自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

公開日: : ライフハック, 育児

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか?

育児中の妻と話していると不自由だと感じることがあるようだったので掘り下げて考えてみました。

確かに育児してると自由はかなり奪われます。

子供中心の生活になりますし、出かけるにしても子供を置いていくわけにいかないので、場所が制限されます。

起きる時間も子供に合わせることになるし、食事もゆっくりできません。

こんな状態が数年続くわけですから、やっぱり一般的には不自由だと思います。

では子供と比べるとどちらが自由なのでしょうか?

好きな時に寝て、好きなだけ遊べて、まさに自由なひと時を謳歌しているように感じますが、私は子供が一番不自由だと思います。

もし子供の頃に戻れるとしても、不自由になるので戻りたくないと思うほどです。

そう思う理由を今回は挙げていきます。

スポンサードリンク

子供の不自由さ

パッと見れば自由な部分が目立ちますが、子供の視点に立つとありとあらゆることが不自由です。

行きたい場所に行けない

子供には色んな事情があって好きな場所に行けません。

赤ちゃんだったらハイハイが出来なければ、部屋すら自分の意思で移動出来ません。

歩けるようになっても、精々近所を徘徊するのが限界です。

車も使えないですし、お金がなければ電車も使えません。

私は田舎で育ったので、ゲームソフトが陳列されてるのを眺めるも本を立ち読みするのも自由にできませんでした。何故なら、お店に行くことすら出来なかったからです。この頃は不自由を全面的に感じてました。

さらに私の小学校は何故か学区の外に保護者なしで出ると先生に呼び出されて指導されてました。

学区も狭いし信号機もないような場所ですが、もうアホかと子供ながらに思った記憶があります。

好きなものが食べれない

誰だって今日はあれ食べたいなー、とか思うことあると思いますが、子供はそれが出来ません。

言葉を喋れるようになっていれば要望を伝えることができますが、そうでない場合はあるものを食べることしかできません。

世界的に見れば食べられるだけでも幸せなのかもしれませんが、ここは日本なのでそれだけでは不自由です。

子供もストレスを感じたりすることがあるらしいですが、それを食事で発散するということが出来ないということですね。

毎日3食、健康的な食事は魅力的ではありますが、そこに自由はありません。

好きな人と会えない

子供でも色んな人と出会いますが、親の人脈の中での出会いに縛られます。

連れまわされて色んな人と交流できるのは社会的なトレーニングになると思いますが、やはり自由はありません。

「こいつ嫌いだ」と内心思っていても、親の仲が良いと何度も会う羽目になります。

逆に会いたいと思う人が仮にいたとしても、自分の意思では会えません。幼稚園・保育園まで行けばある程度自由にはなりますが、それまでは本当に制限されてしまいます。

まとめ

子供の不自由さを考えれば、大人はかなり自由です。

大人でも中には会社に縛られて不自由を感じる人もいると思いますが、そもそもそれは自分で打開できる不自由さであることに気付く必要があります。

そして、妻もこの子供の不自由さを考えれば、自分はまだ自由なのかな?と思うようになったみたいです。

こうやって自由を感じられるようになると気持ちが楽になると思うので、無理やりにでも自由を探すというのは良いと思います。

全く感じられていないという方も、実は自由であることに気付いていないだけです。

怪我をして不自由に感じて、健康でいることが自由だったと気付くこともあるくらい、自由は空気みたいな存在だからです。

この記事を読んで、自由を感じるきっかけになってくれれば幸いです。

スポンサード リンク

関連記事

動画が見放題?Amazonプライムがとってもお得なサービスに!

今更Amazonの紹介をするつもりはありませんし、誰もが一度は使ったことがあるサービスと思います。

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

何故そんなに貯金がないの?お金が貯めれない人は必読!

都内に住んでいたときはなかったのですが、名古屋に来てからフリーペーパーがよくポストに投函されるように

記事を読む

やりたいことがない?そんなあなたに気づいて欲しいこと

このブログでも、嫌な仕事するくらいならやりたいことを仕事にした方が良いと主張してきましたが、肝心のや

記事を読む

替えたおむつの保管場所は?匂いをシャットアウトできる「おむつのにおい」対策

子供が産まれてからは、当然ながら毎日おむつを替えてるわけですが、替えたおむつの保管場所って結構大変だ

記事を読む

Amazonプライムビデオ目当てにプライム会員になる価値はあるのか?

先日紹介したAmazonプライムビデオですが、無料体験期間があったので登録をして何作か映画を見てみま

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

夫婦円満の秘訣?家族との時間をどれだけ過ごしてるか考えよう

妻とは職場で出会っているので、今まで何年も経ちましたが毎日顔をあわせてました。 転職して、1年

記事を読む

成長する近道があるとしたらこれだと思う。

大学の頃に体育会の方で(サークルじゃないよ!)テニスをやっていたので、卒業後も当時のメンバーでテニス

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑