プライベートが大事!?新入社員の意識調査で初の逆転現象

公開日: : ニュース, 仕事

昨日の新聞の記事にありましたが、今春の新入社員に仕事とプライベートのどちらを優先するのかアンケートをとったところ、プライベート派(50.3%)が仕事派(45.1%)を初めて上回ったそうです。

これ自体ゆとりだからどうとかいうつもりはなく、そういう時代なんだなというように感じました。

また、会社に属していた時、経営者と社員では温度感が違っていたことを思い出しましたが、これからの会社経営で社員に求められてくるものが変わってくるんだということを表す良いデータかなとも思います。

 

経営者の価値観

東京で勤めてた時の会社の社長は70代で、お金が大好きでした。

それは育った環境が、お金がなくて我慢しなくてはならないことが当たり前で、お金があれば幸せになれると本気で信じているからでした。

気分で社員一人一人に1万円を配りだしたりと、とにかくお金を渡せば満足してもらえると思っていました。

 

経営が苦しい会社が多い中で、社長のご機嫌とりさえすればポケットマネーが手に入る良い会社(?)ではあったのですが、そんな社長も頭を悩ませていることがありました。

それは、社員が辞めていってしまうということでした。

社長からしてみれば、これだけお金を出してて、採用の時も想いを同じくしてるのに何故なんだ!といった感じらしいです。

これを聞いた時、自分も辞めようと思ったことは言うまでもありません。

社員が不満に思っていることを全く理解できておらず、原因がわからなければ問題は永遠に解決されることがないからです。

 

社員が求めていたこと

社員が辞めていく本当の理由は、プライベートの時間がなさすぎるからでした。

とにかく激務でしたので、土日も家族と過ごせない・子供が産まれても毎日残業せざるを得ない環境を重く捉えて転職する人がたくさんいました。

もちろんキャリアアップなどが理由の人も中にはいますが、私の知る限りでは激務を理由に挙げる人が本当に多かったです。

 

経営者と社員の温度感

今の社員(若手から中堅)が育った環境は、ある程度のものは与えられてきた世代です。

お金があれば、それで幸せだと思っていません。

そこが経営者と社員との間で大きく違っていました。

 

私もフリーの身ですので、毎月社員に給料を支払っていくことがどれだけ大変なことか理解はできています。

しかし、多くの社員はそんなことは知りません。

給料は貰えて当たり前、プライベートの時間もしっかり確保したいと思うのが今の社員の価値観です。

この話は、社員は労働力を提供する見返りを求めますが、経営者がそれを理解していないと関係が崩れてしまうということの良い例ではないかと思います。

 

まとめ

人を雇う側の人間は少ないと思いますが、社員の価値観を知らないことには人材の流出は抑えられません。

逆に経営者が社員の価値観を理解していない場合は、ずっと労働環境が改善されないままになります。

この仕事が終わったら落ち着くはずと思ってもなかなかそうならないという会社に勤めてる方は、経営者の考え方を確認してみてはいかがでしょうか?

会社を変えるにはトップを変えるしか方法はないので、それが叶わない場合は転職を視野に入れた方が良いでしょう。

スポンサード リンク

関連記事

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

ポケモンGO Plusを手に入れるならAmazonがチャンスかも!?

私も細々とポケモンGOはやっていますが、9月の発売日には完全に乗り遅れたためにポケモンGO Plus

記事を読む

あなたは大丈夫?東芝リストラに思う本当の安定とは?

普段は諸事情(テレビがない)があってテレビは見ないのですが、先日妻の実家に帰省していた時に気になるニ

記事を読む

退職金を当てにして辞めるのは愚策!退職勧告受けるくらいなら企業にしがみつけ!

ブログやアフィリエイトをしている方なら誰もが知っているだろうAdwordsというグーグルのサービスが

記事を読む

絶歌を買うとどうなるか?お金の動きを考える

巷では18年前の事件の加害者の手記が話題となってます。 炎上することも計算されてのマーケティン

記事を読む

SMAP解散の本当の理由?どうしてグループを抜けてしまうのか?

私はTwitterのタイムラインを見ていて知ったのですが、初めはガセか何かと思いました。でも本当に解

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

仕事と趣味の境目がなくなる?アプリ開発者はたくさんアプリで遊ばないといけない話

個人でアプリ開発をする場合は、プログラムだけでなく企画もしなくてはいけません。 当然作りたいも

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑