夫婦円満の秘訣?家族との時間をどれだけ過ごしてるか考えよう

公開日: : ライフハック, 育児

妻とは職場で出会っているので、今まで何年も経ちましたが毎日顔をあわせてました。

転職して、1年くらいは勤め先が違うこともありましたが、今は私がフリー、妻は専業主婦なので、24時間ずっと一緒にいます。

中にはこれが苦痛に思う人もいるかもしれませんが、家族との時間を大切にしたいと思う気持ちが根底にあるので、私は全く苦に思いません。

 

ある意味、そういう価値観においては最高の環境を手に入れているわけなんですが、どうもそれだけじゃ意味がないと思うようになりました。

 

家族との時間 = 一緒にいる時間?

忙しく働いていたサラリーマン時代、毎日遅く帰って家にまともにいない状態を続けていた私にとって、とにかく早く帰ることができないと家族との時間を作れないと思っていました。

だからこそ、「この会社にいたらダメだ。」そう思って転職を決意しているのですが、ある意味これは正解であり、間違いでもあるんじゃないかと思うようになりました。

それは、今のずっと一緒にいる環境下でも、家族との時間を過ごせていないと感じる時があるからです。

自分は仕事でパソコンに向かってます。妻は家事で洗濯や料理してます。

育児も自分が仕事している時は妻が面倒をみて、妻が家事しているときは自分がみているので、よくよく考えると一緒に何かするってことが殆どありません。

あるとすれば、子供のお風呂か食事なんですが、朝は私が遅く起きるので昼と夜のタイミングだけです。

さらにいうと、土日の概念がないので私は毎日働いています。妻も家事に休みはないので同じです。

なので、毎日このような生活が続いていました。

普段は家にいなくても土日に家族サービスしてる普通のサラリーマンの方がマシじゃねって感じですね。

 

家族との時間を過ごす方法

気付けさえすれば割とどうにでも生活を変えられるのがフリーのメリットなので、最近は2つのことに気をつけています。

 

ドライブする

週に1度は車でどこかに行くようにしています。

目的はショッピングでもカフェでも何でもいいんですが、とにかく家から離れることです。

家にいると、どうしても仕事のことが頭から離れないんです。

だから無理にパソコンに向かうことのできない時間を作り出すことで、自然に家族との会話ができるようになります。

まぁ、MacBookは精神安定剤として持ち歩いてるんですけどね。

 

一緒に家事をする

子供が寝ているときとか、一人でも遊んでいられるときしかできませんが、家事を一緒にするようにしています。

むしろ替わりに家事をしてしまうのは、家族との時間を過ごす意味ではあまり効果がありません。

共同で作業するって思っている以上に楽しいので、料理でも掃除でも洗濯でも楽しくできると思います。

もちろん、一緒に子供の相手をするのもいいです。

男性の方は是非試してもらいたいのですが、料理をちょっと手伝うだけでも、妻の反応は全然違います。

 

意識して家族との時間を作る

同じ空間にいるだけではあまり意味がないって今では思うようになりました。

一緒にいるだけでは何を考えているのか分からないし、ストレスを溜め込んでるかもしれません。

ちゃんと時間を作ることによって、助け合えるし楽しみも共有できるようになると思います。

仮に、土日しか家にいるチャンスがないのに、趣味や付き合いで家にいない方は、考えを改めた方がいいかもしれません。

もう家にいて欲しくないって思われていたら既にアウトなのかもしれませんが、挽回のチャンスはまだ残されてるかもしれません。

スポンサード リンク

関連記事

使えるものは使うべき!トレーニングするなら市の施設を使おう!

東京にいた時、住んでる近くにトレーニングジムがありました。 もういくらだったか忘れてしまいまし

記事を読む

変わることを恐れるな!変化しないあなたは損してる!?

先日はアプリ開発者の新年会に参加するため東京へ出張してました。 出張というと新幹線でぶーんっと

記事を読む

お金に困りたくなければ家計は旦那に預けろ!夫への小遣い制は辞めるべき!

結婚してから必ず一度は話し合うと思いますが、家計をどちらが管理していますか? 何となく家計とい

記事を読む

渋滞の裏技!一番早い車線の見分け方

先日、甲子園へ友人と行ってきた記事を書きましたが、そのときに目からウロコな裏技を教えてもらいました。

記事を読む

ヒントはどこにある?足りないものを補うには新しい視点を見つけよう

業界人ならではの知識ってあると思います。 私はアプリ開発者ですので、そういった情報をたまーにこ

記事を読む

祝1歳!!盛大にお祝いするのもいいけど、忘れて欲しくない大切なこと。

自分が親になるなんて、いつぐらいに実感が沸いてきたのかイマイチ覚えていません。 女性はお腹が大

記事を読む

Amazonプライムビデオ目当てにプライム会員になる価値はあるのか?

先日紹介したAmazonプライムビデオですが、無料体験期間があったので登録をして何作か映画を見てみま

記事を読む

昼夜逆転から生活リズムを取り戻す為に、あえてそのまま過ごそうとした結果

最近、日中は育児やら何やらで作業が捗らないことがあるので、家族が寝静まってから作業をすることが多々あ

記事を読む

日帰り甲子園!名古屋から甲子園決勝を観に行ってきた

甲子園といえば特別な場所ですよね。 かつて私も白球(柔らかい方)を追いかけていた身ですので、い

記事を読む

運転免許更新に必要なものと流れをまとめてみた

5月8日金曜に運転免許の更新に行ってきたので、必要なものとか流れとかをまとめてみました。 当方

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑