りが発生してしまっているので、協調するという選択肢はもうないのかもしれません。

 

責任を転嫁するのはどうなの?

広告代理店はとりあえず置いておいて、開発者がブーストしてしまうというのは囚人のジレンマから考えると仕方がないといえるのかもしれません。

しかし、この状況を作り出したのは「プラットフォーマー(Apple、Google)が悪い」という意見もあるようです。

私にはただの責任転嫁に聞こえるのですが、違和感を持った人は他にもいると思います。

誰かが包丁で人を刺したとして、包丁作った会社が悪いって言ってるのと同じじゃないですかね?

その会社は人刺すなって規約で言ってるのにも関わらず、刺せるようになってるのがダメだろ。必要悪なんだって。

さすがにこの例は犯罪になるので極端かもしれませんが、プラットフォーマーに期待はしても責める気には私はなれません。

スポンサード リンク

関連記事

新作アプリ「私を甲子園に連れてって」の制作秘話など書いてみた

先日、変な人に絡まれてから数日経ちましたが、不用意に外出しないという教訓を活かし, ひたすらテ

記事を読む

チュートリアルの作り方!伝える為に大切なことを考えてみた

草野球チームを作ろうの新作がそろそろリリースされるんじゃないかと噂されている頃合いかと思いますが、現

記事を読む

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。 無観客で開催するとかの案も出

記事を読む

これってパクり!?そんなアプリが量産されているのでアイデアの出し方をまとめてみた

個人のアプリ開発者にとって、アイデアは生命線ともいえる要素の一つです。 何か目を引くアイデアで

記事を読む

アイコン・ウォール広告の終焉?その前に試してほしいこと

今アプリ開発者のネットワークで話題になっているのが、アイコン広告・ウォール広告を表示するSDKが含ま

記事を読む

開発者の新年会に参加してみて感じたメリットをまとめてみた

アプリ開発者の新年会とやらが開催されるということで、東京まで飲みに行ってきました。 関東には妻

記事を読む

仕事と趣味の境目がなくなる?アプリ開発者はたくさんアプリで遊ばないといけない話

個人でアプリ開発をする場合は、プログラムだけでなく企画もしなくてはいけません。 当然作りたいも

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

【画像あり】「草野球チームを作ろう!」次回作の一部を公開!ユーザーの要望に応え新機能盛りだくさん!

「草野球チームを作ろう!」のiOS版リリースが2月中旬。Android版が5月末。

記事を読む

no image

これは面白い!単純で奥が深いパズルゲーム『SubaraCity』

私はアプリを作る側なので、レビューする側にはならないつもりでしたが、あまりにも良いアプリを見つけたの

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑