本人の意思が大事!日本ハム大谷が来季も二刀流を貫くことは正解か?

公開日: : よもやま話, 仕事

日本ハムの大谷が来季も投手と野手の二刀流で飛躍を誓ったとのニュースがありました。

今シーズンの成績を見れば、投手に専念した方がいいんじゃないかと思う方がきっと多いと思います。それはファンだけでなく、専門家であっても同じ考えの人が多いはずですし、メジャーリーガーのダルビッシュも、メジャーを視野に入れるなら投手に専念した方が良いとはっきり言っていました。

投手に専念した方が、過酷なシーズンの調整が楽になるし、登板回数が増えるわけですから経験も養われるし、記録も狙えるようになります。

打撃も凄いはずですが、どうしてもピッチングが圧倒的であるが故に、投手への期待が膨らんでしまいます。

しかし、本人が二刀流に拘るというのであれば、そこは意思を尊重してあげるべきだと思いますし、周囲も応援してあげてほしいと思います。

まだ21歳なので、正しい判断が出来ないから周りが説得しなくちゃいけないなんて声も聞こえたりしますが、よほど間違った道に進もうとしている場合以外は満足のいくまで挑戦させた方が、後々の為なんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

誰も正解なんてわからない

仮に投手に専念したとして、必ず成功すると保証できる人はいません。

確率は良くなるのかもしれませんが、その選択が正解であるとは限りません。

だから、上手くいかなかった時の為に本人の意思が大切になってくるのだと思います。

自分で決めたことなら、もし間違った選択をしていたとしても諦めというか気持ちの整理がしやすいのではないでしょうか?

自分だったら二刀流を貫くか?

プロ野球でも前代未聞の話しですので、自分が・・・なんてことはまずあり得ない話しではありますが、野球以外でだったら人生を分ける選択というのは経験があると思います。

例えば、進学で学校を決める時だったり、就職活動で企業を決める時もそうです。

人生の岐路で自分に選択権がある場合は、大谷の二刀流でいくか専念するかと似たような話しになってくると思います。

仮に就職活動で内定を2社から貰って、どちらか決める時には恐らく親や友達、先輩などからアドバイスを貰ったりすると思いますが、最終的に自分の意思で判断してほしいと思います。

大谷なんてまだ大学に通っていたら3年生にも関わらず、日本中から判断を注目されているわけですから、それに比べたら自分の意思を貫くことは簡単だと思います。

絶対に後悔はする

私がどうして自分の意思に拘るかというと、どういった選択をしても全て上手くいくことはあり得ないからです。

その上手くいかなかった時に、自分の意思で決めた道でなかったとしたら「あの時あぁしていればよかった。」なんて考えがよぎってしまいます。

私も昔は人や環境に流されやすい性格だったので、色々な選択をしては後悔を繰り返してきましたが、周りの意見に耳を貸しつつ、最終的に自分のやりたいことを貫いている今の方が、失敗をしても後悔はしなくなりました。

恐らく、やった後悔よりもやらない後悔の方が大きいということなんでしょう。

まとめ

大きな選択肢になればなるほど、自分で決めるのは勇気が必要になります。

誰かの言葉に流されるのは、その時は楽で良いのかもしれませんが、何かあった時は責任を取ってくれるわけではありません。それは自分の親だったとしても同じことです。

自分の決断に責任が持てるようになれば、きっと選択肢の幅が広がると思いますし、見えてくる世界も変わるはずです。

例えば、いちいち親に相談するような人が起業するわけがないように、自分のやりたいことに正直な人や意思の強い人でないと大きな選択はできません。

いきなりは難しいかもしれませんが、人生は選択することが山のようにあります。毎日の食事もそうですし、通勤の経路も選択のひとつです。

何かに流されるのではなく、このような小さなことでも自分で考えて決めることを積み重ねていってはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

関連記事

ポケモンカードを1枚と複数枚で交換することを理解できない人がいたという話

ポケモンカードって今もあるんでしょうか?私が小学生の頃に流行ってました。 小学生の頃だとお金も

記事を読む

学歴フィルターってホントにある?就職活動するなら身の丈にあった企業を選ぶべき

就職活動で必ず耳にするのが『学歴フィルター』って言葉。 簡単に言ってしまえば、ある一定レベル以

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

1年が短く感じる人は人生を損してる!もっと充実した1年を過ごそう!!

私はここ最近の数年間、1年が今まで以上に長く感じるようになりました。 それまでは、年を重ねるご

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

広告収入で稼ぐ人を嫌う人に知ってほしいお金の話

アプリ開発者は主に広告収入で生きてるわけですが、こんなツイートしたらちょっと反響があったので掘り下げ

記事を読む

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

マエケンがついにメジャーへ!?果たして通用するのか?

とうとう広島の前田健太(27)がメジャーへの挑戦へ大きな1歩を踏み出します。 球団側がポスティ

記事を読む

宝くじが当たったら仕事を辞める?そう思った時点で仕事を辞めるべきだと思う理由

もう歳が30近くになると友人と話していても仕事や今後の人生の話しがよく持ち上がります。 その中

記事を読む

SMAP解散の本当の理由?どうしてグループを抜けてしまうのか?

私はTwitterのタイムラインを見ていて知ったのですが、初めはガセか何かと思いました。でも本当に解

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑