自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

公開日: : ライフハック, 育児

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか?

育児中の妻と話していると不自由だと感じることがあるようだったので掘り下げて考えてみました。

確かに育児してると自由はかなり奪われます。

子供中心の生活になりますし、出かけるにしても子供を置いていくわけにいかないので、場所が制限されます。

起きる時間も子供に合わせることになるし、食事もゆっくりできません。

こんな状態が数年続くわけですから、やっぱり一般的には不自由だと思います。

では子供と比べるとどちらが自由なのでしょうか?

好きな時に寝て、好きなだけ遊べて、まさに自由なひと時を謳歌しているように感じますが、私は子供が一番不自由だと思います。

もし子供の頃に戻れるとしても、不自由になるので戻りたくないと思うほどです。

そう思う理由を今回は挙げていきます。

スポンサードリンク

子供の不自由さ

パッと見れば自由な部分が目立ちますが、子供の視点に立つとありとあらゆることが不自由です。

行きたい場所に行けない

子供には色んな事情があって好きな場所に行けません。

赤ちゃんだったらハイハイが出来なければ、部屋すら自分の意思で移動出来ません。

歩けるようになっても、精々近所を徘徊するのが限界です。

車も使えないですし、お金がなければ電車も使えません。

私は田舎で育ったので、ゲームソフトが陳列されてるのを眺めるも本を立ち読みするのも自由にできませんでした。何故なら、お店に行くことすら出来なかったからです。この頃は不自由を全面的に感じてました。

さらに私の小学校は何故か学区の外に保護者なしで出ると先生に呼び出されて指導されてました。

学区も狭いし信号機もないような場所ですが、もうアホかと子供ながらに思った記憶があります。

好きなものが食べれない

誰だって今日はあれ食べたいなー、とか思うことあると思いますが、子供はそれが出来ません。

言葉を喋れるようになっていれば要望を伝えることができますが、そうでない場合はあるものを食べることしかできません。

世界的に見れば食べられるだけでも幸せなのかもしれませんが、ここは日本なのでそれだけでは不自由です。

子供もストレスを感じたりすることがあるらしいですが、それを食事で発散するということが出来ないということですね。

毎日3食、健康的な食事は魅力的ではありますが、そこに自由はありません。

好きな人と会えない

子供でも色んな人と出会いますが、親の人脈の中での出会いに縛られます。

連れまわされて色んな人と交流できるのは社会的なトレーニングになると思いますが、やはり自由はありません。

「こいつ嫌いだ」と内心思っていても、親の仲が良いと何度も会う羽目になります。

逆に会いたいと思う人が仮にいたとしても、自分の意思では会えません。幼稚園・保育園まで行けばある程度自由にはなりますが、それまでは本当に制限されてしまいます。

まとめ

子供の不自由さを考えれば、大人はかなり自由です。

大人でも中には会社に縛られて不自由を感じる人もいると思いますが、そもそもそれは自分で打開できる不自由さであることに気付く必要があります。

そして、妻もこの子供の不自由さを考えれば、自分はまだ自由なのかな?と思うようになったみたいです。

こうやって自由を感じられるようになると気持ちが楽になると思うので、無理やりにでも自由を探すというのは良いと思います。

全く感じられていないという方も、実は自由であることに気付いていないだけです。

怪我をして不自由に感じて、健康でいることが自由だったと気付くこともあるくらい、自由は空気みたいな存在だからです。

この記事を読んで、自由を感じるきっかけになってくれれば幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

比較サイトみるくらいならこれ一択!クレジットカードなら楽天がオススメ!

フリーになってから、クレジットカードの勧誘とかされても審査で落ちるからなぁなんて思ってるわけですが、

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

iPhoneSEのSIMフリーを買ってIIJMioへのMNPする方法をまとめてみた

毎月の通信料に悩まされている方は多いかと思いますが、頑張って抑えようとすると複雑な3大キャリアの料金

記事を読む

昼夜逆転から生活リズムを取り戻す為に、あえてそのまま過ごそうとした結果

最近、日中は育児やら何やらで作業が捗らないことがあるので、家族が寝静まってから作業をすることが多々あ

記事を読む

Amazonプライムビデオ目当てにプライム会員になる価値はあるのか?

先日紹介したAmazonプライムビデオですが、無料体験期間があったので登録をして何作か映画を見てみま

記事を読む

家を買うとかありえない!賃貸の方が優れている5つの理由

結婚してからよく「家買わないの?」と聞かれました。 当時勤めていた企業は格付けも最高レベルで、

記事を読む

ライザップを超える?完全無料の「DIET GENIUS」が始動!

twitterのタイムラインは年末年始も休むことなく、というかいつもより流れが速くて眺めているだけで

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑