失敗しないプレゼント選びの鉄則はこれ!!クリスマスパーティーでプレゼント交換してきた話

早いものでもうすぐクリスマスですね。

白ひげおじさんを信じてやまないピュアな心の持ち主か、ごく一部のリア充しか待ち望んでいない日がもうすぐやってきます。

冷静に考えれば、世の中の大多数が最も妬み、嫌っている日でもあるんじゃないかと。

私はというと、子供もいる立場なので見る人から見ればリア充側に分類されるのかもしれませんが、だからといってクリスマスが待ち遠しいわけじゃありません。

もう搾取される側ですから、ちっとも心踊りません。

自分の人生を振り返ってみても、妻と過ごしたクリスマス以外は友人とトレーニングしてたか、その友人と焼肉行ったことしか記憶にありません。恐らく一人で過ごしたであろう過去数十年分のクリスマスは記憶から抹消されているんでしょう。

人間、思い出しちゃいけないことって忘れるようにできてますからね。防衛本能凄い。

で、直近のクリスマスはというと、去年は子供産まれてすぐだったのでケーキを買って食べるのが限界。

パーティーなんて準備も含めて無理ゲーです。

それで今年も1歳になったとはいえ、育児も仕事も色々大変なので、ささやかなクリスマスパーティーが関の山かなぁと。

そんな折に、友人からクリスマスパーティーのお誘いが!!!

産まれてこの方、初なんじゃないかと。

しかも2,000円分でクリスマスプレゼントを交換しようとか。

これ、マジでリア充がするやつですよね。

一度やってみたかったなんて思ったことがない!というとウソになりますが、まさか自分がやることになるとは。

そんなわけで、長年、自分だったらこんなものを用意するというシミュレーションを生かして、男女問わず、必ず喜んでもらえるプレゼントを密林(Amazon)の奥深くまで探索して探してきました。

スポンサードリンク

プレゼントの鉄則!

ここで、喜ばれるプレゼントは何かというのをまとめておきましょう。

これからクリスマスに向けて頭を悩ます男性は多くいらっしゃると思いますが、ここさえ読めば間違いなく良いプレゼントを選べるようになります。

そして、その大事なことは次の3つです。

自分では買わないというもの

どうしても欲しいものをプレゼントすることが一番良いと思いがちですが、そうではありません。

欲しいものを買う楽しみを奪ってしまうわけですから、嬉しいとは思いますがベストではありません。

何なら良いのかというと、欲しいけど、ちょっと自分で買うのは気が引けるようなものが一番です。

そういうものなら既に持ってるなんて確率も減りますし、手に入れる予定のなかったものが貰えるわけですからプラスに嬉しいわけです。

実用的でないこと

一番やってしまいがちな失敗は、実用的なものをプレゼントしてしまうことです。

予めプレゼントとして欲しいと言われている場合を除き、家電系などの実用的な商品は貰っても嬉しさはそこまで大きくありません。

小学生がクリスマスプレゼントに文房具貰っても喜ばないのと同じ原理だと思います。

こだわりがないもの

例えばカバンが欲しいといっていたからと、安易にカバンをプレゼントすることは避けましょう。

何故なら、カバンはカバンでも、特定のカバンが欲しいという場合が大半だからです。

ファッション性の強いものや、その人が拘っているものに関しては、余程の理解がない限り避けるべきです。

ゲーム(DS)が欲しいという子供に、ゲーム(PSP)をプレゼントしても残念がられるのと同じように、要求に応えられるか細心の注意を払いましょう。

プレゼントで喜ばれやすいもの!

先ほどの3つの鉄則を元に、喜ばれやすい例を挙げるとすると、

  • ちょっと高級なハンドクリーム
  • ちょっと高級な紅茶
  • ちょっと高級な石鹸
  • 普段は使わないようなおしゃれなキャンドル

などなど、常用は値段が高くてできないけど、ちょっと贅沢が味わえるもの。そして誰もが使うもの。もしくはあれば使うもの。

こういったものはほぼ間違いはないでしょう。

しかも、こういったものは数千円で買えます。割高ですけどプレゼントとしてはお財布に優しい。

カップルのがっつりしたプレゼントとしてはちょっと物足りない感じはありますが、夫婦のように付き合いが長かったりした場合は本当にオススメです。

女性同士のプレゼント交換も、こういった類が多いと思います。

プレゼント選びの必殺テクニック!

番外編ですが私がよく使ったテクニックを紹介します。

必要なことは、観察力と記憶力のみです。

一緒に買い物に行った際に買おうとして諦めたものを必ずチェックしておきましょう。

その商品を後でこっそり買っておいて、プレゼントするという至ってシンプルな方法です。

他のパターンとしては、2つの商品で迷っていた場合、買わなかった方をプレゼントという手段もあります。

ちなみに、視察はプレゼントする時期からあまりに離れていると、商品が入れ替わってしまったり、売り切れてしまったりするリスクも伴うので、1ヶ月前を目安にするのが良いと思います。

言うまでもないと思いますが、冬に夏物貰っても嬉しくはないと思うので、視察のタイミングは重要です。

選んだものはこれ!

だいぶ話しが逸れました。それこそ1記事分話しが逸れました。

プレゼントのノウハウは妻にだいぶ鍛えられたので、これを買えば間違いないというのはわかっているつもりです。

しかし、プレゼント交換をするとなると、相手が分からないし似たようなものではつまらない。

だからこそ、ちょっと冒険して選んだ商品がこちら。

2,000円分とのことだったので、ギフトラッピングしてちょうど2,000円にギリギリ収まるナイスな予算感もいい感じです。

この商品のプレゼントとしての適性は、

  • 被る可能性が低い
  • 誰もが便利に使える可能性を秘めている
  • 自分で買うことはまずない

だと思います。

今や誰もがスマホを持っていますし、寝る前に横になりながらスマホ弄ることは誰もが経験しているはずです。

そして、一番魅力に感じたことが、料理のレシピを見るのに最適だと思ったからです。

妻が料理するときに、レシピを確認しようと何度もスマホを覗きに移動していたので、これがあったら相当便利になるという確信がありました。

私が使う場合でも、PC周りに置かれているタブレット端末(iPadやnexus7)をディスプレイに並べて設置できたりしてスペースを節約でき、使いやすくなります。

一見男性向きに見えますが、男女問わず活躍の場がある。素晴らしい。

その他、楽器をするような人ならスマホを楽譜代わりにする際に使えるだろうし、可能性はかなり秘めている商品だと思います。

妻にこのことを説明したら、初見の冷めた表情から次第に欲しいという感情に変わっていくのが手に取ってわかりました。

これは、マジで良さそう。

自分用に買おうか迷うレベル。

いざ交換!!

fireTVstickの件でもはや私もプライム会員なので、注文してから1日(深夜に注文したので正確には同日)で届きました。

もう実店舗いらないくらい便利ですね。久々にAmazonで買い物して改めて思いました。

そして、クリスマスパーティーといえど、時期早めの12日開催なので、交換を無事終えて来ました。

で、結果的に私のプレゼントは友人(男性)へ。

無難でした。きっと役に立ってくれることでしょう。

私が貰ったのは、ネックウォーマとマグカップ。

ネックウォーマはスポーツ用の普段使いには見た目が厳しいものしか持ってなかったので、嬉しいプレゼントです。マグカップは既にあるにはありますけど、インテリアだったり入れ物にしたりできるのであって困りません。

たかが2,000円ですけど、プレゼント考えるところから値段以上に楽しめたなぁという印象。

クリスマスパーティー面白かった!

まとめ

ちなみにですが、参加したのは私だけでなく妻も一緒でした。

もちろん、妻もプレゼント交換に参加しているのですが、妻が選んだプレゼントは紅茶とハチミツが入ったティーセットでした。

さすが私を育てただけあって、間違いない選択です。

で、貰ったものがこちら。

しょ、焼酎サーバー!!

お酒飲まないのに!笑

どうしましょう。誰か2,000円で買ってください。笑

スポンサード リンク

関連記事

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

疲れたらこれ!!ダルビッシュもやってる疲労回復方法

最近暑いですね。名古屋は特に湿度が高い地域なので蒸し暑いです。 カラッとした暑さなら全然平気な

記事を読む

動画が見放題?Amazonプライムがとってもお得なサービスに!

今更Amazonの紹介をするつもりはありませんし、誰もが一度は使ったことがあるサービスと思います。

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

コラボした新作アプリ「100万点差の甲子園」の予約受付を開始!

前回の記事でイラストレーターの雨本さんとコラボしようという経緯を書きました。 http://f

記事を読む

何事もノリが大事!自分を変えるなら何事にも挑戦してみよう!

もう歳が30近くなると、誰かを紹介したりするなんてことは滅多になくなるし、そういった話も色々な事情で

記事を読む

アプリ開発者になった経緯を振り返ってみた

本当は色々と書きたいことがたくさんあったわけですが、気づけば旬なタイミングを逃してしまって結局何も更

記事を読む

保険って必要?当たり前だと思って加入する前に考えてほしいこと

皆さん生命保険って加入してますか?テレビCMもかなりやってたりするので、身近に感じている方は多いので

記事を読む

スタバのエシカルコーヒークイズに挑戦してみた

全問正解した方の中から抽選で1000名にドリンクチケットが貰えるそうで、早速やってみました。

記事を読む

カビ撃退!洗濯機を掃除してみた

だいたい結婚とかして同棲すると、一通りのものは妻の要望で一新されると思いますが、洗濯機は私が一人暮ら

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑