ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

公開日: : ライフハック, 育児

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

東大などのように誰が見ても一流の大学なら色んな意味で今後に繋がっていきますが、正直Fランと呼ばれる大学に高いお金払っていく意味なんて皆無じゃないかと思うわけです。

さらには大学業界では2018年問題といって、2018年に18歳になる子の数が激減することが既に分かっていて、学生の確保に苦労している大学は軒並み淘汰されていくという予想までされています。

こういった背景もあって、無理にでも子供を大学へ行かせようとする親がいたら考え直して欲しいと思います。考え直すというより、何も考えていない気がするのでとりあえず頭を使って考えてもらいたいと思います。

その為にも私が大学はいらないと思う理由をまとめてみます。

スポンサードリンク

そもそもなんで大学へ行くの?

弁護士になりたいから法学部へ行く!などのように専門性の高い分野を学びたいという動機の学生はどれだけいるのでしょうか?

そうでない学生は一体何を目的に大学へ進学しているのでしょうか?

おそらく大半は『学部卒』という経歴の為だけに行っているのではないかと思います。

なので、『偏差値』が大学を決める一番の基準になってしまうし、入学できてしまえばそれで満足して結局4年間をただ遊ぶだけで終えてしまいます。

仮にバイトを頑張ったという人がいたとしても、大学に払う学費分は到底稼げないわけですから、大学なんて行かずに浮いた学費を使って起業でもした方がよっぽど良い経験になるんじゃないかと思います。

大学へ行くと何かいいことあるの?

大学へ進学した場合のメリットを考えてみます。

考えるといっても勉学以外で挙げるとしたら、せいぜい『4大卒』が条件になっている企業へエントリーできることぐらいかと思います。

確かに大手へ就職しようとしたら大学を出ないとエントリーすら出来ないのは事実です。

ですが、一流大学でも大手に就職できるかわからない状態なのに、そうでもない大学へ進学したところで学歴フィルターに引っかかって不採用になるのがオチです。

なので、一流大学でもない大学へ行っても選択肢の幅はほとんど広がりません。

ただ、大学進学でしか得られないメリットではありませんが、就職を先延ばしにできるという点はメリットかもしれません。

自分のやりたいことを見つける為の期間と捉えれば、学生の身分として色んなことにチャレンジできるのはいいのかなと。

逆に言えばこれくらいしかメリットない気がします。

4大卒が活きたと思うこと

とかいう私も大学を卒業しており、大学行かなければ良かったと思っているかというとそうでもありません。

そこで知り合った友人や、部活に打ち込んだ日々があるからこそ今があると思うからです。

しかし、現在独立していることを考えると、大学行かなくてもできることを仕事にしているので、4大卒を活かせているわけではありません。

情報系の学部に在籍していたので、プログラミングを勉強していたことは今に活きていますが、学ぶ場所は大学でなくても良かった気はしてます。

なので、もう一度高校に戻って進学するか否かを選べるのであれば、フリーターでも良いのでやりたいことに挑戦する道を選ぶと思います。

まとめ

大学へ行くのが当たり前になっているおかげで、よく保険の説明でも子供1人に1,000万かかると半ば脅されることがあります。

しかし大学へ行かない選択肢が出来るのであれば金額はかなり違ってきますし、親にも選択肢が増えてくるのではないかと思います。

ただ大学へ進学するのもしないのも子供人生ですので、親は一緒に進路を考えてあげるくらいにして、大学に行かないにしても、経済状況が理由にならないように準備はしておきたいですね。

 

スポンサード リンク

関連記事

我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。 そんな私はSONYのRX-100

記事を読む

Amazonがやばい!!今度は音楽が無料に!音楽知らなくても即カフェ気分が味わえる!

映画が見放題だと騒いで、それほどAmazonを利用してなかったのにプライム会員になり、さらに勢いでf

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

カビ撃退!洗濯機を掃除してみた

だいたい結婚とかして同棲すると、一通りのものは妻の要望で一新されると思いますが、洗濯機は私が一人暮ら

記事を読む

ベビーカーを使った赤ちゃんの寝かしつけ方法を教えます

育児をしている方なら間違いなく寝かしつけには苦労されていると思います。 産まれた時のあの可愛い

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

麻雀が卑劣だと思うの3つのワケ

私は麻雀だけは誘われてもやりません。 何故なら先日紹介した本の中にも麻雀をやるシーンがあります

記事を読む

20年ぶりくらいにドラえもんを見たらカオスだった件

最近はずっと開発に追われてブログはもちろんプライムビデオもなかなか見れてませんでした。 が、子

記事を読む

カビ撃退!!浴槽の下を掃除してみた

私はしばらく賃貸でやっていくつもりでいますが、賃貸の良いことの1つに、汚くなったら引っ越せるというこ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑