気にしないのが一番?赤ちゃんが片っ端から口に物を入れるのは止めさせるべきか?

公開日: : 育児

親なら一度は気にしたことはあると思いますが、子はハイハイをしだす頃には手に取る物だけでなく、ありとあらゆるものを口に入れようとします。

タワー型のデスクトップパソコンにも臆せず舐めにかかる姿は圧巻ですが、その理由というのは、母乳を飲む為の本能的なものだったり、一番器用な口で判断しようとする為だとか聞いたことがあります。

理屈は分かっていても、やっぱりものによっては汚かったり、舐められたくないものだったりするので、常に目を光らせておかなくてはいかなかったり大変です。

しかし、好きにやりたいことやらせてあげた方が、色々といいんだろうということは分かりつつも、やっぱり気になってしまうのが普通だと思うので、開き直る為の方法や考え方を挙げてみたいと思います。

こうすることで少しは子育てが楽になると思うので、参考にしてください。

スポンサードリンク

興味を持ったものは与えてあげる

まず前提として、子供が興味を持ったものについては基本的には取り上げないようにします。

といってもそれが出来ないから大変なんだと思いますが、誤飲して危険なものや大事なもの等は、最初に子供の目につかない場所に避難させることが大切です。

物の定位置みたいなものがあるかもしれませんが、それはもう諦めてどんどん子供の行動範囲から物を排除していきましょう。

そうすることで、何に興味を持たれても平気な環境が出来上がるので、取り上げる必要性がなくなります。

ちなみに私はほとんど使っていなかった部屋に物を退避させていたのですが、完全に物置になってしまいました。でも後悔はしていません。

綺麗にしてあげる

どうしても退避できないものも中にはあります。

例えば、自分の子供の場合はパズルマットを剥がして舐めていましたが、床に敷いてるものだし綺麗なものではありません。

その度に舐めるのを止めさせようとしていたのですが、興味が収まる気配はありませんでした。

なので、逆転の発想で舐めても大丈夫なようにこまめに掃除してあげました。

しかも子供もある程度舐めたら飽きてくれます。永遠に取り上げ続けるよりは絶対にお互いの為になると思います。

おもちゃを買ってあげたと思う

子供が興味を持つものの中で、大人が使うものを欲しがる時があります。

スマホ、リモコンもそうですし、電卓もそうでした。

こういうものも取り上げてしまいがちになりますが、諦めて子供に与えてあげるのも良いと思います。

さすがに現役で使っているスマホは難しいものがありますが、リモコン・電卓あたりなら子供のおもちゃを買ってあげたと思えば別に悪くはないと思います。

さすがに舐められたら壊れるかなと思っていましたが、与えた電卓はまだ使えてます。

まとめ

今となってはそこまで綺麗じゃなくても気にならなくなりました。

お腹を壊すこともないですし、至って普通にしてくれてます。どこまで平気なのか分かりませんが、親が神経質になりすぎる方が良くない気がするので、適度に掃除してあげたり、おもちゃを拭いてあげる程度でいいのかなと思ってます。

ものを取り上げることに大変さを感じてる方がいましたら、是非、実践してみてもらいたいです。

スポンサード リンク

関連記事

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

ポジティブな親になろう!イヤイヤ期もこうすれば楽しく乗り切れる?

子供にはイヤイヤ期というものがあるらしく、何でも「イヤ」と拒否をするらしいのです。 親からした

記事を読む

仕事は言い訳にならない!父親はもっと積極的に育児に参加すべき!

私が独立をしたいと思った理由の一つに、育児をしたいという思いがありました。 会社に勤めながらで

記事を読む

夫婦円満の秘訣?家族との時間をどれだけ過ごしてるか考えよう

妻とは職場で出会っているので、今まで何年も経ちましたが毎日顔をあわせてました。 転職して、1年

記事を読む

自分の子供は本当に可愛く思えるのか?真剣に悩む未来のパパ・ママへ

今Facebookってやってる人ってどれくらい残ってるのか知りませんが、私のフィード(タイムライン?

記事を読む

日本の抱える問題は大学をぶっ潰すだけで解決する

日本の課題ってなんだと思いますか? 格差とか原発とか舛添とか色々言ってる人がいますが、日本国民

記事を読む

ちょっと待って!大学進学ってそんなに必要?

いつになるか分かりませんが、当たり前に皆んなが大学へ行く時代は終わるのではないかと思っています。

記事を読む

我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。 そんな私はSONYのRX-100

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑