マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

公開日: : よもやま話, ニュース

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。

球団側がポスティング制度を利用した挑戦を容認したみたいですね。

メジャーを視野に入れていたのは4年も前だったこともあり、本当に実現する時が来るのか心配でしたが来年には彼の夢が叶いそうです。

日本を代表するような投手が海外へ流出してしまうこと自体はNPBにスター選手が減ってしまい、人気もレベルも低下してしまうことに繋がりかねないので、手放しで喜べることではありません。

しかし、選手自身が自分の力を試してみたいという気持ちを持っているなら、ファンは背中を押してあげるべきだと思いますし、挑戦した選手がメジャーで活躍することは、NPBにも貢献することになると思うので良いことだと思います。

今回はマエケンのメジャー挑戦について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

実績は十分!?

最近のNPBからメジャーに挑戦した選手の中で十分に通用していると考えられるのが、ダルビッシュ、マー君、黒田、岩隈、上原あたりでしょうか。

NPB時代の成績を並べてみると

ダルビッシュ(7年):176登板 1268.1回 93勝38敗 防御率1.99 完投55 完封18 被本塁打58 奪三振1250

マー君(7年):175登板 1315回 99勝35敗 防御率2.30 完投53 完封18 被本塁打66 奪三振1238

黒田(11年):271登板 1700.1回 103勝89敗 防御率3.69 完投74 完封14 被本塁打182 奪三振1257

岩隈(11年):226登板 1541回 107勝69敗 防御率3.25 完投48 完封6 被本塁打109 奪三振1175

上原(10年):276登板 1549回 112勝62敗 防御率3.01 完投56 完封9 被本塁打183 奪三振1376

といった感じです。

これを参考にマエケンの成績をみてみると

前田(8年):218登板 1509回 97勝67敗 防御率2.39 完投28 完封10 被本塁打97 奪三振1233

活躍するだけの可能性は十分あるとは思いますが、ダルビッシュやマー君ほどの圧倒的な数字ではないので、言語やボールの違い、日程の過酷さ、遠征の厳しさ等のメジャーの環境に適用していけるかが重要になりそうです。

もっと積極的にメジャー挑戦させては?

挑戦すること自体はとても良いことだと思いますが、そもそもどうして夢を実現するまでに4年も費やしてしまったのか。

球団の事情など色々とあると思いますが、まだまだメジャー挑戦への壁が大きいのではないかと思います。

NPBとしても、アマチュア選手が日本のドラフトを拒否してメジャー挑戦した場合、2年間は日本の球団と契約できなくするという制約が設けられていたり、人材の流出を懸念するルールが見受けられたりしています。

確かに現在も活躍するメジャーリーガーがNPBに残ってくれていたらと考えると、見てみたいと思う気持ちもありますが、やはり日本の野球のレベルのことを考えたらブレーキにしかならないでしょう。

日本の企業に置き換えても、法律で労働者を守ろうとするあまり解雇が難しくなって、そのせいで企業が採用に慎重になってしまい、働き口を見つけるのが大変になるという構図に似ているのではないかと思います。

もっと解雇が簡単に出来るのであれば、企業も試してみようと採用したりするので、優秀な人材を確保しやすくなります。

NPBや球団においても、選手のメジャー流出に寛大になることで、より良い選手が育ちNPBで活躍してくれる可能性を増やすのではないかと思います。

昨年、広島に復帰した黒田が良い例だと思います。

まとめ

どの球団が獲得に乗り出すのか?金額は?等はこれからですが、今オフの目玉になりそうです。

メジャーでは通用しない等のネガティブな意見もあるかと思いますが、やってみないと絶対にわからないことなので、マエケンには頑張って欲しいと思います。

来シーズンはダルビッシュも復帰する予定ですし、メジャーも目が離せなくなりそうです。

 

スポンサード リンク

関連記事

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

何故消えた!?モンスト攻略アプリがAppStoreから削除

モンストを楽しむ方々には大変残念なニュースかと思います。 アプリの開発者が自発的に消したのか、

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。 今シーズンの

記事を読む

リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サ

記事を読む

先生は社会を知らない!?そう思われない為にやって欲しいこと

最近、作ってるアプリをPC上ではなくiPhoneから実際に動かしてみているのですが、バグが出るわ出る

記事を読む

iPhoneSEのSIMフリーを買ってIIJMioへのMNPする方法をまとめてみた

毎月の通信料に悩まされている方は多いかと思いますが、頑張って抑えようとすると複雑な3大キャリアの料金

記事を読む

AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリ

記事を読む

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

AKBはオワコン!?総選挙にみる役者の必要性

2015年6月6日にAKB48の選抜総選挙の開票が行われました。 私は興味ないんですけど、情報が前

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑