仕事を辞めて妻と2人で育児をしてわかったこと

公開日: : 育児

もう来月には子供が1歳になります。

臨月を迎える前には仕事を辞めていたということもあって、本当にこの1年間は妻と子供と一緒に時間を過ごしてきました。

やっぱり子育ての苦労は聞いているだけでは理解できないことが多く、やってみて初めてわかる辛さや大変さを感じました。

それでも、普段は妻が中心に育児をしているので、ほぼ一人で子育てしている母親の苦労には到底及びません。

妻も、私が常に家にいるので世の中の母親よりは苦労していない部類になると思います。

こんな感じに一般的には珍しい環境ではあるのですが、子供にとっても両親がいた方が良いのではないかと思ってるわけです。

でもこれは研究でも実験でもないですし、比較することもなければするつもりもなく、どちらが本当に良いのか分かりません。

こればかりは自分たちが良いと思ったことを自分たちの責任でやっていくだけです。

そんな中、1つだけ決定的にわかったことがあったので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

母親が好き

1歳くらいの子は、本当に母親が好きです。

母親しか泣き止まないとかそういう話しはよく聞くと思います。

それは授乳するからというのもあると思いますが、一緒にいる時間が圧倒的に多いからだと思います。

父親は普段は仕事で家を空けていますし、酷い場合には子供が寝た後に帰ってくるなんてことも珍しくないから当然といえば当然・・・

 

そんなふうに考えていた時期が私にもありました

 

どうやら一緒にいる時間に関わらず、子は母親が好きみたいです。

これだけ一緒にいた私でも、最近は妻から抱っこを変わろうとすれば泣くし、ひたすら妻の後追いをしています。

父親である私で満足してくれるタイミングは、妻がいなくて仕方ない時くらいで、抱っこしてあげようにも手で突っ張って下せと言わんばかりの拒否を示すことも。

ご機嫌な時はたまに私でも大丈夫なときはありますけど、まぁ何というかお母さん大好きだなぁと。

ここまで一緒にいてこうなのだから、外で仕事している世の中の父親は仕方ないですよ、ホント。

多分、一時的なもの

というわけで、子供には母親大好きな時期があるみたいです。

やっぱり男と女の2択だったら女がいいのと同じですね、きっと。

でも、一時的なものだと思いますし、一緒に遊べる時期になれば子供からの需要も増えるかなぁと思うのでめげずに頑張ります。

妻も妻で育児が属人化しつつある傾向に大変さを隠しきれてないので、2人いたとしてもバランスが偏ると大変ですね。

まとめ

育児してると変化があって毎日が楽しいです。

確かに仕事も大切ですが、自分の子供の成長は本当に貴重だと思うので、仕事を辞めてまで育児していて良かったと今でも後悔はしていません。

仕事辞めて好きなことで稼いでるからというのもありますが、恵まれた環境だと思います。

ここまで思い切った行動しなくても、父親も育児には十分参加できると思うので、これから子供が産まれる方は頑張っていただきたいです。

 

スポンサード リンク

関連記事

女性の就活生は絶対チェックして!!生涯年収を見据えた企業選択の必要性

生涯年収を考えたことがあるでしょうか? 特に学生の方々は意識しないで企業を選択しているのではな

記事を読む

誰の為に生きるの?自分の人生は自分の為に考え行動しよう!

私が高校の時にテニスを教えていた小学生が、今では大学を出て働いています。 そう考えると凄い年月

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

祝1歳!!盛大にお祝いするのもいいけど、忘れて欲しくない大切なこと。

自分が親になるなんて、いつぐらいに実感が沸いてきたのかイマイチ覚えていません。 女性はお腹が大

記事を読む

名作を再び!大人になったらもう一度見たい映画ベスト3!

小中高生だったときに観た映画で覚えているものはありますか? 子供の頃、異世界や冒険、新しい出会

記事を読む

育児は忍耐?ご飯を食べてくれない子供との接し方

私の仕事に余裕が出てきたわけでは全くありませんが、最近は妻がちょっと疲れ気味だったので、いつもより育

記事を読む

息子が初めて描いた絵。何に見えますか??

先日、妻が息子を連れて免許更新へ行ってきたのですが、講習を受けている最中に近くにいた女の子が、クレヨ

記事を読む

子がハイハイするようになったので、ハイハイレースに出してみた結果

かねてより、妻はハイハイレースに参加させてみたいという思いがあったので、それを実現すべく先日

記事を読む

育児ばかり取り上げられるので仕事の大変さを育児に例えてみた

Facebookなんかをみてても、育児が大変でどうのこうのっていう記事をよく目にします。 確か

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

パクられたついでにパクリに対する考えをまとめておく

とうとう自分のアプリのパクリが出てきたんですね。 今までパクリ

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑