天才なのか馬鹿なのか?テストの点数だけで子の出来・不出来を決めるのは勿体ない!

公開日: : 育児

私には弟がいて、どうしようもない馬鹿でした。

小学生の頃から片鱗を見せていて、某猫型ロボットが登場するアニメの主人公のようにテストで0点を取って、机に隠しているような日本全国を見渡してもこんな理想的な馬鹿はいないだろうなというレベルでした。

そんなわけで兄弟としては沢山いじり倒してきたわけですが、今改めて考えると実は凄い才能があったんじゃないかと思うようになりました。

スポンサードリンク

珍回答!

最近はTwitterなどで拡散されたりして話題になることがありますが、当時はそんな要素もなく、ただの笑い話で終わっていました。

それで弟が残した珍回答は覚えているだけでも何個かあるのですが特に印象の強いものを2つ挙げてみます。

絹の道とも呼ばれる中国から地中海にかけての交易路を何というか?

これはサービス問題かなという簡単さ。大人になった今でも直ぐに分かる。というか問題にほぼ答え書いてあるし。

念のため書いておくと答えは『シルクロード』。

で、弟が繰り出した回答は

 

サイクリングロード

あー、アレだよね、タマムシシティからセキチクシティに行くときに通るアレだよね。

テスト中までポケモンのこと考えてんじゃねぇよ・・・

 

鉄砲を日本に伝えたのは何人か?

いやーこれも簡単。歴史の中でも面白い時代だし、なんせ鉄砲だからね、男なら特に印象に残るわけで答えは『ポルトガル人』です。

なのに弟ときたらそれが分からない。

社会の問題集をやってたみたいで、私にこの問題の答えを聞いてきたんです。

 

「日本に鉄砲伝えたのってなんにん?」

「え!?」

「なんにん?」

「・・・(え、知らない。そんな問題あったっけ?)」

 

これ、ほんとのテストだったら1人って書いたのだろうか。

馬鹿と天才は紙一重

こんな調子なので中学でも学年の最下位を競うレベルにまで仕上がってたわけです。

もう勉強してどうとか、塾行って何とかなるレベルじゃない。

親もどうして兄弟でこうも差が出来るのか頭を悩ませたことでしょう。

でも、今考えてみると凄い発想してるなと思えてきます。

何か新しいサービスを作ったり生み出したりする時は、常識に囚われない考え方が重宝されたりします。みんなが思いつくことをやっても斬新さはありません。

アプリ開発をしていても、アイデア一つで売れる売れないが左右されることがあると知っているので尚更です。

一見ただの馬鹿に見えるかもしれませんが、頭脳を発揮する場がテストではなく商品企画とかだったら才能と呼ばれた・・・かもしれません。

子の進む道を狭めない

勉強が出来ないと進学もままならないし、ましてや一流企業に勤めて出世なんて夢のまた夢かもしれません。

しかし、進む道は他にも沢山あって世に出て活躍できる場は想像をしているよりも遥かに多いと思います。

親がテストの点数だけで出来ない子だというレッテルを貼ってしまうと、少なからず自信を無くしてしまいますし、子の可能性を狭めることに繋がってしまいます。それこそ、出来ない親なのかもしれません。

たとえ勉強が苦手な子であっても、親がエリートコース以外の道を示してあげることで、思わぬところで才能を発揮するかもしれないので、寛大な心と豊富な人生経験で子を導いてあげて欲しいと思います。

ちなみに、弟はどうなったかというと、母親が進学先や就職先を一生懸命見つけてきて、今では普通に働いています。もちろん母親が社会的権力者とかそういうのじゃないです。念のため。

スポンサード リンク

関連記事

自由って何?子供と比較すると相当自由なことに気付けるという話

自分がどれだけ自由なのか自覚したことがあるでしょうか? 育児中の妻と話していると不自由だと感じ

記事を読む

我が子がモデルに?無料サービスを利用してプロに子供写真を撮ってもらおう!

子供が産まれると、どうしても良いカメラが欲しくなりますよね。 そんな私はSONYのRX-100

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

子供を連れて旅行へ!!気になることを3つまとめてみた

今週末は神戸へ行ってきました。 自分の予定ではなく妻の予定です。いつも連れまわしている身なので

記事を読む

子供がいるので結婚記念日を自宅で祝ってみた

結婚してから転職で東京から名古屋にやってきたり、次が決まってないのに仕事辞めたり、独立したりと大きな

記事を読む

リズムが大事?寝かしつけで一番気をつけていること

寝かしつけで一番気持ちが折れそうになるのは、全く眠そうでない時です。 といってもほとんど妻に寝

記事を読む

祝1歳!!盛大にお祝いするのもいいけど、忘れて欲しくない大切なこと。

自分が親になるなんて、いつぐらいに実感が沸いてきたのかイマイチ覚えていません。 女性はお腹が大

記事を読む

うちの子がモデルに!?Kids時計の撮影会に行ってきた

こちらで紹介したKids時計のモデル募集の記事に、このブログ切っての読者である妻が見事に興味を持ち出

記事を読む

子供(10ヶ月)が夜中に大量に嘔吐!これってホントに大丈夫なの?

週末は友人と旅行の予定だったので、その分の仕事を事前に終わらせておきたくて金曜日は夜中まで作業してま

記事を読む

子供はいつから顔色を伺うのか?子供との接し方で気を付けたいこと

育児している方にとって面白いニュースがありました。 「顔を読む」力:3歳半に獲得 「心の状態を

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

無名の開発者がアプリを作り続けていたら起きたこと

どーも、こんにちわ。ふるあぷです。 ネットやテレビを見ていると、

嘘みたいだろ?アプリ開発者って1本のアプリに人生賭けてるんだぜ?(完結編)

前回の記事から随分と時間が経過しましたね。 嘘みたいだろ?アプリ

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑