20年ぶりくらいにドラえもんを見たらカオスだった件

公開日: : おすすめ商品, 映画, 育児

最近はずっと開発に追われてブログはもちろんプライムビデオもなかなか見れてませんでした。

が、子供もちょうどお昼寝してるし、開発もずっと詰まってた部分が解決して気持ちが少し楽になっていたタイミングだったので、妻とコーヒーでも飲みながら見てみました。

「ドラえもんのび太と夢幻三剣士」です。

もう20年位前の作品ですよ。

当時は小学生くらいだったことを記憶してますが、地上波で放送されたのを録画して何度も繰り返し見てた気がします。

割とストーリーとか覚えていたので、特に目新しい発見なんて期待してませんでしたが、妻が見たことないということと、やっぱり面白かった・ワクワクしたという経験があったので見ることにしました。

そもそも声優が変わる前ですし、やっぱりこっちの声の方が合ってる気がするなぁと思いながら、子供の頃と親になってからでは感じ方が結構違いました。

そんなわけで、役に立つわけでもありませんが感じたことをまとめてみます。

スポンサードリンク

ドラえもん甘すぎワロタ

ご存知の通り、のび太が失敗や悔しい思いをすることでドラえもんに泣きついて道具が出てくるという展開です。

今、改めて見てみると、ドラえもんがのび太に対して甘すぎて笑えました。

確か、ダメなのび太を更生させる為に未来から来てたはずだったような。

しかも途中から自分も楽しみだして、完全に悪友になってるあたり、のび太に悪影響しか与えてない気がしたのは子供の頃には一切感じなかった印象です。

マジでのび太の将来を考えるなら、ドラえもん帰った方がいいよ。

そりゃ道具を買う為に、のび太に使わせて視聴率稼いだり、いろんなところに顔出してキャラクター使用料で稼ぎたい気持ちもわかるけどさ、目的忘れてしまってるよ。

でも、こんなドラえもん見たくない!

かといって、ドラえもんがのび太の教育の為に道具を出し渋るのは見たくない。

のび太が泣きついてきたら、だらだらと説教したり、出そうか辞めようかと葛藤で苦悩するドラえもんを何十分も見続けるのは耐えられないでしょう。

野球のアニメとかで1球投げるのに1話とか消費したりするあの展開ですね。

思いっきり演出を長くした上で、道具が出かけたところで回想に入って、なるほど分かった。ドラえもんがここまでこの道具を出し渋る理由が十分に分かったというところで、やっと回想から戻ってきたと思ったらハイ終わり。

こんな鉄板な展開をドラえもんでやられたらまず視聴者は逃げる。

きっとドラえもんが甘いのは、背景にいる大人達の勝手な都合の関係でしょう。

やっぱ道具ありきなドラえもん

タイトル名を出しておいて、全く内容に触れないのもあれかなと思ったので、1つ思ったことを挙げておくと、やっぱりドラえもんは道具あってなんぼなんだなということです。

夢の中で、のび太が無双するわけですけども、途中でドラえもんが道具を使って楽をしようとするので、注意したわけですね。

それで反省したドラえもんも四次元ポケットを夢の中に持っていかないようにしました。

が、現実を夢を入れ替える隠しスイッチなるものを押した影響だとは思いますが、使えるものはガンガン使うスタイルに。

最終的には、道具がなければ詰んでいたわけですけども、やっぱり道具が物語に絡んでくるあたりがドラえもんなんでしょう。

きっと、道具なしでも面白い物語になったと思いますが、道具を楽しみにしている方々のニーズを汲み取った展開になっているんだと思います。

少し話が逸れますが、名探偵のコナンが次第に映画の中で一流スタントマン並みのアクションをこなすようになったかと思ったら、数年後には人間を超えてたアクションをこなしだすのも、こういったニーズに応えているからなんだとドラえもんを見て納得できました。

まとめ

どうしても大人になってから見ると、突っ込みたくなる場面は多々あります。が、それでも楽しめるのがドラえもんの魅力なのかもしれません。

しかもドラえもんを作っているのは当然大人なわけですが、子供目線で作品を作れるのは本当にすごいことだと思います。

見る方は気楽ですが、作る方は生活掛けてますからね。子供に受ける作品ってもしかしたら大人は面白くもない可能性だってあります。それを大人が本気で作るのって結構勇気が必要です。

自分もアプリを子供向けに作ることは可能ではありますが、何が面白いと感じるのか分かりません。

それでヒットする作品を生み出すのは相当困難なので、過去の記憶を呼び起こしたり、研究しないと難しい分野な気がしてます。

というわけで、昔好きだった映画を見るのもなんだかんだ言って発見があるので、暇を見つけてみていきたいと思います。

ちなみに、ドラえもんやクレヨンしんちゃんの映画はプライムビデオでかなり網羅されているので、fireTVstickがあるとかなり快適に観れます。

スポンサード リンク

関連記事

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事です。) みなさんって物持

記事を読む

仕事を諦めて子供と全力で遊んでみた結果

普段から自宅で仕事をしているわけですが、もうすぐ1歳を迎える息子がいるので、最近は遊んでアピールが凄

記事を読む

必要最低限しか揃えてないベビー用品の中から買ってよかったものを厳選してみた!

子供が生まれるとやっぱりお金がかかります。それは服やおむつなど色んなものを買い揃える必要があるという

記事を読む

失敗しないプレゼント選びの鉄則はこれ!!クリスマスパーティーでプレゼント交換してきた話

早いものでもうすぐクリスマスですね。 白ひげおじさんを信じてやまないピュアな心の持ち主か、ごく

記事を読む

商売するならこの本は読むべき!マーケティングがよく分かる本

リリースに向けて開発に打ち込んでいた時に、ふと湧いてきた感情がありました。 本を読みたい。

記事を読む

意欲が大事!自由にやらせてあげることで子供は伸びる!?

アプリもそろそろリリースという段階なので、英語にローカライズすることを考えてます。 なので、M

記事を読む

親は子供にどんな環境を与えてやるべきかを真剣に考えてみた

最近の我が子は意志表示がはっきりしてきて、嬉しい反面大変だと感じることも増えてきました。 意志

記事を読む

【ディズニー】子供がいるからって諦めないで!ファストパスより早く乗り物に乗る方法!

先日、1歳の子供を連れてディズニーランドへ行ってきました。 こちらの記事に書かれている通り、妻

記事を読む

これからスマホアプリ作るならUnityを強くオススメする理由

私はiPhoneアプリの開発から着手したので、XcodeでObjective-cを覚えながらSpri

記事を読む

【実体験】育児で一番大変なことは何か?

育児の大変さは千差万別で、その人の環境や子供によっても違ってきます。 私の場合は、自分が会社に

記事を読む

スポンサード リンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサード リンク

とある個人開発者が何者でもなかったときの話

今まで個人開発を始めてから今に至るまでの経緯はブログだったりインタビ

個人開発者がセンバツの中止を聞いてアプリを作ってしまった話

3月11日に春の甲子園ことセンバツ大会の中止が発表されました。

アプリの収益で生活できそうだったので飛鳥Ⅱに乗ってみた話

お久しぶりです。 このブログ始めたきっかけは、アプリの広報をする

アプリキャラのオリジナルUSBを作ってもらった話

(※本記事はフォーテックス株式会社より、依頼を受けて執筆したPR記事で

ゲームが作れるだけじゃ食っていけない理由を考えてみた

ゲームが作れるのと稼ぐのは別の能力だからなぁ…… なすびあんは終

→もっと見る

  • 2015年頃からアプリを作って何とか生きながらえているゲーム作家です。
    割とどこにでも出没しますが、一応名古屋が活動拠点です。
  • 私を甲子園に連れてって
    私を甲子園に連れてって!
    高校野球シミュレーションゲーム

PAGE TOP ↑