家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

公開日: : 育児

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

ドラマかなんかの世界の話だろう程度にしか考えてないと思いますが、会社に勤めていた頃の上司の話しとか聞いていると、現実なんだなぁとしみじみ思ったことがあります。

どうしてこうなるのか?

妻は育児に手一杯になって、夫を構ってる余裕がない、そして育児の大変さを理解してくれない夫に苛立ってしまう。きっとそういう理由なんだろうと私も推測していたりしましたが、実際に育児をしてみるとはっきりと理由が分かりました。

これから子供が産まれる方や、既に家庭内の立場が危うい方は絶対最後まで読んで思い当たる節があれば改善してみてください。

スポンサードリンク

夫を避けたくなる理由

子供が産まれて、夫に近づきたくなくなる理由。

それは、汚い、臭い!というただ一つの理由です。

あなた自身、子供が産まれる前後で変化することはありませんが、妻の感覚が大きく変わってしまいます。

つわりの時に、匂いに敏感になったりすることもありますが、そういう類のものではなく、赤ちゃんという天使みたいな存在と比べられてしまうことが大きな原因です。

実際に育児をしていると痛感するのが、赤ちゃんの肌の綺麗さ。言葉では表現出来ないほどのレベルです。

手も足も顔も全部小さく、とにかくかわいい。

そんな赤ちゃんと四六時中一緒にいる妻の感覚は、自分を棚に上げて、赤ちゃん基準に一気に押し上げられてしまうわけです。

そこで、仕事で疲れた夫のあなたが満を持して登場です。

万全なコンディションでないにしても赤ちゃんと比べると、肌のツヤというより油でツヤツヤしてたり、お酒とかタバコとかコーヒーの匂いがごっちゃになった不快な匂いを発していたり、そして何より全てがデカイ。

そりゃ生理的に避けたくなるのも無理ないでしょう。

避ける方も、最初は悪気があるわけじゃないと思いますが、以前のようにとは難しくなるのかもしれません。

あなたが出来ること

妻は会社に勤めていた時のように、接する人が大人ばかりの状態から、赤ちゃんと常に向き合う環境に変わってしまったので、感覚が変わることは仕方のないことですし、どうすることもできません。

妻に避けられない為には、あなた自身が変わる必要があります。

常に、自分の子供と比べられているという意識で、自分自身を見直してください。

匂いの元となるお酒やコーヒーを控えたり、タバコを吸うのは論外として煙たいところに行くこと自体を避けましょう。

体の大きさは変えることが出来ないので、せめて清潔に保つように心がけてください。

体型も結婚して油断している人が多いように感じますが、痩せるというか太らない努力は必要です。

でも、お腹だけは赤ちゃんも立派に出てますから気にならないかもしれませんけど。

妻に避けられると子供からも・・・

妻が育児をしているので、妻の考え方がどうしても子供に定着してしまいます。

妻が夫を避けていたりバカにしていたりすると、子供も同じような考え方をしてしまうようになります。

このこと自体は教育の観点で妻に問題があると思いますが、妻に避けられるようになると、子供からも避けられてしまうというリスクが付きまとうようになります。

そういう意味でも、子供が産まれてからも妻と円満に過ごすことは、その先の長い人生に大きな影響を与えてくることになります。

仕事も大切ですが、感覚が変わる出産後のタイミングは、出来るだけ妻に優しく協力の手を差し伸べてあげると今後の家庭内での地位が守られやすくなります。

まとめ

実際に信頼に足りる統計を取ったわけでもありませんが、育児をしていたら誰もが感じることだと思います。

このこと以外に、育児に非協力的だったりすると信頼を下げてしまったりと、原因は他にあるのかもしれませんので、一度自分の行動を振り返ってみてください。

子供が産まれると、妻は女というより母親になってしまいますが、それに甘んじず夫は男を磨き続けることが夫婦円満のコツなのかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑