育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

公開日: : 育児

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育児を率先してやるようにしています。

中でも妻は子供の食事に関してはイライラすることが多く、見ていて子供も可哀想なので出来るだけ自分がやっています。

ちなみに、子供の食事は結構大変でイライラしてしまうのも無理ありません。

個人差もあると思いますが、茶碗1杯のご飯をあげるだけでも平気で30分くらいかかったり、時には口を開いてくれなくなったりして、思うようにいきません。

そこで手で払いのけられてご飯が床に落ちてしまったりすると、妻は我慢できないようです。

かという私は、イライラしたことはなく、食べてくれると気持ちが良いので割と楽しんでます。

不思議と私が与えた方が、子供も積極的に食べてくれるような気がしますが、どこに差があるのか考えてみました。

スポンサードリンク

子供にとって食事とは?

まだ1歳くらいの子供だと、食事の意味も理解していないと思います。

お腹が空いたから何か食べたいと思う程度でしょう。

遊びと食事の区別がついているわけがなく、食事の際に拘束されるのも不快そのものだと思います。

中には食べることが大好きで、鳥の雛のように欲し続ける子もいるかもしれませんが、我が子はそうではないのですぐに飽きてしまいます。

そこに大人の事情で、食事の量とか体勢を強制されたら抵抗したくなります。

私は小学校の給食が苦痛だったので、その気持ちが分かるつもりです。

余程、空腹の状態じゃない限り食事は余裕があるからこそ楽しめるものだと思います。

大人ですら悩んでたりすると食欲がなくなるわけですから、当然子供も一緒です。

食事も遊び!自由に食べさせる

私が子供にご飯をあげるときは、初めから床に座らせて自由にさせています。

気持ち的には遊んであげるのと一緒で、ちょっと相手してやるかーくらいの感覚です。

当然、初めはパクパク食べてくれるのでお互い気持ちが良いですが、半分くらいからは飽てくるのか、他のものに興味を持ったり移動し始めます。

こちらとしても遊んであげてる感覚なので、他に興味がいったなら食事を諦めて仕事に戻るようにしています。

暫くするとまた相手して欲しいのか寄ってくるので、そこでご飯をあげます。

少し時間が空いているからなのか、また口を大きく開いて食べてくれます。

これの繰り返しです。

きっと、椅子に貼り付けになっていたり、どこまでも追いかけ回されるよりは、食事に対してポジティブになってくれるからだと思いますし、多少時間はかかりますがほぼ完食してくれます。

まとめ

子供に対して多くを求めすぎると、確実に裏切られるので、どのような気持ちで接するかというのは大切だと思います。食事だからと色々と気にしすぎたりすると、子供には伝わらない。そして子供も何故か怒られるで悪循環に陥ってしまう可能性があります。

マナー云々という話しもありますが最終的にできれば良いだけなので、箸の持ち方を教えるタイミングくらいには、その必要性を教えてあげれば良いかと思います。

今はしっかり食べて身体を大きくすることが一番大切なはずなので、子供には食事は苦痛ではなく楽しいと覚えて貰えたら嬉しいですね。

スポンサード リンク

関連記事

赤ちゃんの英語教育は必須!?もし英語を習わせるなら生後10ヶ月以内に始めよう!

ここ数年は特に英語が出来た方が良いと思う親は多いのではないでしょうか? TOEICの点数で足切

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

育児中にスマホ弄ってない?そうならない為にオススメする3つの行動

家で仕事しているので通勤時間とかもなく、作業時間はたくさんあるように思いますが、日中は思ったように作

記事を読む

子供(10ヶ月)が夜中に大量に嘔吐!これってホントに大丈夫なの?

週末は友人と旅行の予定だったので、その分の仕事を事前に終わらせておきたくて金曜日は夜中まで作業してま

記事を読む

子供のお金はどうする?お金の教育の必要性を考えてみた

独立してからお金に対する考え方が大きく変わりました。 それまでは、ただお金について何も知らなか

記事を読む

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

父親・母親必見!子供が言葉を覚える過程をまとめてみた

家で作業しているメリットとして通勤がないというのが一番大きいと思いますが、子供がいる自分にとって息子

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑