育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

公開日: : 育児

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育児を率先してやるようにしています。

中でも妻は子供の食事に関してはイライラすることが多く、見ていて子供も可哀想なので出来るだけ自分がやっています。

ちなみに、子供の食事は結構大変でイライラしてしまうのも無理ありません。

個人差もあると思いますが、茶碗1杯のご飯をあげるだけでも平気で30分くらいかかったり、時には口を開いてくれなくなったりして、思うようにいきません。

そこで手で払いのけられてご飯が床に落ちてしまったりすると、妻は我慢できないようです。

かという私は、イライラしたことはなく、食べてくれると気持ちが良いので割と楽しんでます。

不思議と私が与えた方が、子供も積極的に食べてくれるような気がしますが、どこに差があるのか考えてみました。

スポンサードリンク

子供にとって食事とは?

まだ1歳くらいの子供だと、食事の意味も理解していないと思います。

お腹が空いたから何か食べたいと思う程度でしょう。

遊びと食事の区別がついているわけがなく、食事の際に拘束されるのも不快そのものだと思います。

中には食べることが大好きで、鳥の雛のように欲し続ける子もいるかもしれませんが、我が子はそうではないのですぐに飽きてしまいます。

そこに大人の事情で、食事の量とか体勢を強制されたら抵抗したくなります。

私は小学校の給食が苦痛だったので、その気持ちが分かるつもりです。

余程、空腹の状態じゃない限り食事は余裕があるからこそ楽しめるものだと思います。

大人ですら悩んでたりすると食欲がなくなるわけですから、当然子供も一緒です。

食事も遊び!自由に食べさせる

私が子供にご飯をあげるときは、初めから床に座らせて自由にさせています。

気持ち的には遊んであげるのと一緒で、ちょっと相手してやるかーくらいの感覚です。

当然、初めはパクパク食べてくれるのでお互い気持ちが良いですが、半分くらいからは飽てくるのか、他のものに興味を持ったり移動し始めます。

こちらとしても遊んであげてる感覚なので、他に興味がいったなら食事を諦めて仕事に戻るようにしています。

暫くするとまた相手して欲しいのか寄ってくるので、そこでご飯をあげます。

少し時間が空いているからなのか、また口を大きく開いて食べてくれます。

これの繰り返しです。

きっと、椅子に貼り付けになっていたり、どこまでも追いかけ回されるよりは、食事に対してポジティブになってくれるからだと思いますし、多少時間はかかりますがほぼ完食してくれます。

まとめ

子供に対して多くを求めすぎると、確実に裏切られるので、どのような気持ちで接するかというのは大切だと思います。食事だからと色々と気にしすぎたりすると、子供には伝わらない。そして子供も何故か怒られるで悪循環に陥ってしまう可能性があります。

マナー云々という話しもありますが最終的にできれば良いだけなので、箸の持ち方を教えるタイミングくらいには、その必要性を教えてあげれば良いかと思います。

今はしっかり食べて身体を大きくすることが一番大切なはずなので、子供には食事は苦痛ではなく楽しいと覚えて貰えたら嬉しいですね。

スポンサード リンク

関連記事

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。 そんな私はSONYのRX-100

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

社会人になって初めて分かった大学を選ぶときに大切なこと

アプリ開発ばかりしていたので、気分転換に無理やり外に出かけてみました。 特に何かしたわけでもな

記事を読む

祝1歳!!盛大にお祝いするのもいいけど、忘れて欲しくない大切なこと。

自分が親になるなんて、いつぐらいに実感が沸いてきたのかイマイチ覚えていません。 女性はお腹が大

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑