資生堂ショック!?嫌なら辞めればいいじゃない。

公開日: : よもやま話, ニュース

Twitterのタイムライン見てたら、資生堂ショックとやらが随分と波紋を呼んでいるようで、適当にまとめサイトをみるだけでしっかりと調べずに言いたいことだけいう相変わらずなスタイルで自分なりの考えを書いてみたいと思います。

(しっかり調べてるのもありますよ?)

最初に結論を言っておくと、働く側は嫌なら辞めてしまえばいいと思います。

突き放すような言葉ですけど、労働者はそうするしか手はないと思います。

ちなみに、私も会社じゃないですけど経営をしてるので企業の気持ちもわかりますし、激務な企業で働いた経験もありますし、育児も実家に頼らず妻と2人だけで毎日奮闘してる最中なので、それぞれの意見が痛いほどわかってるつもりです。

スポンサードリンク

経営者の意図

いくら大手といえど、社員一人に毎月給料を払うってどれだけ大変なことか考えたことありますか?

その給料を払っている社員がちゃんと働いてくれないと企業はすぐに潰れてしまいます。

経営者は年中休む間も無くそのことが頭から離れません。

今回、その標的となったのが時短で働く方々というわけですね。

確かに本来働ける人には少しでも働いてもらって、キャリアアップの道を示してあげるのはある意味当たり前のことかもしれません。

といっても内部の事情を知らないので何とも言えませんが、上手くいく算段が既に立っているということかもしれません。

働く側の意図

あえて説明することもないと思いますが、全員が全員働きたいと思ってるわけではありません。

生活を維持する為に最低限で良いという人も増えてきています。

そこに、女性は出産や育児があるわけですから、無理な働き方を強いられたら怒り狂うのも分かります。

育児は一人だけでは困難ですし、全員が実家や夫の協力を得られるわけじゃありません。

子供にも個人差があるので、誰かが両立できたからといって全員ができるという話になるのは可笑しなことです。

働いている本人たちでない方々も、同じ女性として言いたいことは沢山あるかと思いますが、だいたいまとめるとこんな感じではないでしょうか。

嫌なら辞めればいい

炎上してはいますが、企業に対して文句があるなら辞めればいいと思います。

何を言ったとしても、ずっと在籍しているなら会社のやり方には従う必要が出てきます。

逆に辞めるのは個人の自由です。会社がどれだけ引き止めても、職業選択の自由という法律がある以上必ず辞められます。

だから仕事と育児の両立が無理なら辞めればいいのです。

そうすれば育児は出来ますし、会社も方針に沿わない人材が減るのでやりやすくなります。

会社を辞めてしまえば当然収入も絶たれることになるとは思いますが、自分の思った通りの条件で雇ってくれる会社に再就職すれば良いだけです。

かなり不利に思うかもしれませんが、本当に会社の方針が間違っているなら会社は倒産という形で答えが出ますし、そもそも雇用されるということ自体が不利なので、仕方がありません。

まとめ

育児の大変さを知っているので、時短もなしで働くのは無理があります。

中には実家に協力してもらったりして可能な方も実在するのも事実のようです。

しかし、それが一体どれだけいるのか?

また、実際に社員の負担を軽減したとする場合、そのしわ寄せはどこかに必ず出てきます。一番分かりやすいのが商品の価格ですね。

よく聞くブラック企業でも、商品が安くて客も多い、会社も成長してるところがありますが、それは社員がそれだけ犠牲になっているということです。

そして、こういうところに声を上げて改善させた場合、今のままのサービスは受けられなくなるということは理解しておかなければいけません。

 

スポンサード リンク

関連記事

1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。 私も何度もこのブログで書いてきていることです

記事を読む

リリース間近??草野球チームを作ろう!の次回作が予約受付を開始!

たびたびこのブログでも開発の進捗を簡単に報告してきましたが、ようやく予約TOP10というアプリ予約サ

記事を読む

ゆうちょやスクエニから詐欺メールが届いた件

もちろん公式ではなく、フィッシング詐欺サイトへの誘導メールが届いたって話です。 ちょっと前まで

記事を読む

未知の領域!芸術を学ぶ学生達が作る学祭に行ってみた

この週末は学祭真っ只中ですね。 私も一応大学出てますので、卒業してから母校の学祭には行くことは

記事を読む

出世したいなら必読!求められる人になるにはどんな仕事をするべきか?

仕事と一言でいっても業種など様々で『やること』は大きく違ったりします。 肉体労働はキツいからデ

記事を読む

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終わりました(青井えう) htt

記事を読む

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビューなんかで話したことあるんで

記事を読む

結婚はデメリットだらけ?制限されたりする中にもメリットはある!?

世の中の方々は忘年会に忙しい時期だったのかもしれませんが、それも今日(執筆12/31)で終了ですね。

記事を読む

動画が見放題?Amazonプライムがとってもお得なサービスに!

今更Amazonの紹介をするつもりはありませんし、誰もが一度は使ったことがあるサービスと思います。

記事を読む

変な人に絡まれたので一部始終をありのまま話すぜ!

お久しぶりです。ふるあぷです。 本来このタイミングならデジゲー博(インディーゲームのイベント)

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑