うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

公開日: : 育児

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出し、いつの間にか応募。

どれくらいの倍率だったかは分かりませんが、当選。

そんなわけで先日撮影会とやらに行って参りましたので、その様子を報告します。

スポンサードリンク

ワイルドフラワーガーデンへ

撮影場所が名古屋市のワイルドフラワーガーデンというところでした。

一応何年も名古屋に住んでるわけですが、一度も行ったことがなければ聞いたこともない。一体どこにあるんだと思ったら、ここ。

スクリーンショット 2015-08-17 11.20.14

愛知県民でなくても何となく察していただけるのではないでしょうか?

東京のお台場とか豊洲とかそんな良い感じの場所ではなく、周りは工場みたいな運搬系の会社ばかりで、道路は車も殆ど走ってません。平日ならトラックがたくさん走っているんだろうなと思いながら、寂れた街を探索しながら到着。

駐車場は良心的にも無料でした。

お盆の最中、しかも土曜日の昼にも関わらず、10台も停まってない。車には「baby in car」のステッカー貼ってあるし、もしかしたら撮影会に来た人しかいないんじゃないか・・・

園内へ

入園料、取られます。撮影の為とはいえ園内で撮影するので大人2人、300×2の600円必要でした。

これは予め分かってたのでまぁいいでしょう。撮影後にフラワーとやらを拝めばいいわけですから。

撮影会の受付は建物の中にあるみたいで、とりあえずそちらに向かいます。

時間ギリギリについたので待たされるかもと心配していたんですが、杞憂でした。

だって自分たち含めて4家族くらいしかいない・・・

受付終わってから、簡単なアンケートを記入して受付に渡しにいくと、「呼ばれますので、少々お待ち下さい」と案内されたすぐ横で、カメラマンの方に呼ばれてるくらいスムーズ。

待ち時間が「少々」過ぎて逆に気づかない!

とりあえず、待たされなかったことは嬉しい誤算でした。

ついに撮影

それで、カメラマンの方と補佐(子供の注意を引いたりする)方の2名体制で撮影を行うらしい。

最初に箱みたいなものが用意されて、そこに子供を横にする。

なんか箱から両手両足がはみ出てて何ともシュールな光景。さすがにこれはと思ったカメラマンが箱なしに変更。

白いふわっふわのマットを敷いて、そこに座らせる。

室内とはいえ、夏なのに、ふわっふわ。

ちなみに写真が公開されるのも9月くらいだから暑い。なのにふわっふわ。

別にどうってことないんですがちょっと季節感ないかなと。

とりあえず、そんな感じで撮影が始まったわけですが、来たこともないところに来ると決まって表情が硬い我が子。

ハイハイレースという戦場でもそうだったように、カメラ向けられたところで無表情が変わるわけがない。

笑わせようと補佐の人も必死。

頑張れ!

カメラマンも「何かこうしたら笑うってことありますか?」なんて聞いてきて、そんなこと出来たら子育て苦労しないよなーと思いつつ、「ないです!」と丁寧にお答えさせていただいた。

そうこうしている内に、慣れてきたのか少しづつ笑うようになってきた。

ホント頑張ってる、補佐の人。

なのに、いいタイミングで構えていないカメラマン。

さすがにイラっときたのか補佐の人「ちゃんとカメラ構えてて下さい!」

叱られとるやん!!笑

それでしばらくしてやっと笑ったところが取れたカメラマン。

「よっしゃ、もらったー!」と割とフランクな感じ。でもどこか投げやり気味なのが面白かった。

子供だけの写真だけじゃなく、家族3人や2人の写真も勧められはしたけど、3人のと妻と子の2ショットだけ撮ってもらった。

どうせデータ買わない限り拝むことのない写真ですし。

撮影も30分もかからない内に無事終了しました。

再度受付で営業を受ける

先ほど撮ったKids時計で公開される以外にデータとして買ったりすることができますよっと案内を受けます。

営業ですけど、しつこい感じもなく柔らかく断りました。

全部で何枚かは分かりませんが、当日申し込みで12,980円。自分たちにはとても高く感じたけど買う人もいるんだろうなー。

フラワーガーデン

撮影も終わったので、園内をぐるっと。

休日にも関わらず人が少なくて快適です。でもとても暑い。

IMG_2938

こんな感じでそこまでフラワーか?って思いましたが、暑さでフラワーも休憩中なんでしょう。

ガーデン要素の方が強かったです。

これだけのためにここに来るかと言われれば来ないですけど、そこまで入園料が高いわけじゃないし、近くに来たら寄ってみるのもいいんじゃないでしょうか?すぐ隣に火力発電所があるので、そのついでに。

まとめ

総評してそれなりに楽しめました。

Kids時計のスタッフの方々はだいたい30歳前後とあまりプロっぽい感じはせず、大学のサークルの延長でやってるような感じに近いですね。

スタジオアリスで撮影したこともあるので比較してしまいますが、設備もカメラマンも色々とスタジオの方がレベルは高いと感じたので、純粋に写真が撮りたいならスタジオの方がお勧めです。

ただこういったイベントが好きな方は十分に楽しめると思うので、興味のある方は次の募集があった際には是非応募してみてください。

スポンサード リンク

関連記事

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

天才なのか馬鹿なのか?テストの点数だけで子の出来・不出来を決めるのは勿体ない!

私には弟がいて、どうしようもない馬鹿でした。 小学生の頃から片鱗を見せていて、某猫型ロボットが

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

赤ちゃんの成長は何故早い?大人も参考にすべき3つの要素

毎日が充実していても、気がつけばあっという間に時が経ってます。 この数ヶ月は子供の成長と共に歩

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑