仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

公開日: : 育児

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄いです。

少し前までは、お母さん大好きっ子だったので、私が仕事してようと母親を追い掛け回していたのです。

妻が家事で全く面倒が見れない状態でも、柵にしがみついて泣いてました。

それが最近は、相手してもらえないことを悟って、私のところへきて「うー、うー」とアピールしてくるんです。

それがまた可愛くて、気づいたら抱き上げてるんですよね。

一応仕事してるんですけどねー。それが分かるのはまだまだ先ですし、子供の目の前で仕事してたら避けられない運命かもしれません。

というわけで、中途半端に仕事をしても効率が悪いし、息子にとっても相手して貰えないのは不満以外の何物でもないと思うので、開き直って子供と全力で遊んでみました。

スポンサードリンク

約1歳の子供とできる遊び

成長の度合いにもよりますけど、遊びといってもほとんどのことはできません。

でもハイハイで追い掛け回したりするとキャッキャと喜ぶので、息子が飽きるまで付き合うことにしました。

不思議と逃げると追ってきて、追いかけると逃げます。それも逃げるときは結構なスピードでハイハイするので見ていて面白いです。

そういえば、ハイハイは身体全体を使うので、すぐに歩くようになるよりハイハイをする時期が長い方が発育には良いと聞いたことがあります。

どうやらそれは本当のようです。

何十往復と繰り返し、息子に疲れの色が見え始めてくる頃、これで今夜はぐっすり寝てくれるだろうなぁと思いながら、満身創痍な自分に気付きました。

腕の筋肉が痛い。手首が痛い。膝が痛い・・・

パズルマットの上なので、それなりに衝撃は吸収してくれてるはずですが、慣れてないことをしてるのでかなり身体にダメージがきたようです。

ハイハイを侮ってました。平気そうにしてる息子見て凄いなぁと思いつつ、無理しないで自分の身体を労わることにしました。

懐くようになる

開き直って遊ぶようになってから、それが理由かどうかはわかりませんが、息子が懐くようになったと思います。

座ってると膝の上に乗っかってきたり、ちょっと前まで妻と抱っこを変わろうとすると拒否られてましたが、それがなくなりました。

1歳と言えど、周りのこととか色々と理解するようになってきているので、私を遊んでくれる人だという認識ができたのかもしれません。でも母親には勝てませんけどね。

それと、懐いてくれると余計に可愛く思えてくるので、また遊んであげようと思えます。逆にこういうきっかけがないと育児からどんどんフェードアウトしていってしまう気持ちもわかります。

仕事で週1程度じゃ子供にとっては他人みたいなものですからね。良い循環が生まれないのも無理ありません。

父親も仕事頑張ってるはずなんですけどね。伝わらないですから、行動で示すしかないですね。

まとめ

子供も片手間なのかちゃんと遊んでもらってるのかは分かってると思います。

iPhoneとか持ってると不満そうですし、思いっきり遊んであげると凄く嬉しそうです。

特に男の子とかだと身体を動かすのが好きみたいなので、体力のある父親が遊んであげるとより一層良いと思います。

なかなか仕事で育児に参加できないかもしれませんが、1歳近くにもなれば応えてくれるようになるので、子供との時間をしっかり作ってみては如何でしょうか?

 

スポンサード リンク

関連記事

ベビーカーを使った赤ちゃんの寝かしつけ方法を教えます

育児をしている方なら間違いなく寝かしつけには苦労されていると思います。 産まれた時のあの可愛い

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

育児のモチベチェック!!子供との接し方を見直してみよう!

個人差はあると思いますが、息子が1歳を迎えてマガママ加減がかなり激しくなりました。 言葉はまだ

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑