親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

公開日: : 育児

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。

意志表示といっても話せるわけではないので、いつも泣き叫んだりジタバタしたりするわけですが、子供らしい素振りをみせるようになりました。

きっと子供なりに思うことがあったり、感じることがあるはずで、もう親の教育で育ち方が変わってくるのだろうなと思っています。

とはいっても、今このタイミングではどう接すればいいのかはまだ手探りの段階ですし、正解もないとは思いますが、子供の教育について考えてみました。

教育というよりは環境作りの話しになるとは思いますが、自分が子供のころ(小学生とか)に思っていたことでもあるので、ある意味、子供目線で親がどう振る舞うべきか?という内容になっています。

スポンサードリンク

子供でも理不尽に思うことは沢山ある

私だけじゃないと思いますが、子供ながらに理不尽な思いを経験したことはないでしょうか?

当時は「大人になれば分かる」と諭されたこともあったりして、押し殺していた気持ちがあったのですが、実際大人になってみて思うことは、ただの大人の都合だったということです。

どうしても子供だからと誤魔化せると思ってしまいがちですが、子供は暗黙の了解とか世間体がないおかげで、思っている以上に合理的に考え行動していたりするものです。

親は都合のいいように子供を大人のように扱ったり、幼稚に考えたりするときがあるので、注意するべきでしょう。そして、こういった子供が腑に落ちない状態で勉強や何かをやらせようとしても、絶対に上手くいきません。

例えば子供が「勉強は何のためにするのか?」なんて質問を投げかけてきたら、どう答えますか?

しっかり納得できる回答を用意してあげましょう。

口先だけじゃなく、行動で。

仮に子供に宿題をやらせようとしたとします。

御託を並べて机に向かわせようとすると思いますが、その後、あなた自身は何をしますか?

テレビをみたりするのであれば、子供にとってこれ以上酷なことはないと思います。

確かに大人には宿題もありませんが、子供が自分だけ勉強するという感覚になるので2重の苦しみがあります。

本当に子供に勉強を集中してやって欲しいのであれば、自分たちも勉強に準ずる何かを同じ時間やるべきでしょう。

そういった環境を作ってあげることが、口で納得させることよりも大事なんじゃないかと思います。

子供にどうなって欲しいか?

子供がいる方だったら、誰もがそう考えたことがあると思います。

失敗を恐れずチャレンジできる人間になって欲しいとか、誰にでも優しく出来る子とか色々とあると思いますが、その前に自分自身を見つめ直して欲しいです。

自分が保身的なのに、子供にはチャレンジしろとか、自分が人との交流が苦手なのに友達と仲良くしろとか。

子供は親をみて育つのですから、親が行動で示せていないのであれば、子供はそのようには育ちません。

幸いなことに、子供は家で学ぶことより学校や部活等で学ぶ機会が多いので、人に恵まれれば親に関係なく育っていきますが、それでもやっぱり親の影響は大きいと思います。

だから、子供に夢を託す前に、自分がそうなれるように行動していきましょう。

まとめ

育児関連の記事を眺めていると、子供への接し方などなど色々と出てきますが、どれも自分を省みるということはしていません。

誰もが知っているように子供は親を真似て育っていきます。口で教育することよりも、親の行動が一番影響を与えます。

だから、子供への接し方を注意しようと思ったら、夫や妻に対する言動にも注意して欲しいと思いますし、とにかく何事にも子供の目線で一緒に取り組んでいって欲しいと思います。

そうすることで、子供は自分に自信をもって物事を考えたり、意思を表現したり、行動できるようになるのではないかと思います。

スポンサード リンク

関連記事

繋がらない!?ディズニーの英語システム「DWE」のフリーダイヤルが混雑しているときの対処法

ディズニーの英語システム「DWE」のTelephone Englishは14:30〜21:20の間に

記事を読む

ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。 親からした

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

【実体験】育児で一番大変なことは何か?

育児の大変さは千差万別で、その人の環境や子供によっても違ってきます。 私の場合は、自分が会社に

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑