1時間いくらで買いますか?時間とお金についての価値観を明確にしてみよう!

公開日: : よもやま話, ライフハック, 仕事

時間は誰にでも平等に与えられ、そして有限である。

私も何度もこのブログで書いてきていることですし、著名な方や成功納めている人等が口を揃えて言う言葉でもあります。

むしろ、お金を不自由しないレベルに稼いでしまえば、考え方云々というより誰だって到達できる領域だと思いますが、殆どの人は時間とお金は天秤にかけているはずだと思います。

学生であれば、基本的にはバイトで収入を得てる人が多いですし、サラリーマンの人であれば、時間を切り売りして給料を貰っているわけなので、時間とお金は両方手に入れることは出来ず、相反関係にある状態だからです。

学生の時は、時間はたくさんあるけどお金がない。だから思う存分遊べない。サラリーマンになると、お金はあるけど遊ぶ時間がないという状態に陥ってしまいます。

その両者では、明らかに時間に対する価値観が異なっているはずなので、意味があるのかどうかはわかりませんが、定量的に測れるように考えてみました。

スポンサードリンク

あなたは1時間いくらで買いますか?

簡単に時間への価値観を表すなら、いくらで買うか問うのが一番手っ取り早いです。

学生なら時間はあるけどお金がない状態なので、おそらくバイト代の1,000円以上で買うことはないと思いますが、サラリーマンだったら人によっては1時間に5000円〜1万円くらい出しても良いという人もいるのではないでしょうか?

ただ、この問いに対しては仮定の話しに過ぎないので、もう少し現実味のある例えに置き換えてみます。

高速バス?こだま?新幹線?

あなたが今東京にいて、所用で名古屋まで移動しなくてはいけないとします。

しかも、大切な休日のど真ん中、13時に出発するとした場合に、どのような移動手段をとるか考えてください。

料金 時間
高速バス 4,000円 6時間
新幹線(こだま) 8,000円 3時間
新幹線(のぞみ) 10,000円 2時間

本来の料金と時間とは計算の都合で丸めてしまっていますが、名古屋への移動手段は現実的にはこの3パターンしかありません。

ここで、高速バスを選ぶなら、プラス6,000円払えば4時間短縮できる手段を捨てているわけですので、1時間を1,500円以下に感じているわけです。

逆にのぞみを選択した場合は、1時間1,500円以上の価値を見出していると言えます。

中間のこだまですが、実は時間1,300円となるので、のぞみと大差はないはずですが、1時間に1,500円出すのは惜しいという感覚の持ち主だということがわかります。

また、サラリーマンの残業代は基本給にもよるので個人差はありますが、1時間1,500円から2,000円くらいになるので、東京ー名古屋の移動と合わせて考えると、さらに面白いことがわかります。

単純に時間とお金だけに焦点を合わせると、これらの行為は

  • 残業 =時間を売っている
  • 新幹線=時間を買っている

と置き換えられるわけで、余分に1時間残業してお金を稼ごうとする人が、のぞみに乗っていたりすると、とても無駄なことをしていることになります。

何故なら、1時間2,000円弱で自分の時間を売って、1,500円で時間を買い戻していることになるので、誰もが無駄が多いと感じるのではないでしょうか?

そういう人は残業をしないほうがきっと幸せになれると思います。

まとめ

時間は直接お金に換算することは出来ませんが、日常生活から価値観を測ることは出来ます。

徒歩で移動するか、タクシーを使うかもそうですし、時間というサービスを買っていることは意外とたくさんあると思います。

その価値観に当てはめて、自分の働き方を考え直してみてください。

1年間働いて、年収だけで自分の働きを評価するのではなく、その年収の中に一体どれだけの時間を売ってしまったのかを考慮に入れてください。

その時間で本当は出来たことはありませんか?その時間を失ったことで後悔するようなことはありませんか?

これは私の失敗談でもあるので、ぜひ皆さんにも考えて欲しいと思います。

最後に補足ですが、移動手段を決めるときは、時間とお金以外に快適さなどを考慮に入れたりするので、一概に言えることではありません。あくまで参考レベルの話です。

スポンサード リンク

関連記事

知らないと損!自己都合を会社都合に変更して失業保険をすぐ受け取る方法

新卒からずっと同じ企業で働いていると、会社の常識は身につくかもしれませんが、社会の常識は身につきませ

記事を読む

2015年に買ってよかったものを3つ挙げるとしたらこれ!

どこのメディアでもやってるので、新鮮さも何もないかもしれませんが、昨年の2015年に私が買ってよかっ

記事を読む

自分のアプリの収益と何で課金ユーザーを優遇するのかを話すよ

アプリをリリースしたらブログを書くという決意も虚しく平気で更新頻度が月に1回ですら到達してない状況で

記事を読む

どこまでやれば満足?良い仕事をする為の考え方

ビジネス、もしくはスポーツで活躍している人を見ると、どこからモチベーションが湧いているのか疑問になる

記事を読む

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、とっても有名な人やモノってよく

記事を読む

赤ちゃんの成長は何故早い?大人も参考にすべき3つの要素

毎日が充実していても、気がつけばあっという間に時が経ってます。 この数ヶ月は子供の成長と共に歩

記事を読む

昼夜逆転から生活リズムを取り戻す為に、あえてそのまま過ごそうとした結果

最近、日中は育児やら何やらで作業が捗らないことがあるので、家族が寝静まってから作業をすることが多々あ

記事を読む

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする目的ではなく、アプリでコケた時

記事を読む

アイデアが浮かんだらまずやるべき5つのこと

アプリ開発者は小説家みたいな側面もあり、調子が良いとアイデアがポンポンと浮かびます。 逆に全く

記事を読む

家を買うとかありえない!賃貸の方が優れている5つの理由

結婚してからよく「家買わないの?」と聞かれました。 当時勤めていた企業は格付けも最高レベルで、

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑