下町ロケットを見て思うこと。あなたの夢は何ですか?

公開日: : よもやま話

半沢直樹からルーズヴェルトゲームときて、とうとう下町ロケットですね。

そろそろ展開も読めてくる部分もありましたが、やっぱこの先どうなるのか気になる展開ばかりで面白いですね。

ちなみに、私が見たのはWOWOWで放送されたものなので、ロケット編までです。

はっきり言っておくと、TBS版より俳優の演技が上手なのでWOWOW版の方がオススメです。ガウディ編がないのが残念ですが、こっちの方が物語にのめり込めること間違いなしです。

気になった方はAmazonプライムビデオで見られるので、探してみてください。

今回は、この下町ロケットをみて思ったことをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

町工場の社長が夢を叶えるお話

もうTBS版もロケット編は放送し終わっているので、ネタバレも恐れず書いてしまいますが、佃社長がロケットを飛ばしたいという夢を叶えるストーリーです。

あまりピンとこないかもしれませんが、ロケット開発となると劇中の最大手の帝国重工でも社運をかけて取り組むほどのレベルの事業なので、町工場レベルの会社が入り込める隙間なんてないに等しいはずなんです。

それでも部品供給をやってのけるわけですから、佃製作所は想像よりも凄いことをやり遂げているということです。

そして、作り話&夢を叶えているので気になることはありませんが、銀行からの融資も厳しいレベルの会社の社長がロケットなんて夢を語っていたら、恐らく笑われます。

散々周りから指摘されるシーンがありましたが、現実だったらあれ以上だと思います。

他人の夢を笑うことだけはするな

佃社長がロケットの夢を諦めず前に突き進むからこそ、この物語が進んでいくのと同じように、どんな夢であっても諦めずに努力していれば実現できる可能性はある。

下町ロケットをみて、このことが一番大切なことなんじゃないかと感じました。

周りからの避難を受けて、経営者としての自信をなくすシーンも描写されていましたが、もしその言葉に惑わされて技術開発を辞めていたらロケットは飛ばすことはなかったでしょう。

このことを踏まえて、あなたは佃社長のように夢を持ち、1歩を踏み出せているか考えてみてください。また、佃社長のような夢を語られて、あなたはどのような反応をするでしょうか?

実際に実現不可能に思える夢を語られると引いたり笑ったりしちゃう人がいると思います。冗談で言ってるのか判断が難しいかもしれませんが、自分の判断基準で他人の夢を評価することはやめた方が良いと思います。

人に語れるだけの夢ややり遂げる自信がないことの方がよっぽど恥ずかしいですし、せめて、頑張っている人の背中を押してあげられるだけの理解ができるようになって欲しいと思います。

まとめ

実は私も夢と言えるだけの夢はなく、平凡な日常を過ごせたら良いと数年前まで思っていました。

しかし、iPhoneアプリに興味を持ったことがきっかけで、今は夢が明確に出来ました。

出来たというよりは、小学生のころに描いていた夢を思い出したのだと思います。

ゲームを作る人になりたい。

そんな夢も、何故か自分には無理だと決めつけて諦め、忘れていたのだと思います。

といっても、ゲームを作るだけなら実現してしまっているので、今はもっと先の夢のを実現しようと頑張っています。

振り返れば、アプリで事業していくなんて周りから散々バカにされましたが、諦めないでよかったと思います。

皆さんも是非、佃社長のように夢を諦めず頑張って欲しいと思います。

スポンサード リンク

関連記事

非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで

記事を読む

副業のアプリ開発で稼ぐことができるのか考えてみた

私は転職を機にアプリ開発を始めたので、一時期副業として開発していた時期がありました。 その時で

記事を読む

愛知県とその周辺の未来を考えてみた

私、実は出身は岐阜県なんですが、殆どの場合は名古屋出身というニュアンスで話してます。相手が岐阜県民で

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。 今シーズンの

記事を読む

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

SMAP解散の本当の理由?どうしてグループを抜けてしまうのか?

私はTwitterのタイムラインを見ていて知ったのですが、初めはガセか何かと思いました。でも本当に解

記事を読む

転職する時の為にやっておいた方が良いこと

私は転職した経験があるのですが、その時一番感じたことが、自分が誇れる経歴って何だろうということです。

記事を読む

先生は社会を知らない!?そう思われない為にやって欲しいこと

最近、作ってるアプリをPC上ではなくiPhoneから実際に動かしてみているのですが、バグが出るわ出る

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑