アプリ1本でどれだけ儲けることが出来るのか?なんと平均44,000円らしい!?

公開日: : アプリ

アプリ開発者のほとんどがお世話になっているだろうメディアがありまして、ヒット作を生み出した方にインタビューして、売り上げだったり工夫したところみたいな普通じゃ聞けない数字をズバっと公開してくれています。

アプリ業界の経験やノウハウがなくても、記事を遡って読んでいけばそれなりの情報通になれるのではないかというほど充実しています。

そのメディアというのが、アプリマーケティング研究所さんなんですが、またまた興味深い記事を公開されていたので、1アプリ開発者として考察したいと思います。

国内最大級のスマホアドネットワーク「nend」を運営する、ファンコミュニケーションズさんに伺ったお話を、前後編でお届けします。2015年に流行ったアプリの特徴や、アプリの広告収益の平均値など。 ※株式会社ファンコミュニケーションズ(左から)二宮さん、浅見さん、中野さん。 メディア側(アプリ開発者側) 昨年(2014年)のトレンドおさらい 2015年にヒットしたアプリの傾向。 浅見: 2014年は「コレクションゲーム(放置ゲーム)」など「デザインやキャラ重視のゲーム」が人気でしたが、2015年は「ゲーム性重視」のアプリが流行った年だったと考えています。 例えば「Q」のような物理演算ゲーム、「BREAKER」のような昔ながらの「ブロック崩し」をスマホに最適化したゲームなどです。これらに共通しているのは「ステージクリア型」という要素。 「ステージクリア型」のゲームが増えた理由としては、「インタースティシャル広告が、(海外に続いて)日本でも普及したから」だと考えています。 つまり、広告サイズが大きく、クリック単価の高い「インタースティシャル広告」と、広告を入れる「すきま」をつくりやすい「ステージクリア型ゲーム」の相性がよかった、ということです。 1アプリあたりの収益額は44,000円(月額)に。 浅見: 昨年に続いて、1アプリあたりの広告収益(月間)を出してみたところ、平均値としては44,000円/月という結果になりました(前年比10%アップ)。 平均値が上昇した理由は、これも「インタースティシャル広告の普及で、1アプリあたりの収益性が上がった」というのが大きいと感じます。 各アプリを収益帯ごとに分けた分布で見ると、ボリュームゾーンはやはり平均から大きく下がって「1,000~5,000円」の59%です。 高収益帯の「10万円~」で見ると全体の5%なので、「20アプリ中1アプリが、月10万円以上を稼げている」ということになります。 この「収益分布の割合」については、去年とそう変わっていません。iOSとAndroidの収益比率についても大きな動きは見られませんでした。(昨年はiOS 65%:Android 35%だった) ちなみに、新規リリースされる月間のアプリ数(nendへの登録数ベース)は、未だに伸びていますね。 ※nendにおける1アプリあたりの月額収益分布(月1

ちなみにインタビューに答えているのが広告会社の方ですので、数字はたくさんの開発者の数値を集計して算出した信憑性のある数字だと思われます。

1アプリ平均44,000円とのことですが、アプリ開発者でない方もどう感じるでしょうか?

スポンサードリンク

全ての開発者がnendを使っているわけではない

まず、この数字を鵜呑みにしてはいけません。

これはメディアや記事の内容に関わらず全てのニュースに言えることだと思いますが、自分の都合の良い数字や見せ方をする傾向が誰にでもあるので、一度疑う必要はあります。

この場合は、集計対象が広告のnendのみの統計であるということです。

nendは大手ですし、使っている開発者も相当な数なので、サンプリングする量としては十分でしょう。他の全ての会社に同じインタビューをしても同じような数字になる可能性は高いと思われます。

しかし、忘れてはいけないのが、1アプリに使う広告の種類は複数あるということです。

アプリ開発も収入が不安定だったり、1社に依存しすぎるとネットワーク障害等があった時にその影響をモロに受けて悲惨なことになりかねません。

だから仮にnendを使っていたとしても、別の広告会社の広告と組み合わせていることも多いのです。

そう考えると、1アプリで稼いでいる金額というのは2倍だったり、それ以上という可能性も秘めています。

最近はSSPといって単価の良い広告を自動で切り替えて表示してくれるサービスも人気があるので尚更です。

1開発者として多いと感じる

では、1アプリ44,000円は開発者にとって少なく感じているのか?といわれるとそうではありません。

はっきり言ってしまうと、とても多く感じます。

開発者じゃない人も多いと感じたかもしれません。

それはそれで良いのですが、この数字を鵜呑みにしてアプリを作ってみようと思い立ってしまうと痛い目をみるはずです。

当然ヒットすればもっと稼げますが、そうでない場合はお小遣いにもならない可能性が高いからです。平均という言葉のマジックですね。

多いと感じる理由

その理由は月1,000円以下のアプリは除いているところに起因しています。

確かに月1,000円に満たないアプリは趣味程度で作られたアプリだったり、広告を工夫して掲載してマネタイズしようという考えが甘いアプリだったりするので、統計に含めたくないのはわかります。

何も知らない人も、月1,000円以下のアプリは外れ値だと思う方が多いかもしれません。

しかし、ほとんどアプリは1,000円以下です!

本気で儲けようと頑張って作ったアプリでも、日の目を見なければ月1,000円の壁は結構大きいのです。

アプリで生計立てようとしてる私でも利益にならないので公開停止にしようかと思うアプリがたくさんあるほど、世の中には売れないアプリがうごめいているわけです。

きっと、それらを含めてしまったら、平均金額はガクっと下がることは間違いないはずです。

まとめ

広告会社としては景気の良い話しをして、たくさんの開発者の方に使って貰いたいという意図があってのことだと思いますが、個人的には月1,000円以下のアプリも含めた金額も知りたいなぁといった感じです。

ただ、それでもこういった数字だったり、ヒットしたアプリの傾向だとかを公開して頂けることは参考になりますし有り難いことです。

私も開発者として多い少ないという話しで終わらず、この平均金額を底上げできるように頑張っていきたいなと思います。

スポンサード リンク

関連記事

一攫千金を狙うならこれを読め!大ヒットアプリに学ぶ法則

前回は、稼ぎやすいジャンルのアプリを紹介しました。 私がリリースしているアプリも、放置

記事を読む

アプリ開発者として食べていくために大切なこと

会社を辞めてからは、知り合いの会社から仕事を貰ったりクラウドワークスなんかで仕事を見つけてくることも

記事を読む

脱出ゲームって本当にダウンロードされて収益性が低いのか実際にリリースして試してみた

先日、脱出ゲームとやらを出してみました。 開発者界隈でも簡単にダウンロード数が伸びるだとかで、

記事を読む

リワード広告の今後を予想してみた。ブーストはいつかなくなる!?

アプリ業界はまさにブースト全盛期と言って過言ではないでしょう。 テレビCMを打つより、バナー広

記事を読む

【アプリ開発】作りたいものを作ると何故売れないのか考えてみた

草野球チームを作ろう!レジェンドをリリースしてから1ヶ月が経過しました。 このアプリは、前作を

記事を読む

no image

アプリ開発者を始める人で技術ブログを書こうとしている人は高確率で消えていく!?

既にブログ書いてる人もたくさんいらっしゃると思いますが、これからアプリ開発を始めようというところに併

記事を読む

リリース直前情報!草野球チームを作ろう!レジェンドの制作秘話を公開

リリースまでのラストスパートと思って2月後半から根詰めて頑張って参りましたが、一体いつ終わるんだとい

記事を読む

話題の卒論というアプリの開発元らしき会社に問い合わせてみた結果

以前からアプリ業界の闇を紹介することがありましたが、またもやキワドイものがリリースされ話題を呼んでい

記事を読む

子どもにゲームは与えない方が良い?アプリ開発者が考える子どもとゲームの距離

私がゲームに出会ったのは物心つく前で明確にいつだったかは覚えていません。しかし、小学校に入る前には既

記事を読む

成功するための近道は?ジブリ作品の興行収入を見て思うこと

Amazonプライムミュージックにジブリの曲も追加されていたので、とりあえず聞いていたら何か気持ちが

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑