コミュニケーションで最も大事なこと。テクニックやスキルよりも自分が重要!

公開日: : ライフハック, 仕事

コミュニケーションが得意だっていう人ってどれくらいいるのでしょうか?

イケイケの営業マンだったり、仕事で話すことが日常だったりする人は鍛えられて得意になるのかもしれませんが、ほとんどの人は苦手だと感じているのではないでしょうか。

私は、サラリーマン時代に研修でコミュニケーション関連のスキルみたいなのを学び、さらに、会社では大勢の前で話す機会が多く慣れはしていました。

でもやっぱり根本的にコミュニケーションが得意ではないと思うし、そもそも他人に興味が沸かないことが多いです。だからなのか、相手に自分のことを伝えようともしないので、余計に親密になっていかないことが多かったです。

なんとかしなくちゃいかんなぁと思いつつ、意識して治るものでもないと半ば諦めかけていましたが、最近は会話が上手くできるというか、いつの間にか話題の中心で話すことが増えていることに気がつきました。

特に何か勉強したわけでもないし、意識したこともありません。

何が自分を変えたのか?その根本的な要因を考えてみました。

スポンサードリンク

自分がないことが一番の原因

振り返ってみると、コミュニケーションが苦手な原因は、自分というものがないからじゃないかと思いました。

私は、昔からスポーツや勉強が人並みにはできたので、自分でもオールマイティな人間なんだと思って過ごしてきました。それと同時に、何かで1番をとるようなこともなく、そんな自分には「器用貧乏」という言葉がぴったりだなぁとも思っていました。

良くも悪くも何か突出したものがない。

特別に苦労することもなかったと思いますが、それ故に、誰かとコミュニケーションしようにも、ありきたりな話ししか出来ないことが多々ありました。

2人きりならまだマシですが、大勢になると悲惨で、話題はもっと面白い経験をしていたり話しのできる別の誰かに集中し、自分はほぼ聞くだけみたいな状況になります。

そして、こういう事態が招く結果として、そこに居たことを覚えてもらえませんw

友達同士なら別にいいですけど、仕事とかだと致命傷なんですよね。

アプリ開発がアイデンティティー

そんな平凡な私を変えてくれたのがアプリ開発です。

アプリ作ってるということを伝えると凄く興味を持ってもらえるようになったし、そのおかげか他の人にも興味が持てるようになりました。

やはりアプリ自体が身近な存在になってきているのと、独立したりしたおかげで、ほとんどの人が知らない世界を経験出来ているというのが大きいと思います。

こういった自分にこれ!というものができると、その経験談だけでなく、今までありきたりな意見だった自分の話しが、その立場からの意見として価値を持つようになった気がします。

私にとってアプリ開発は「やってみたかったこと」に過ぎませんが、結果的には「自分を変えてくれたもの」になったのだと実感しました。

何か一つ!

私ほどとはいかないまでも、コミュニケーションが苦手という人は多いと思います。

周りからみたら全然そんなことないと思う人でも、内心では苦手だと感じてる人はいるのではないでしょうか。

余程のメンタルや話術がない限り、人に注目されたりするのは難しいですが、これ!というものさえあれば、キャラが立つようになるので、コミュニケーションが凄く楽になると思います。

もちろんそれは好きなことで良いです。が、それなりに極める必要はあります。

このハードルさえクリア出来れば、自然と他人が興味を持ってくれたり話しかけてくれるようになるはずです。

まとめ

コミュニケーションは、スキルとかテクニックが必要だと思いがちですが、実際は話す内容や話し方よりも、話しているその人自身が一番大事だと思います。

聞き手としても、話す人によって集中して聞いたりそうでなかったりという経験はあるのではないでしょうか。

もちろん人を惹きつける話し方や笑いをとったりするにはテクニックが必要ですが、本来のコミュニケーションという意味では、自分がどういう人間かを相手にしっかり明示できることが大切なんだと思います。

もし、コミュニケーションに悩んでいる方がいれば、そういった本を読むのではなく、自分が好きなことを突き詰める方向性で何かをしてみることが近道になるんじゃないかと思います。

スポンサード リンク

関連記事

独立したけどやる気がでない?私が経験したモチベーション維持の秘訣!

先日、気になる記事があったので思わずリツイートしてしまいました。 まだ1年だけど出勤したいと思

記事を読む

noteを使ってお金は稼げるのか試してみた

SNSで見かけたnoteというサービス。新たな情報発信する場になりそうなので、とりあえずアカウント登

記事を読む

高級車乗るのは見栄?贅沢?お金持ちでなくても乗るべきたった1つの理由!

  名古屋に引っ越してきて、ベンツやらBMWやらレクサスなんかが走ってるのを見かける

記事を読む

どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になる

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

非常識でいこう!常識人は損をしてるかもしれないという話

独立をしようと思い立つような人は、一見サラリーマンしているような人からしらた異常な存在で、それだけで

記事を読む

転職・独立?大きな決断をするのに最も大切なこと

最近は大学からの友人によく相談?されることがあるんです。 キャリアの一環で中国・インドネシアに

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

我慢は禁物!?老後じゃなくて今を楽しもう!

老後の為に。と考えている人は多いと思います。 特に年金が期待出来ないとか色々言われているので、

記事を読む

退職後の世界!元同僚たちに会ってきた

先日の記事の通り、東京遠征してきました。 ただアプリ関連のイベントだけで終わってしまうのも勿体

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑