ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

公開日: : 育児

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。

親からしたら大変そのものだと思いますが、成長している証でもあるので、上手に子供と付き合っていかないといけません。

いきなりこんなことを言い出したのは、仮に「イヤ」という単語を発しないで育てたらどうなるのか?ということが気になりだしました。

だって、子供は拒否したいのにそれに該当する言葉を知らないわけですから、どう表現してくるのか?

気になりますね。

そこで、満を持して教えるんです。

 

「だが、断る」

 

もうね、ネット上で誤用が多いとか、正しい使い方とかそういうのはどうでもいいんですよ。

絶対に面白い。(多分)

イヤイヤ期じゃなくて、だが断る期になりますから、一部の親はこんな大変な時期でも楽しく乗り越えられそうです。

スポンサードリンク

ネガティブな発言をしない

冒頭ではしょうもないことを書いてしまいましたが、もともと何が言いたかったというと、ネガティブな単語を使わないようにという話です。

育児に関わらず、こういった話は一度は聞いたことがあるかと思いますが、実践しようにも簡単ではありません。

「○○してはダメ?」

「○○していい?」

くらいなら意識次第で出来ますけど、子供が何かNGなことをしようとしている時は何て言えばいいのか?など言葉が思い当たらないですよね。

なので、難しく言葉を探すのではなくて、良い方向へ導いてあげるのが良いと思います。

床に落ちていたもの食べようとしているときに、「それはダメ」というのではなく、

「こっちにしよっか」と舐めても大丈夫なおもちゃを差し出して、さりげなく持ってたものを取り上げるみたいな感じです。

全く意識しないよりは、良い影響を与えると思いますし、何より自分にとってもプラスは多いはずです。

言葉は思っていなくても発言するだけで、自分に影響を与えてくれるものですので、きっとポジティブな人間になれるはずです。

まとめ

子供は1歳になる前から本当に周りのことをよく見ていてスポンジのように吸収していきます。

そんな大切な時期なので、自分からも良い影響を与えられるように意識しみてはいかがでしょうか?

スポンサード リンク

関連記事

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

子供(10ヶ月)が夜中に大量に嘔吐!これってホントに大丈夫なの?

週末は友人と旅行の予定だったので、その分の仕事を事前に終わらせておきたくて金曜日は夜中まで作業してま

記事を読む

気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあ

記事を読む

専業主婦に給料??妻が家事への対価を要求してきた話

専業主婦の仕事を年収に換算すると、数百万円みたいな記事をみたことがありますが、あながち間違っていない

記事を読む

仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

もう来月には子供が1歳になります。 臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当

記事を読む

家庭内で地位の低い夫へ。子供が産まれるとどうして妻は夫を避けるのか?

私も含めて、世の中の男性は結婚して子供が出来て、そのうち煙たがられる存在になるなんて思ってません。

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

スプラトゥーンしながらボイスチャットする方法をまとめてみた

もう3年も前のことですがスプラトゥーン2を発売日に買って、それから細

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑