子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

公開日: : 最終更新日:2015/12/10 ニュース, 育児

育児している方にとって面白いニュースがありました。

「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を意識的に推論」 京大院教授のグループ発表

この記事が正しいとするなら子供が親の表情を伺うようになるのは3歳半からだそうです。

確かにまだ1歳弱の息子はイライラして接してしまっても、特に顔色変えずにわーわーやってますから納得できる部分はありますが、実験の方法もかなり限定的な手法なので、私は1歳になるころには親の顔を伺うようになってるんじゃないかと思います。

スポンサードリンク

物事の良し悪し

ハイハイが出来るようになってからは、部屋の中を縦横無尽に這い回ってます。

危険がないようにありとあらゆるものは撤去してはいますが、どうしても時と場合によってはカバンだったり商品の袋だったりが手に届いてしまい、遊び道具になってしまったりします。

だいたいのものは仕方ないとこちらが開き直って、気がすむまで与えていますが、誤飲の恐れがあったり、大事なものの場合は流石に取り上げています。

こういうことを繰り返していたら、息子は新しいものを手にいれたタイミングで親の顔を確認するようになった気がしています。

たまたま目があっただけなのかもしれませんが、「これで遊んでいい?」と聞いてきてるような感じです。

また、キッチンには策をして通れないようにしてあるのですが、開けっ放しになっていると侵入を試みようとするのですが、その時も親の顔を伺ってから突撃してます。

こういった経験から、何が良くて何が止められるのかは1歳弱の子供でも少しずつ判断できるようになっていると思います。

表情以外の情報

ニュースでは「表情」で気持ちを推論する能力とありますが、実際は過去の経験だったり音だったりたくさんの情報があります。

表情だけでは難しいのかもしれませんが、それ以外の情報を頼りに小さな子供でも親の機嫌や表情を伺っているはずです。

仮にこの発表を受けて、3歳半までは怒り狂いながら育児していても影響はないと思ったら危険だと思います。

両親のケンカが良い影響を与えないのと同じように、3歳半になる前から接し方には気を付けたいところです。

まとめ

人の顔色を伺うようになるのは立派な成長だと思いますが、それで遠慮してしまうようにはなって欲しくないですね。

叱られたりすることも覚えながらも、失敗を恐れず色々なことをやってみて欲しいので、子供の行動に対する接し方は注意していきたいです。

特に、未然に危険を全て取り除いてしまったりすると、原因と結果を知るタイミングがなくなってしまいます。

親が見ているのなら、危険なことでもギリギリのタイミングまでやらせてあげて、危なくなったら助けてあげればいいと思います。

多少は怖い思いや痛い思いをするかもしれませんが、大切な経験になるのではないでしょうか。

スポンサード リンク

関連記事

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

替えたおむつの保管場所は?匂いをシャットアウトできる「おむつのにおい」対策

子供が産まれてからは、当然ながら毎日おむつを替えてるわけですが、替えたおむつの保管場所って結構大変だ

記事を読む

AppBankGames騒動から学べき最も大切なこと

バタバタと連絡業務などをしていたところ、Twitter上で会社が消滅したとか退職したとかいうエントリ

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

赤ちゃんの英語教育は必須!?もし英語を習わせるなら生後10ヶ月以内に始めよう!

ここ数年は特に英語が出来た方が良いと思う親は多いのではないでしょうか? TOEICの点数で足切

記事を読む

大手に勤めてる人は少なからず洗脳されていることに気付いた方が良い

電通社員が過労死してしまった件は、かなり取り上げられたので色々な意見が交錯してました。 中でも

記事を読む

祝1歳!!盛大にお祝いするのもいいけど、忘れて欲しくない大切なこと。

自分が親になるなんて、いつぐらいに実感が沸いてきたのかイマイチ覚えていません。 女性はお腹が大

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑