ベビーカーを使った赤ちゃんの寝かしつけ方法を教えます

公開日: : 育児

育児をしている方なら間違いなく寝かしつけには苦労されていると思います。

産まれた時のあの可愛いという感情は、容赦なく浴びせられる鳴き声を聞き続けることによって殺気へ豹変・・・しそうになるのを何とか理性で抑えているという方も少なくないと勝手に思ってます。

たまにニュースで聞く赤ちゃん関連の悲しいニュースも、大変で耐え切れなかったのかなぁなんて若干察してあげようという考え方も芽生えるほどです。

せめてもう少し寝てくれれば。抱っこしてれば寝てるのに、布団に置いた瞬間に起きてしまう。これでは何もできない。なんて状態が少しでも改善されれば、育児は幾分楽になるのではないでしょうか?

 

もちろん、添い乳とかいう女性最大の切り札という手もありますが、男である私にはそんなことできません。

あ、でも一応乳首はありますね。似て非なるもの。

試そうものなら父親の顔が脳裏に浮かび、昔、自分の親父の乳首を吸っていたらなんて思うと、産まれた時まで遡って人生をリセットしたくなるのでやりません。

 

というわけで、ベビーカーを使った寝かしつけの方法を紹介します。

 

ベビーカーに寝かせて、前後に揺するだけ!

紹介といっても当たり前のことなのかもしれません。(急に弱気)

抱っこしながら寝ているときに限りますが、ポンとベビーカーに寝かせます。

当然起きて泣き出すんですが、そのまま前後に揺すってあげてください。

泣いた時点で諦めて抱き上げる方も多いと思いますが、そのままベビーカーを揺すっていれば勘違いしてまた寝てくれるようです。

 

1人目とかで赤ちゃんを泣かせておくのに慣れていないとなかなか気づかないです。

自分たちも、知り合いの方から教えていただき、試して効果のほどを思い知らされました。

 

ベビーカーでいいということは

ベビーカーでこれだけの効果があったわけですから、そもそも寝かしつける為に開発されているハイローチェアあたりは更に威力を発揮してくれそうですね。

出費が痛すぎて視野に入れてませんでしたが、布団にそっと置いてあげて失敗、抱き上げてあやして再度チャレンジみたいな時間を何十分も費やすくらいなら安い買い物になるのかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

子供の将来を考えてる?45年後に人口2/3になったとしたら。

最近、よく読んでいる永江一石さんのブログ。 下手なニュース見てるよりよっぽど良い情報収集になり

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

赤ちゃんの成長は何故早い?大人も参考にすべき3つの要素

毎日が充実していても、気がつけばあっという間に時が経ってます。 この数ヶ月は子供の成長と共に歩

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。 親からした

記事を読む

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑